Barnshelf バーンシェルフ

Blog
June 01, 2022

オカダ

年2回のオカダ。前半の部。今回はメンバーが2人程少なかったので、大人なかんじだった。ゆっくりと肉とお酒を味わえた。酒と肉に呑まれないあの感じ。しかし、オカダは旅行レベルのワクワクがあるので、席につくと終わってまうなぁと切なくなってしまう。毎回、終わってまうなぁというフレーズが誰かから出て来る。今回はミスジの質が過去最高だった。とろとろ。ブリスケも美味しかったなぁ。ローストビーフもドンくんチャーハンも美味しかった。また集まれる時を楽しみに雑貨道を精進しよう。今回は久々にドラゴンが殿下の宝刀スリーピングドラゴンを繰り出していたので良かった。あと神戸の夜の街は賑やかでそれも良かった。あとはもうマスクだけやね。外せるようなムードにはやくなってほしい。

May 31, 2022

tuesday

昨夜は久々に呑んだがえらいもので6時頃に目があいてしまった。トイレにいくとフィッシュマンズのレコードがかざってあった。おれは1枚ももってねぇや。バヒュッテはお店もそうだが飾り力がある。ちょこちょこ好きに静かに表現をやっとるんだろうな。
8時半頃に荷物を積み込んで出発。東京に行くというイクミさんを駅まで送った。そのまま帰ったのだが、よく考えたら戻って清野くんを拾えば良かったなと思ったのは大分いってもうてからだった。帰りは高速を使わずに下道で。この道もバク太郎を走らせてみたかったのだ。スツールの積み方をミスって音が耳障りで、鳴らないようにゆっくり走ったが開店時間までには到着。店に入るとやっぱり我が家が一番だなとなる。バーンの店内はさわーっとした空気があるような気がするのよね。

超月末ということで奥さんは経理のお仕事、自分は合間をみながら片付け作業と急にCAPSを軒下ではじめてみたり。あとGARYOのおふたりから10周年の絵が送られて来ていてわお!となったり。素晴らしい仕上がりだった。前回と繋がりもあるし。10年営んだ感があるというか。とてもとても嬉しかった。ありがとうございます。電話をしようと思ったのだが定休日だったので明日にすることにした。ミカ画伯の魂の描き込み、ヨウスケさんの言葉。これを使ってブツをこさえる予定。皆さんお楽しみにネ。

16時過ぎに松野さんから電話。行ってもいい?といういつもの急なやつ。もちろんです。
篠山あたりからだったので早くにいらっしゃった。いつものようにリックを背負って軽快に入店するやいなや「良い店だねぇ」と。いきなりですやんと言うと、花が咲いててさぁと。お花お好きですものね。変わらずお元気そうで、言動の端々に江戸っ子の風がふいていて相変わらず格好よかった。最近は他人のふんどし作戦を展開しているとおっしゃっていたのも面白かった。映画にまつわる話も聞いたが、どのように繋がるのだろう。詳しく聞いたような気がするがよく分からなかった。30分ほど滞在して京都に向かわれた。いつものように浅草で一杯やる約束もした。9月は行くぜ。日ノ出から浅草までいく船でのビールは最高なんだ。

May 30, 2022

出張ババーン!!

8時半頃出発。新名神を爆走。バク太郎の安定感がたのもし過ぎた。名神に合流の時に危なかったのだが、くいっとハンドルをもどして回避。いつものように第2出口で出て、ホテル街を右手にし、くいっと左のトンネルくぐって北上するいつものルート。五条通りでは対面でバク太郎の色違いと遭遇。くいっすじゃなかった、おいっすと心の中で挨拶をした。水色みたいな色だったな。同じ型式のには初めて出会ったかもしれない。
五条通、川端、丸太町、白川通と階段を登るように移動した。京都ならではの動き方や。バヒュッテに到着すると清野くんとイクミさんはスタンバイしていて、荷下ろしを手伝ってくれた。2人とも全く変わらないやね。推進力の塊みたいなイクミさんと静かでフラットな清野君。清野くんと先にであっていて、初めて出会ったのは15年くらい前かなぁ。当時僕は伊丹の雑貨店で彼は塚口の書店だった。それで上司から僕のことを聞いて伊丹にやって来てくれたのだった。どんな話をしたのか忘れてしまったが、いくつかの本のワードなんか出して交わしたのだと思う。とにかく良い感じで出会った感があったのを覚えている。イクミさんはアンジェの本店の横にあった書店の店長になったあたりに挨拶をしに行ってみたらば、可憐でぱーっとした明るいオーラがあふれた人でびっくりした。
その何年後かの2010年に京都マルイの店舗で本屋事業部と雑貨事業部が初めて融合して仕事をしたのだが、ふたりと初めて仕事をすることになって嬉しかった。雑貨事業部の僕は1Fのそこそこのサイズの本棚と各フロアに設けられた本棚の担当。清野くんは店の大きなメイン棚の担当、そしてイクミさんは店の長だった。僕らと雑貨事業部トップの羽賀さんの4人で河原町の喫茶店で初めてミーティングした時はなんか面白かったな。へへへって感じと出来るのはオレたちしかいないぜという気持ちもあった。清野くんはウールの大きなハットをかぶってきめていたな。

ババーンの設営はおもてたより時間がかかってしまった。暑さもあってへろへろになってしまった。なんとか開店30分前にはカタチになってよかった。はじまってしまうと終わりまでがあっという間だった。それがイベントよね。
バヒュッテの立ち飲みカウンターには次々とお客さんが並び楽しそうにしていた。幅広い年齢で皆さん良い感じだった。思てた以上に小雨が降ったりやんだりしたが慣れるとそれも味わいになった。サングラスや石鹸、マグカップ、キーホルダー、キャップ、軍パン、靴下、トランギア、トランプ、ワッペン、古本、グラス、Tシャツなど旅立って嬉しかった。愛を頂きました。夜が意外と暗かったので次回は電球ブラブラしてる照明を持って行こう。当店のお客様も何組かいらっしゃってとてつもなく嬉しかった。Sさん、Yさん。ありがとうございました。バヒュッテ3歳の日に呼んでもろてうれしかったな。3歳おめでとうございます。

撤収し終えて夜ご飯に向かったのは9時半位。その前に薬局でソルマックとペパリーゼ、水を買ってのんだ。ペパリーゼは箱入りのよさそうなやつにしたのだが、レジの方がそれをみてお疲れを取ってくださいねと言ってくれてちょっとジーンときてしまった。
歩いて向かったのは一乗寺の金ちゃん。蛍光灯の明るい店内とキビキビ動くマスターの居るナイスなうどん屋。うどんのメニューの4倍くらい居酒屋メニューがあって素敵だった。生センマイ、出し巻き卵、唐揚げ、コロッケ、海老のてんぷら等たいらげた。3人でカウンターにすわったのだが、清野くんはテレビに釘付けで、テレビを見ながら酒を一人で飲むかんじになっていて、そうだこんなスタイルだったと懐かし面白かった。イクミさんはいつもの事ってかんじでそれも良かった。2軒目は昭和がテーマになった寝台船という所へ。青年がひとりで切り盛りするお店。一人でまわすのは大変な感じ。でもその様子が肴になるというか。イクミさんは店主のS君のその姿を愛でながら呑むそうだった。クミンが効いたサラダ、しっとりした鳥塩的な味のチャーハンががとても美味しかった。良い気分で歩いてバヒュッテに戻ってから30分ほど缶ビールを呑んで、小林泰彦の動画を見て2時半位に寝た。こんなに遅くまで起きていたのはいつ以来か覚えていない。朝までいけそうな感じもしたが、明日も全員仕事だったのよね。楽しい1日だったな。

May 25, 2022

wednesday

水曜店休日。今日はちょっと寝坊。6時半前だった。猫の番組がほぼおわりかけていて残念だった。朝の時間にとてもとても癒される。今日はフランスの猫だったか、ピクニックについてきていた猫がいて可愛らしかった。本屋バイト時代に岩合さんの本とかカレンダーに出会ったがとても苦手だった。真正面にアピールしてくるもんだから。ぼくも大人になったもんだ。今度10パンダと10ねこ仕入れようかな。それで朝に猫キュンキュンするので、その日のポッチとのファーストコンタクトはいつもより良い感じ。ラブリーキャット効果。

いつものごとくストアホリデーの撮影をしたのだが、今日はなんと1回で撮影がうまいこといかず4テイクくらいやってしまった。びっくり。なんか色々やったけれどしっくり来なかったのよね。それでもなんとかバヒュッテで販売するCAPSを紹介した。終えてからはボルツの朝陽さんがやって来るので、それまで自撮り遊びをしてヤエハタさんに写真を送った。久々に小寺兼吉ポーズをした。忘れていたな。hatsをやっている間は店ではCAPS売らんぜよとヤエちゃんに伝えたら、CAPS同時開催も良いですねと返答があった。対極に有る存在だもんね。

ボルツの朝陽さんはニュー看板の為の現地調査と駐車場看板リペアの為のチェック。10周年やもんねな動き。当初両方リペアでおもっていたけれど、新デザイン提案したい気分とのことだったのでお願いしますーとなった。バーンのニュー看板は朝陽さんがこれまでに無い程悩ませた1案で行く予定だったのだが、諸事情で断念。断念した翌日の午前中に急に閃いた2案でいくこととなった。1案もとても良かったのだけれどね。2案は先代看板とのつながりがある。看板は移動式から固定式に。しかし節目にお世話になってなんや嬉しいな。久々の朝陽さんはいつもと変わらないトーンで何よりだった。チャラチャラしていない地に足がついたいつもの感じ。ボルツはワンアンドオンリーやもんね。うちも頑張らねばと思った。あと先日はテンカラ釣りの1日体験に行ったそうで楽しそうだった。次行く時は誘ってもらう予定なり。

昼飯は久々に来来亭へ。この間、パリッコの記事でこってりが美味しかったというのを読んでから心にのこっていたのだった。初のこってりはとても美味しかった。ニンニクが効いていたのがとても良かった。後半は酢を入れてさっぱりさせたぜ。これからはこってりやな。店に戻ってバヒュッテ出店シュミレーションをしていたら、店の看板の前に人だかりが。どないしたんやと外にでたら、某芸人さんとカメラマンとその他諸々がいきなり撮影したまま突撃してきてびっくりした。急にガチンコロケにまきこまれたが、丁重にお断りした。後でボランティアの集まりから帰ってきた奥さんに諸々伝えたら、私だったらテンションあがって撮影してもらったかもと明るく言っていた。イヤだぜ。テレビ。

気を取り直してシュミレーションを続けたが、もひとつビシッと決まらなかった。らしさも出したいし、素敵感も欲しいし、売るための物量コーナーも作りたい。限られたスペースでは難しいなぁ。とりあえず什器と物はもっていけるだけもって行ってあとは現地でやろう。
あと今日はベンリ師匠が久々の東京出張だった。昼過ぎにやる事がなくなっていたが楽しそうだった。沢山写真が送られて来た。収穫もあったようでなにより。レザーバッグ楽しみ。

May 23, 2022

monday

昨夜、電気を消して寝ようとしたらピカピカと空が光った。ヨウちゃんと雷の距離を出す遊びをしていたらだんだんと近づいて来て雷雨に突入。迫力があったので、そとの景色をふたりで眺めていたら空に亀裂が走った。また亀裂が走るかもしれないとアイフォンで動画を撮影してゲットしたのが上のやつ。雨雲レーダーを見たら雷雲は南下していたので、ミナミ方面にいるナルセの早川さんにメールをしておいた。きてますきてます!とマリックで返信があっておもしろかった。いやしかし、PTAの会長おつかれさまでした。すげえな尊敬するわ。僕には絶対出来ない。

燕がまた元気になってきた。また巣作り期に突入した感じでガレージや軒下にがんがんせめて来る。なのでまたポッチのやつが燕番となって大忙しだ。今朝はガレージのシャッターの隙間の横に座り燕が入ってくるのを待っていた。燕って小さな隙間からもはいるのよね。うさぎ跳びしながら。先月初めて目撃してびっくりした。アサイチの見送るムーブで店に行ってちょっと作業して家に戻ると、今度は屋根の下の梁の所に鎮座していて可愛かった。なかなか猫を見上げる事はないから。

今日は急に棚替えをしたくなってしまったので、ささっとやった。棚軍什器とボックスを撤去。大棚什器とハンガーラックを移動させて、ラックがあった場所に新しくテーブルを設置。hatsコーナー拡大なり。丸いキレいなテーブルと古びた内装屋さんのテーブルがはじめてならんだが、悪くはなかった。明日も時間があればまたかえようかしら。店入ってすぐに物が沢山眼に入ってくるから次は物を減らしたり、余白を作ったりしたい気分。

May 18, 2022

wednesday

昨夜は塾のお迎えに行った帰りの車内で、ヨウちゃんはアレルギー炸裂でヤバいヤバいと言いながら鼻をかみまくった。家に帰ってからも鼻水が出ていたので、薬を飲めよと言ったのだが、「効かへんから」と飲まなかった。明け方4時位にまた鼻水が出てきたようでハナカミがはじまった。よくあるんだ。ハナカミサウンドはかなり大きいので、その時間が長いとさすがの我が子でもうるせぇとなってしまう。今回は自分からすっと起きてゴソゴソして薬を飲んでいた。初パターン。可愛いなあというのとアレルギーをなんとかしてやりたいという気持ちがないまぜになった。この所は男子チームと女子チームに別れて寝ているので今朝の初パターンは僕しかしらない。

今日は奥さんが年1、2くらいの儀式である友人のカクボンと梅田ランチだった。僕も一緒に電車に乗ってビールでも1杯やって古本でもと思ったがもうひとつ気が乗らなかった。何かひとつ用事があればよかったのだけれど。奥さんを駅に送ってからひとまず家にもどり、この独り時間を有意義に使おうとあれこれ考えた。タニガキランチ、シンウルトラマン、淡路島SAで何か魚食べる、京都バヒュッテの出店場所現調、古着屋KEYさんに初突撃、鳥を買ってきて庭で焼く、美術展覧会等。気付いたら1時間程たっていて、やばいとなってとりあえずバクタロウのガソリンを入れる事にした。天気が良かったので、エミリオ・サンチアゴのCDを流したらばめちゃくちゃ気持ち良くてうおーとなってしまった。bufete cascudoという曲。20代真ん中あたりに、CD屋さんでセレストのミックスCDをもらった事があったのだが、あれにも入っていた曲。セレストレーベルの音源だけで作ったミックスはとても良かった。松浦弥太郎の推薦コメントみたいなのがあったようななかったような。セレストの宮木さんは元気かな。

良い気分で加茂のJAで給油をかまし、そのまま176を北に走ってしまい、気付いたら篠山の粉哲で煮干し醤油ラーメン、まぜそば、チャーシューご飯を食べてしまっていた。相変わらず美味しかった。滋味深くて内蔵が喜ぶ感じ。帰りは高速道路で三田まで。3週連続でバクタロウは高速道路を走っている。乗りはじめてからの走行距離は1000キロくらいになった。はやいもんやで。パワーがあるし、広いし、乗り味が良いし、ボリュームあるワゴン型も好きだし、ただただサイコー。良いのと出会えて山本自動車のぺに感謝マックスだ。
三田に戻ったら気付くとブックオフっていて、セドリ目線ははずして文庫2冊、CD3つハントした。家に戻り1時間半程で水木本を読了。面白かった。でもなんか、20代前半の本屋バイト時代に返本作業中にこっそりと読んだ事があるような気もした。あと良い本返すのねぇとも思ったな。本の表紙は可愛かったので水木さんやなくて誰かやろうと調べたら本人だったのでびっくりした。

今日はあと昨年仕入れそびれたアフリカのハットを手配できるかなとアフリカ方面へ卸売りの問い合わせをしてみた。価格をすっと教えてくれるのかと思いきや数量を聞いてきたので、30個欲しいというのと、あと大事なサイズも分かりやすく絵を描いてそれを送った。値段が合えばいいけれどなぁ。

May 16, 2022

グッバイオリーブ

オリーブの木をもう1本伐採。こないだ途中まで切っていたのだが力つきてしまい中断していた。ごめんなオリーブ。今日はひまだったので続きを。しかしゾウムシが腹立たしい。残った1本は何としても死守せねばならない。スミチオンを散布するしかない。無農薬農薬みたいなのないのかしら。TOKIOばりに。しかし、木が2本無くなると見通しが良くなってなんだか恥ずかしいかんじ。木を植えなくちゃね。そこそこ大きいやつを。転入生が急に来る感じで。何がいいのやろうねぇ。

最近朝の時間はBSの3を流す事が多い。これが可も無く不可もないけど気付いたらちょっとプラスになっているような感じでとても良い。外国や日本の風景、文化の番組をやっていて、それらがするすると自分を通りぬけていく。音量も静かで、朝の時間が落ちついてとても良い。朝のニュース番組がいかにうるさかったのかよくわかった。今朝は岩合さんの猫の番組をしていたのだが、とても可愛かった。スイスの子猫やどこぞの南国?の家に入りたいが犬に通せんぼされる猫とか出ていた。スイスの子猫は肉球柄のクッションの上に寝ていて、スイスにもそんな柄のがあるんだなぁと感慨深かった。永世中立国よ。昔、ラグを仕入れた事があったが送料が最強に高かったよな。まぁそんなこんなで朝6時頃から胸がきゅんきゅんにゃんにゃんしてしまった。ありがとう。猫。

敏腕営業Nさんが営業に来られた時に発注したブツが届いたので順次店出し。インディアンミニラグが可愛かったのですぐにインスタった。いくつか問い合わせがあったので、これはうごくかもしれないぜと音速でNさんに補充の手配した。早めの動きや。大きいサイズのラグもまた入ったら仕入れる予定。安いしね。急にネイティブ気分なり。

ヨウちゃんのテニスシューズ案件はアシックスのオンラインサイトで大きめサイズの物を買って一件落着。履いたらば、これは良い!と明るい声を出していた。オレ感覚で選んだサイズだったのよね。先が余るがワイズが広いからなー。ギュッと紐をしばってはけばいい。昨日は西脇の村田さん一家がやってきていたのだが、愛息のフミ君が立てるようになっていた。足をみたらば指が広がっていて安定感のあるカタチをしていた。そうやねんこのカタチやねん。なんの靴の影響も受けていない無垢のこのカタチが神々しかった。

May 14, 2022

hats1977スタート

アサイチでhatsの帽子達を陳列。場所は前日にあけておいた。帽子本体に値札シールがはってあるのだが、それを外して用意しておいた値札タグに貼付けた。ヤエちゃんからおくられてきたリストをプリントしてサンダースのバインダーに。hatsな作業をしているなとじんわりと嬉しくなってしまった。これこれ。今回で4回目やもんね。ん?4回目よね?
初日は5hats並んだがどれも素敵。凝った仕様だったり、生地だったりやっぱり定番生産ラインとは違う特別感があって素晴らしい。沢山の方の元へ旅立って欲しい。黄色ラインのノンキがウルトラスーパーストライクだったので追加をお願いした。おれも1つかぶるぞい。
ヤエハタさん、どうぞよろしくお願いします!

1977年産のアルバムで超名盤の事をど忘れしてしまっていた。スティーリーダンの「エイジャ」。このアルバムと同い年と思えるだけで誇らしいと思えてしまう。変態よね。高校生の頃にスティーリーダンのボックスセットを頑張って買ったせいで、各アルバムを単品で持っていないという引け目がある。高2の時に買ってからなので、28年間それを持ち続けている。なので今日は急にエイジャを購入してしまった。hats効果。ジャケに映る山口小夜子のクールネスがやっぱりよかったな。愛車のバクタロウではやく聞きたい。あと、マイケルフランクスのスリーピングジプシーも77年産だ。エイジャより好きだったりする。オレの人生のベスト5に入る作品やもん。77年産の作品を思い浮かべるとやっぱりAORやシティポップが躍動しはじめた時代というのを感じる。人によって76年説とか78年説もあったりするんだろうけど、オレは77年生まれやからそこ推し。あとジャズ方面でみたらクルセイダーズの旋風に舞うやゲイリーバーツのMusic is my sanctuaryも77年産でどっちも最高なのでやっぱり1977はクールっちゅうことで。

May 11, 2022

tuesday

ヤナのモンの所から分けてもらったアンティークの木のパドルを壁にかけた。いつかやってみたかったやつ。素敵よね。昔何かで見たアーティストの部屋にこういうパドルとかフォークが飾ってあってグッときたのだが、その時のあれがずっとあるかんじ。香月さんの絵と相まってええかんじやんと鼻息があらくなったので、売らずに飾っておきてぇなぁとなってしまった。パドルといえば7、8年前には大きなスイス軍の木のパドルを販売していた事があった。重かったので壁掛けには難しかったのだけれど。でもあれなんかも1本ぐらい持っておけばよかったよな。セール出しされていて破格の値段だった。
軍といえばあの軍パン様がなかなかイギリスから発送されない。やりとりしているがもひとつ。so sorryいうてたけれど。何度も買ったことのあるディーラーなので信じてまつぜ。

昨日はヨウちゃん、ちょっとしたトラブルがあったのだが、今日もトラブルがあった。詳しくは書かないが、2日連続であって彼らしいなと笑ってしまった。昨日ははじめて放課後の中学校にちょっとだけ行ったし、今日は彼の制服、靴、鞄を全部洗ったという。中学生らしくニキビも少し出来て、声も気持ち変わり、身体も急に大きくなったような気がする。よく食べるし、そこに可愛らしさもあるのでまるで大型犬のようだ。今朝、大型犬は家を出ると先に出ていたマノちゃんの横を通りすぎる際、軽やかに頭をポンッと叩いて通り過ぎていった。3つ上の兄らしい挨拶感があってとても良かった。

ニュー愛車が来て2週間。毎日車に乗るのがとても楽しい。運転にも慣れてきたが、幅と長さが以前より大きいので慎重にやっている。止まってから発進させる時がもっさりとしているのだが、それはサイズ、重量によるものなのかしら。なのできりっと発進させたら、急発進に気を付けなさいという音声がよく流れるので、わかっとるわいとツッコミながら運転をしている。2010年あたりは車に安全装置が搭載されだした黎明期なのやろうねぇ。

May 09, 2022

HATS1977

HATS1977
5/14(土)よりスタート予定

今回は仙台のnowhereelseと北海道帯広のpastoral、三田の当店の3店舗で同時開催。3店の店主は全員1977年生まれなり。親近感湧くよな。先月だったか、そろそろハッツ気分なんですとヤエちゃんにボディブローを打っておいたのが良かったかもしれない。忙しそうだっけれどね。でもまぁ本当にHATSを欲しているかんじ。季節が巡ってくる毎に何か新しいかぶり物をお店に並べたいというか。自分もかぶりたいし、彼が生み出す帽子を見たいというのもあるし。
ヤエちゃんからは店ごとに色分けしても面白いかもということだったので、ミリタリーとアイビーでリクエストをした。久々にアイビーの本をパラパラしたらばなんだかまたグッときてしまった。また気分かもしれない。ラガーシャツを初めて着てみよかな。
今日はヤエちゃんがインスタでハッツ告知したので、あわてて自分も追いかけた。1977となるとどうしてたって音楽の名盤が多いというのが頭に浮かんでくるので、ガレージに行って、ボックスをごそごそして1977年産のアルバムをひっぱりだした。和物だけね。達郎、ター坊、美奈子、ラジ、髙橋幸宏、伊東銀次など。鈴木茂のラグーンと川崎燎のミラーオブマイマインドが分からず怪しかったので持ってきてみたが、調べてみると茂は76年で燎は79年だった。残念。それでそのアルバムをみながらヤエちゃんの写真を拝借してCDジャケットをインスタで作って印刷した。インクがスカスカになっていたので独特の色合いになってしまったが、逆に良かったかもしれない。それを撮影してインスタにポストした。あと一応、裏ジャケも作っていたのだが、それはブログで。ヤエちゃんには裏ジャケの画像を先に送っていたのでそれをストーリーにアップしていて世にでていたが、実はあの後にちょこっと曲名を変えている。謎のこだわり。まぁとにもかくにも楽しみなり。いきなりドーンとははじまらなくて、出来上がる毎に届くと思うので、hatsが店にフェイドインしてくるかんじ。宜しくお願い致します。

昨日はポッチのやつがとても元気だった。昼間はヘビとトカゲを捕まえては家の中に持って入っていたそうだった。ヘビなんかはしっぽが頭にベロンと巻き付いていたそうで、それを見た奥さんとマノちゃんはわー!っとなったそうだった。ほとばしる野生よ。本能のままのハントやね。そんな日だったせいか午後には久々に店の横の階段に出現して、お客様何名かの眼に入っていた。僕はそれがその日の初ポッチだったので、やぁやぁ来たのかと挨拶すると、ニャーと小さい声でいつものように返事をしてくれた。返事する猫やねん。