・March 24, 20171年生おつかれさまでした。

bs12568.jpg

本日、陽ちゃんは修了式。
1年生お疲れさまでした。学校で作った絵や工作等
を持って帰ってきたのだが、陽ちゃん画伯オリジナル
のトートバッグだったので思わず撮影してしまった。
楽しい図案だなぁ。タコの可愛さ、その上のサメの
愛敬のある表情がたまらない。あと生だけ大きいし、
名前をそこにいれるかぁって感じ。逆サイドはト音記号
祭りですごい。どれがそうなのか分からないが、特別
なト音記号あるでぇと嬉しそうに言っていた。
大きくなってこのブログを見たら、きっとオヤジの
ヤロウとおもうだろうけれど、アップします。

それで昼ご飯を食べ、あゆみをながめうんうん頷きつつ
彼に「初めての小学校1年生よくがんばったなぁ」と
言いものすごく頭をなでてやった。嬉し恥ずかしそう
にしていた。
夕方手前にはちょっとしたアクシデント。陽ちゃんは
どこからか見つけてきた瓶を道で割り、それを靴で
踏んだら、ガラスが靴底を突抜けて足を少し切った。
昼に褒めて、夕方に怒るという何とも彼らしい感じ。
僕も小学生の頃は、錆びた釘を踏んで傷部分をくり
ぬかれたり、頭や指を切って縫ってもらったり、
あとローラースケートでこけて複雑骨折をする等、
色々しているので、やんちゃ怪我方面の血が彼に
行ってしまったのかもしれない。明日から春休み
ですね。嗚呼。

夕方、新宮晋さんと奥様がご来店。
兵庫県立美術館で開催中の企画展に行かねばと思って
いた所だった。チラシをお預かりしたので速攻で
入口横の案内関係スペースに並べて絶賛配布中にした。
新宮さんには絵本の原案スケッチを見せて頂いた。
明るい色調で新宮さんらしく生命を感じる絵がたくさん
収められていた。ストーリーも既に出来上がっていた。
前を向いて生きていこうと思うようなもの。
試作品として掌サイズの小さな絵本もご自身で作られて
いたが、それがサイズと相まってとてつもなく素敵だった。
豆本に弱い自分は、これ欲しいっす!という言葉が喉まで
出ていたが抑え込んだ。今日は7歳の陽ちゃんの絵と
80歳の新宮さんの絵を見て感銘を受けた日なり。

bs12569.jpg


・March 23, 2017one drip pote 「KURO」

bs12566.jpg

bs12567.jpg

今週末あたりに入荷。押忍。

・one drip pote KURO ¥4500+TAX
(Made in Japan)

昨年11月に発売されるや当店の人気アイテム
となったドリップパックコーヒー用のポット、
one drip pote。
ニューカラーの黒マット、その名も「KURO」
がリリースされる。

この度、特別に製品サンプルをお借りする事が
出来たのでちょいと早くご紹介。
とにかく黒マットの質感がとてつもなく格好良い。
独特のオーラというか、なんだかさらに美味しく
珈琲が淹れられそうな雰囲気。
また今回の当店入荷分からは黒マット、シルバー
ともに、注ぎ口の先にビニールの保護用チューブ付き。
これは持ち運びの際に、尖った注ぎ口が気にならない
ようにと、実際にアウトドアで使用された方の意見
から取り入れられたもの。そろそろ外コーヒーの
良い季節。ドリップポットでぜひぜひ。


・March 21, 2017タロちゃんバースデー

bs12565.jpg

本日、陽ちゃんこと陽太朗の誕生日。
7歳だって。早いな。おめでとうございます。
今朝、彼は6時に一旦起きたのだが、その時に
パンツを床に投げ捨てた。ちょっとこぼれたみたい。
30分後に下半身フリーのまま起き出してきて、
そのままホットカーペットの上にうずくまって
僕のアイフォンをしばらくいじっていた。
丸いおしりがぷりんと出ていてとても可愛かった。

彼には男の子らしい良い意味のバカさがあって
憎めない。たまにガツンと怒ることもあるが、
なんだかんだ可愛らしいやっちゃってやつ。
学校でもムードをメイクしているようで、クラス
メイト達から色々面倒をみてもらっている。
楽しいやつなんだと思う。でもF先生には毎日2回は
怒られているみたい。これは少し前にYちゃんから
仕入れた情報。多分、楽しいと思ったことを何も考え
ずにするからだろう。先生すみません。
1年生の時間は残り少ないですが、あと暫く宜しく
お願いします。


・March 18, 2017小野セツロー展

bs12561.jpg


bs12562.jpg


bs12563.jpg

●小野セツロー展 本日〜4/9(日)まで

本日からセツローさんの作品展がスタート。
絵を中心にかんざし、土人形が並んだ。
昨日ディスプレイをしたのだが、並べて眺めてみると
静かで優しくてとても素敵だった。
どの作品もセツローさんの掌の温度を感じるようで
とても温かい雰囲気。これはお人柄そのもの。

今月の当店は雑貨屋としては勝負所の春商戦真っ最中
で生活雑貨が盛りだくさんなのだけれど、窓際の展示
販売スペースにはセツローさんの作品がゆったりと
置かれていて、お店全体で見ると良いバランスに
なって良かった。新生活にセツローさんの作品と
いうのもとても素敵だと思います。ちなみに作品はすぐ
にお持ち帰り頂けますので。

昼前にセツローさん、奥様、娘さん家族がご来店。
四国からはお孫さん達も駆けつけて、とてもにぎ
やか楽しい時間だった。セツローさんはツイードの
キャスケットをかぶっておられたが、よくお似合いで
とても粋な雰囲気だった。
いつもの如くあれこれ仕入れたものをお見せした。
インドのハサミ、アメリカの壊れたクランプ、ロシアの
ピンバッジ、フランスのボタンなどなど、喜んで頂ける
ものが有って良かった。
セツローさんは明日の開店11時から昼過ぎ頃まで
在店予定です。この機会にぜひ。


・March 16, 2017LANCHER CAMP SET

bs12557.jpg

bs12558.jpg


bs12559.jpg

・LANCHER CAMP SET ¥3000+TAX
(Made in Japan)

なんともいえないナイスなパッケージの
キャンプグッズが入荷。
こんなパッケージって知らなかった。
なんだか色々絶妙だ。ランチャーの野郎がまっすぐ
こっちに向いているので伝わってくるものがある。

昔からあるステンレス製の鍋2つ、フライパン1つ、
トレイ1つのよくあるクッカーなのだが、キャンプメーカー
が作ったものではなくて、新潟の町工場が作った物というの
がグッとくるポイント。どういう経緯で企画がはじまったのかな。
楽勝でうち作れるぜって所からだと思うのだけれど。
昨今はアルミのクッカーが主流?だとは思うが、ピカッとした
ステンレスも懐かしいような気分がして良い。
パッケージには持ち運びが楽なハンガーネット付きと
あるのだが、え?これ?ってやつで楽しかった。
これ出す時に破るやつやんか。

あと、もうひとつライト仕様にしたミニランチャーも
同時入荷済。こちらは鍋1、フライパン1、トレイ1、
という内容。もちろんこちらにもハンガーネットが付いている。
価格は¥2000+TAX也。

bs12560.jpg


・March 14, 2017osaka

bs12556.jpg

火曜。展示会で大阪福島へ。前に松方弘樹と出会った
いつものコインパーキングに停めて会場へ。
NAPRONは新しいシリーズが良かったし、DECHO
はシンプルだけれど力強い感じでどちらも最高だった。
鼻息が荒くなって代表の元田さんに過去最高ですわと
伝えたら、急な告白に最初は驚かれていたが、今回の
物作りについてのテーマを語って下さり、うんうん
なるほどすばらしいですわと頷くばかりだった。
同じ会場にはSETTOも出展していた。こちらも気合いが
入っていて素晴らしかった。デザインと素材と価格の
バランス。レディースのコートが特に素晴らしかった。
コーデュロイのはひゃーひゃーなる感じ。

福島の後は北浜へ。hatsutokiの展示会。
会場近くのパーキングに飛び込んで、後で値段を見たら
12分300円と鬼のような価格だった。
なので、村田さんには悪いが、なんだか終始下半身あたり
のおさまりが悪い感じでそわそわしてしまった。
前回からの流れそのままでアパレルブランドとしての世界
がまた一段と深まっていた。その分、雑貨屋からは遠く
なっていた。この秋冬ではものすごく売れたカラフルな
ストールがあったので、それの新バージョンがあるかな
と思ったが残念ながら無かった。でも、展示会に無かった
ものを急遽作ったりするので、ちょっと期待しておこう。
あと、窓からは中央公会堂が見えてとても良い眺めだった。
この距離で見たのは初めてで感動してしまった。

12時前に大阪を出て、途中、西北のラーメン屋ミヨシドウ
で濃厚豚骨ラーメンを食べた。近くのカフェ・フクモナさん
から美味しいと聞いていたのだ。確かにとても美味しかった。
豚臭さが無くてとても洗練された味でびっくりした。
ステンレスのボウルにネギが別添えだったのも良かったし、
BGM代わりのテレビや内装の雰囲気に旅愁を感じてしまった。
また色々食べてみたい。
店に戻ってしばらくすると奈良からご常連のTさん一家が
来られた。産まれて三ヶ月のT君とようやく会えた。
安定感があってなんだか大物になりそうな感じ。抱っこ
すると頭からは赤ちゃんの臭いがして幸せな気分になった。
お姉ちゃんのKちゃんも相変わらず可愛らしくて色々な
事を教えてくれた。お父さんの事を色々突っ込んでいたのは
面白かった。インスタばっかりって。僕もたまに言われます。

・March 13, 2017マヌカハニー

bs12555.jpg

昨日は8回目の結婚記念日だった。
朝起きると、先に起きていた奥さんからサプライズで
プレゼントが。最初、意味がわからなくて???
となったのだが、結婚記念日を思い出した瞬間、
オレのアホが!ってなってしまった。
3月は312の結婚記念日と、321の陽ちゃんの誕生日
があるのだが、陽ちゃん方面の話題が多く頭がそれで一杯に
なってしまったのだけれど、それはだめオットのただの
言い訳に過ぎない。このブログを読んだオット同士諸君、
大事な結婚記念日を忘れちゃだめよ。
夫婦の大先輩であるベンリ師匠にその辺りのことを聞いて
みたら、その日だけが特別というのはなくて、愛でつながって
いるから、毎日が記念日なんだよとおっしゃっていた。
北陸のおしどり夫婦。いつか、何か雑誌の取材があれば
良いのにと思う。ベンリ夫妻の1日。

さて、そのプレゼントの包みを開けてみると、ずっと気に
なっていたマヌカハニーだった。男がハチミツって感じ
なのだがこれは昨年、鯖江部で池島さんから天然の抗生物質的
なやつがあるってのを初めて聞き、ことある毎にマヌマヌ
言っていたのだ。さっそくスプーンですくってなめる
と薬っぽいようなクセがあって、何だか色々効きそうな
感じだった。奇跡的に僕より早く起きていたマノちゃんが
いたので、少しなめさせてあげたら、美味しいと言っていた。
喉が痒いと言い出した所なのでナイスなタイミング。
続いて起きて来た直後の陽ちゃんの口に放り込んでやると、
なんやこれ〜!と言いすぐにぺっぺと吐き出していた。
寝起きマヌカだもんね。すまん。しかし嬉しいなぁ。
ありがとうございました。


・March 12, 2017Borgonovo

bs12554.jpg

先にインスタグラムでサッと別画像をポストしたの
だけれど、このカットも撮影していたのでブログで。
当店のこの春の普段使い用おすすめの低単価グラス。
いつも春になるとグラスをいれなければという
頭になってしまう。昨年はスペインVICRILAの強化
ガラスシリーズが気分だったが、今年はイタリア
Borgnovoのものを選んだ。ラフな作りで力が抜けた
ような雰囲気が出ている。形も少しだけ個性があって
とても良いな。

強化ガラスじゃないので、割れたらまた当店に買いに
来てくだせぇ。ちなみにグラスは手間がかかるが一度
洗ってから店に並べている。
曇りが取れると、とても綺麗で、店に並んでいるだけで
とてもとても気分が良い。洗う前に倒してしまい、
2個割ったのは奥さんに内緒。原価が上がっちゃったなぁ。


・March 10, 2017旅ジャムと旅コンフィチュール

bs12351.jpg


bs12352.jpg

・いちじくとグレープフルーツのジャム ¥800+TAX
・イチゴとチョコレートのコンフィチュール ¥900+TAX
・旅ザター ¥550+TAX

香川県のベーグルジュンこと旅ベーグルの松村さんから
久々にジャムと初めてコンフィチュールが入荷。
ジャムとコンフィチュールの違いがよくわからないので
調べると、ジャムは煮込んでゼリー化しているもので、
コンフィチュールはフルーツの形状がかなり残っている
ものだそう。ナルホドのホ。

早速コンフィチュールを昼下がりに食べてみた。
お昼ご飯用にバナナを持ってきていたので、それにつけたら
もうとてもとても美味しかった。もしパンがあって、その上に
バナナ、イチゴとチョコレートのコンフィチュールを塗って
食べたら多分気絶してしまうだろうな。それから旅ザターも
久々に再入荷です。

今日は奥さん朝からrojiさんで散髪だった。
昼過ぎに戻ってきたら今までで一番良い感じになっていた。
本人も気に入っていてウキウキしているのが端からでも
分かった。両耳の前の一束分の髪を明るく染め上げている
のだが、それがアクセサリーみたいな感じでオシャレだった。
絶妙な前髪の位置もrojiの佐竹さんに設定してもらったそう。
僕も先週久々にrojiさんで髪を切ったのだが、シャキッと
ツーブロックにしてもらってさっぱり良い感じでとても
気に入っている。
今日は久々にお会いしたご常連のお客様に嬉しいお言葉を
頂いて、嬉しくてテレテレしてしまった。
男冥利につきます。押忍。ボサボサなのが雰囲気が出て良い
のだと思っていたが、40前のおじさんになると、綺麗に
整えた方が良いのかもしれない。

bs12353.jpg


・March 9, 2017PERSPECTIVE from an oblique 01

BS12341.jpg


BS12342.jpg

・PERSPECTIVE  - from an oblique -  01   
¥1400+TAX

老いにまつわる人、物、事をセレクトした情報誌PERSPECTIVE
のお取り扱いを開始。
先日取材、写真、デザイン等誌面作から営業までの
本の製作、流通に関する全てを一人で行っている川那辺さん
がお店に来られた。少し前に本の存在を知っていて、とても
気になっていたので、その場ですぐにお取り扱いをさせて
頂くことにした。

老いをテーマにというと、難しいようなイメージが
あるが、美しいビジュアルと余白を活かしたレイアウト
が相まって、非常に読み進めやすい。
顔とも言える表紙のメインビジュアル、取材先でであった
風景等の写真も心に訴えかけてくるようで素晴らしい。
今号は自立支援を取り上げるために「老いに関する歴史」
が集められている。大きく二つに分かれていて、一つ目は
古典から見る老いの様式として、おばすてという文化を紹介し、
楢山節考のロケ地を巡っている。
そして二つ目は老いにまつわる社会の歩みと題し、1868年
から2000年にかけて社会福祉制度の歴史や介護保険の事等
を紹介している。

サブタイトルには、斜めからという意味でフロムオブリーク
と付けられ、極力主観を避けようとはしているのだが、
川那辺さん自身、老人ホームの介護職員として働き
現在も運営に携わっているだけあって、説得力やあと
静かな熱意のようなものを感じた。
誰しもにやってくる「老い」というものに対して考える
きっかけになるような1冊。

我が家は4歳から88歳までの4世代が、一つの家に住むという
昔ながらの家族的生活なのだけれど、僕の世代はこれから老い
ていく親のことや、さらにはこれから育って行く子供達のために、
色々考えて実行していかなければいけないと思ってしまった。

BS12343.jpg


bs12350.jpg


PAGE TOP