投稿者「Barnshelf」のアーカイブ

May 17, 2024

friday

昨日は画伯アイテムの返送する商品や売れた商品のカウントをした。軽やかに進んで報告したのだが、記入する蘭を間違えていたのが判明してラスト1時間とても焦った。返送する商品の欄を作ってくれていたと勘違いしていた。そこは納品欄だった。さらにその最新納品分が総在庫数に反映されていなくて、一瞬わけがわからなくなってしまった。なんとか出来て良かったけれど。今回とても売れていたので金額大きかったな。予想はしていたので驚きまへんが払えるかなぁ。払えるさ。
朝から新商品を撮影してインスタに。去年も入荷していた音楽もの。軽やかに撮影してアップしようとおもったけれど少し時間がかかってしまった。とんとことーんと撮影してアップしたいもの。開店少し前にもまた新商品を撮影してインスタに送り込んだ。こっちも再入荷というか定番というか。これまで何度か仕入れたフットボールシャツ。いつもは黒とか茶色とか落ち着いた色にしていたが、逆の黄色、紫、赤をチョイスした。なんとなくだけれど女子が着たらかわいいんじゃねというのを少し思って仕入れた感じ。もちろん自分も着てみたい色だけれど。そんなことを思っていたのが伝わったのかご常連様からお取り置きの連絡を頂いた。女性の方っす。ヨシ!と思いました。絶対お似合いになるかんじー。僕のフットボールシャツのデビューは20何年か前のステューシーのやつ。あれ良かったなぁ。パンツはモーティブのナイロンカーゴみたいなのを合わせて、グラビスなんてはいていたかもしれない。20代前半でそういった服を買っていた最後のあたり。23、4歳くらいでシーズンごとに服を入れ替えるのがおかしいと思ってそういうブランド洋服ファッションは卒業して、軍パンと無印のシャツみたいな方向性になったのだった。

アトリエナルセの早川さんからも連絡があった。電話だったのだが、変な呼び出し音がしていてはて?となった。僕のアイフォンはバイブだったけれど。多分店用のアイパッドが鳴っていたのだと思う。最近、これでマノちゃんがスイカを作っているから音がなるようになっていたのだろう。ゲームね。今までこういったゲームは僕の方が上手だったが、完全にもう負けてしまった。僕はスイカ2個なのだがマノちゃんは10個くらい作っている。スイカ名人だ。
早川さんからの電話は心当たりがあったので、彼が言う前にこれでしょと言うとそうだった。へへへ。連絡しようかどうしようかでしなかったのだ。今度からがんがんすることにしよう。あと早川さんからはうちのブログの写真が綺麗とほめてくださったので嬉しかった。写真は全部アイフォンですねん。良い光りの時に撮影するしかないっす。早川さんはアトリエで仕事をしているのだがアトリエ日記みたいなのをこさえようとしていて、うちのブログの写真が気になっていた。ぼくだったら窓の風景か机の上か。文章のチカラがあるのでうまいこといくんやないすかね。

May 16, 2024

wednesday

水曜店休日。10時頃からドラゴン&小西さんがやってきてハナレ改装のお打ち合わせ。今日は気分を変えて青空打ち合わせにした。あれやこれや4時間ほど。ざっくりした見積書も見せて頂いた。ドラゴンははじめお客さんやったのよね。郷の音ホールでシェーカーを販売してて、シェーカー作ったはる人やったんやから、今のこの見積書を見て感慨深い気持ちになった。出会ってから10年位になるんかなぁ。

打ち合わせの後はメンズだけで王将へ。3人とも同じ天津飯定食という。食べるよな天津飯。旨いよな天津飯。飲むように食べたね。あと餃子が今まで一番美味しかったのはなんでやろう。皮が甘かったなぁ。小西さんは最近、エレベーターのボタンを2回押したらキャンセル出来る事を知って、この年で初めて知る事がありますねと感慨深そうにおっしゃっていた。あと僕が餃子を酢コショウで食べるのを見てそれも初めて知ったとおっしゃっていた。
何年か前にはテレビでも紹介されていたので割とポピュラーっすよと答えた。
これを僕が初めて現場でみたのは、20年位前にビボ西田さんと神戸の生田川の王将に行った時だった。あの時はなんで森忠さんいなかったのかな。当時、西田さんと夜メシはなかなかレアで後日、森忠さんに二人で王将へ行ったと報告したら珍しいねと笑っていたのを覚えている。モリチュウさん元気かなぁ。

May 14, 2024

tuesday

取引先のスーパー営業マンNさんと初の一杯 in三田。もうひとかた取引先のYさんも一緒なり。Nさんとはいつもお会いするとまた今度一杯やりましょうが口癖みたいになっていたのだが、先月、来月いきましょうかと雷に打たれたようにお伝えして決まった。決まる時ははやいっす。いつも営業に来られる時は関西四国をぐるっと回ってから帰りに寄るパターンと逆のスタートの時に寄られる事が多い。今回は少し珍しいというか、徳島に行ってからの三田だった。来られる数日前に連絡があったので、即納頂けるベルトやガラス瓶、それから少し前にオーダーしていた商品を合わせてお持ち下さった。当店はNさんを通して定番化していった商品が色々とある感じ。GW前にも連絡や案内を頂き、商品も納めて頂きGW商戦を闘う事が出来た感じ。頼もしい限りっす。

1軒目は横山の琉球寿司「おもと」へ。久々なり。平日火曜というのにお客さんは一杯だった。オリオンの生がとても美味しかった。ちなむとYさんとNさんは面識があるのでほんと良い感じの会だった。2人ともキャップだったので、店が終わってから僕は帽子をタタミゼのノンキからバウアーのピンクキャップにかぶりかえた。バウアーの帽子ってそないにないよね。あるのはあるけど良い感じの古いのが日本に出回っていない感じ。古い茶タグの良いのがあればすぐ買ってしまう。先日はなんとバウアーロングビルの後ろ日よけ付きをたまたまみつけてしまった。色目もありそうでないかすれたネイビーみたいなやつ。トップスに油汚れがあるが気にならない。話がそれてしまった。おもとではお造り盛り合わせ、もずくの天ぷら、鶏ハラミチャンプルー、カマの塩焼きなど食べた。話も穏やかにでもおもしろ楽しい感じで、業界、メーカー、商品の事、家族の事などほんと色々聞けたりしたりで有意義な時間だった。

2軒目は三田駅前へ移動。行きながら店を決める算段。いつも電車なのだが歩こうぜとなった。夜風が心地良過ぎた。途中に今まで知らなかった呑み屋さんをYさんが発見していた。道路に面した入口は開け放たれていて、Yシャツ姿の方が3人くらい、のんびりと飲んでいる風景が見えた。なんというか三田っぽくない都会の風景というか。でもとてもリラックスして馴染んでいた感じ。今度行ってみたいなとなった。おもとから三田駅までは体感では10分くらいだった。昔、田場小児科があった本町通りの端っこあたりから駅前通りの味のある街灯がみえたのだがなんだか風情があった。武庫川の上は川風があって最高に心地良かった。橋の上に屋台なんか出ていてちょっと呑めたら最高だろうな。このあたりまで来たら心はハナヨシだった。先週も行ったけれど。でも向かうと閉まっていた。残念。ということで久々に鳥ちゃんへ行った。いつもの唐揚げ、オヤドリタタキ、ユッケ等を食べた。僕はここで必殺の生大を呑んだ。わんぱくで楽しくて美味しい。焼酎もウリなのでロックと水割りで。水割りは洋梨のようなさわやかな香りがして美味しかった。銘柄忘れたなぁ。
鳥ちゃんではYさんが昔のバーンの店内の事を喋っていてよく覚えているなぁと唸った。あと取引先となってから来た当店で、僕と奥さんの商品やサンプルについてのやりとりなどを見ていて、なんか良い感じで言ってくださり嬉しかった。3人の中で奥さんとびっちり仕事をしていて、しかも前職から仕事の内容が一緒て僕だけだもんな。
鳥ちゃんを出たのは23時前だったかな。3軒目も行きたい気持ちはあったのだが二人は明日も仕事なので初回は軽やかに締めた感じ。また行きましょう。新鉄三田駅の前でNさんと握手をしてタクシーで帰路に着いた。YさんとNさんは新鉄。


May 13, 2024

monday

ワンオペマンデー。奥さんは京都実家へ。寒い月曜。またあったかインナーを着るという行ったりもどったり。長ズボンをはいて、コットンの少し厚い開衿シャツを着たのだが、寒かったので一番上のボタンを留めて着た。閉襟シャツ。今日着たのはラルフのSKI CAMPというモデル。チェック柄と胸ポケットのフラップに山感があるというか。それに相反するような開衿型という組み合わせが良い。パンツはタタミーの同級生チノ。
営業前に急にディスプレイを触りたくなってしまった。窓のゾーン。今までラグを売ろうと余白的な感じでつかっていたのだが、ラグは一旦いいやと売りに寄ったスペースにするべく脚立とチーズ棚板2枚と茶板を持ってきた。板の3枚使いはタタミゼのhatsで思いついた技。それをやってとりあえず雑貨を並べていくと窓側全域がごちゃごちゃゾーンになったのでだめだとなった。タタミゼの帽子を置いた。大きめのものを配置していくと良い感じだった。しかしうちは日本で2番目にタタミゼの帽子の在庫があるかもしれない。へへへ。

閉店後はマノちゃんとキャッチボール。新しくボールを買った。ソフトテニスのやつ。空気を入れてしっかりさせて良い感じと思いきや、キャッチするときの反発が大きくて難しかった。投げるのもなんだか難しかったなぁ。マノちゃんは遠投を上手にしたいようで、質問をしてきた。あんまりよくわからなかったが、相手をよく見て身体を大きく使って投げるようにと答えた。今日はでもやっぱりボールがもうひとつかもしれない。やっぱり、グローブと軟球かな。そういえば作家の原田宗典がキャッチボール連盟みたいなのをやっていたな。彼のエッセイはお気楽で読みやすくて高校生の頃によく読んでいた。ワキにできものが出来て往生した話とかお腹下して往生する話とか。往生する話はおもしろい。

デビッドサンボーンが亡くなった。中3から高校1年の頃に知ったサキソフォニスト。出会うCDに色々参加していたが、とにかくワンアンドオンリーのブロウは圧倒的に素晴らしかった。マーカスミラー、マイケルフランクス、ブレッカブラザーズ、スティービーワンダーなど。初めて買ったリーダー作は94年のヒアセイというアルバム。格好良かった。マーカスミラーがプロデュースしていたと思う。その後はながれで古いのも何枚か買ったのだが、アルバムを通して聞いているとパワーが有り過ぎてお腹がいっぱいになって疎遠になってしまった。今ぱっと浮かぶ彼のブロウで印象的なのはアルジャロウのスタジオライブ「テンダネス」のウィガットバイと吉田美奈子の頬に夜の灯り。吉田美奈子のは20代真ん中位で知ったやつ。歌もののソロでの彼のサックスの素晴らしさよ。炸裂する。

May 11, 2024

saturday

昨夜のポッちゃん。首がしんどそうだからとマノちゃんがマクラを置いたの図。猫が首しんどいとかは無いとおもうけどな。そして猫は4時前に起きてきたね。4時だったらまだよく寝た感があってなんかホッとしてしまった。そして6時くらいにもう一度やってきたが、これはご飯をくれだった。
今日はヨウちゃんがオープンスクールだったので朝は送った。これまでに何度かオープンスクールに行く親子の姿を見た事があったので、ついにうちにも来たかというかんじ。みんな希望の学校に入れるといいのだけれど。お店にある合格五角消しゴムの出番や。彼の友人達にも配ったろ。

昨日届いた米海軍のショーツをインスタに。季節商材。まだいけますよね、届いてないすよねって感じもあるけれど、ショーツは良いよね。そして軍物は腐らない。逆に値段があがるもんな。このショーツは昨年、現行ものがあったので海外から直接仕入れようかなぁと思っていたのだが、円安でだるくなってスルー。今年チェックしたらばなくなっていたのであれれ。あるうちにがいいのかなぁ。あれもしかしたらあれはアーミーやったかな。スポーティなものは一切身に付けないが商材としては大切ななので、自分の中の商人がスポーティーでええかんじのものを探している。売れる嬉しさっていうのは、求められている物を提供できた嬉しさというのがある。雑貨を通して役に立ちたいぜ。
そしてヨウタロウはオープンスクールからの夕方夜はテニスでラケットを折って帰ってきた。道具を意外と大事にするやつなので、何をどうしたのかは聞いていない。明日はスポーツショップにいかねば。

May 10, 2024

friday

窓の前の木がしげしげ。ハート型になってきたかな。昨年気付いた時はこの木の前で円ひろしのハートスランプ二人ぼっちをよく歌っていたのだが、マノちゃんにとても嫌がられたな。
最近はぎっくり背中からの調子が悪かったがいよいよ今日からグッと回復した感じがあった。昨日までは運転するとまだ二の腕アウトサイドがざわざわしていたが、今日はさわさわ程度だった。肩をくるくるまわすことも今日はなかった。ここまで来るのに一ヶ月ちょっとかかってしまったな。日にち薬よ。
営業終了後はマノちゃんとキャッチボールなんかも出来て良かった。ヨウちゃんの柔らかいテニスボールだったのだが、見事に放ってきた。距離は結構離れていて僕でもなんとか届くくらい。そういえば昔、彼女からパンチされた時に凄く重くてびっくりして、絶対にだれにもパンチしてはいけないよと封印させたことがあった。パンチを放つのとボールを放つのが得意というか体幹のパワーがそのまま腕から放出されるのかもしれない。しかしパンチは重かったで。あれはもしかしたら黒閃だったのかもしれない。黒閃といえば呪術廻戦なのだが、いよいよ佳境なり。今一番面白いな。ワンピースも世界の謎がようやくわかりそうで熱い感じ。でもおじさんはハンターハンターの続きが読みたい。もうあきらめているけれど。まだ暗黒大陸に着いてないんだ。

今日はノリタケ画伯アイテムを撮影して品出し。MOという香港の雑貨ブランドが彼のイラストを使用して作ったアイテム。プロダクトをどうするまでは画伯はコントロールしていない。
どれも質が高くてびっくりする。どれも欲しくなるというか。凄いよな。画伯発進ではない絵の可愛さがある。昔だったらこういう仕事してなかったんやないかな。Kちゃんが産まれていろいろ変化していっているのかもしれない。撮影用に外にブースみたいにしてコーナーを作ったのだが、後ろに画伯を立ってもらいたかった。写真を送ってそう伝えたらKちゃんと一緒にいきますと言っていた。
TATAMIZEのFUKUROが人気で完売。3、いや4回目の制作依頼をした。以前にレイルロードハットなどで使用された少しオイルを感じるナイスダック地が心に残っていたので、それでお願いした。あとナイスリネンでもお願いした。カッコいいダックとどはまりするリネン。なんとなく相反する感じで良い。ダックは生地が残っているだけだったので3つで終了。1つ欲しいなぁ。リネンは価格が上がるがそりゃそうでしょうというような生地ですもの。ハンターハット、HATも完売したので再制作のお願いをした。宜しくお願いいたします。あ、宜しくお願いしハッツ。

May 09, 2024

thursday

引き継いだ牛を店に飾った。なかなかの大きさだったので先においているものとチェンジしないといけなかった。とりあえずベンシャーンの横に置いたが、上部の余白が気になってしまった。また触るかなぁ。まぁ慣れてそのままだろうね。しかし護り牛感があって良い感じ。
がんばりますわん雑貨屋サーズデー。

May 08, 2024

wednesday

昨日は山親爺のマー君夫妻と夙川のbobo hagoromoへ。boboは僕達に「片付けの商売」や「好きな物と売れるものを上手に置いているなぁ」なんて心に残る言葉を下さったワタナベさんが、最後に作った蕎麦を体験できるスペース&事務所。遺した品々を引き継ぎに行ってきた。年が明けてすぐだったか奥様がお店にいらっしゃった。色々物があるので良かったらもらって下さらないとのことで是非&是非とお伝えしていた。しばらくしたらばマー君からもこの間、奥様とお会いして遺された品々の中でバーンにぴったりなのがあって云々からの一緒に行きましょうとあいなったのだった。
岡場でマー君夫妻をピックして、盤滝トンネルを抜けて夙川へ。あっという間のドライブ。車中はマー君の奥さんケイちゃんのびっくりするようなアクシデント話もあって面白かった。まじっすかと笑った。ケイちゃんは車に乗って15分位で、また遊びましょうねとまるで今日の終わりの時のようなフレーズを繰り出していて、うちの奥さんが即座に突っ込んでいて面白かった。車内はとにかく楽しい雰囲気だった。マー君夫妻とはお店をしている夫婦同士のなんというか繋がった物が在る感じがした。

boboでの時間は30分ほどだったのだが、奥様が用意してくださっていたものを全て車に運んだ。パリで買って発送にして到着したらば違うポスターだったものやお店のグッズ、何かのサンプルでいれたようなもの、置物、時計、ネオン管等本当に色々。どれもワタナベさんを思わせるというか。なかでも鉄で出来た立派な牛の置物があったのだが、それはもう本当に素敵だった。僕らが引き継がなあかんぜとなった。店の守り神がまた増えたぜと思った瞬間だった。ありがとうございます。奥様からはまたワタナベさんの素敵な言葉を教えてもらった。「雑貨魂がないと店なんかでけへんねん」とよくおっしゃっていたそうだった。蕎麦の世界で雑貨魂を持っていらっしゃったと思うと気持ちが熱くなった。
しかし雑貨魂ってなんやろうねぇ。細かい感覚というか。細々世界を構築して素敵に提案するってやつかしら。なんやろう。服屋は服、器屋は器、文具屋は文具みたいにそれぞれ特化しているけど、雑貨屋てすごいよなよく考えたら。服も器も文具もあるんだぜ。本もあるし、新しい物も古い物もあるし。知識、センス、幅広い眼、提案力が必要なんだぜ。だから楽しいよな。ぼくも奥さんも雑貨屋は天職だと思う。

三田に戻ったら16時。まだ16時。今夜は4人で一杯やる予定。早過ぎるよなと思ったが待てよ15時から七福神がやっとるやないかいと思い出した。ずっと早い時間に行ってみたかったの。車はドラゴンパーキングに停めて翌日取りに行く事にした。ワイワイと串カツとビールを4人でやった。美味しかったな。衣が軽やかで。牛串80円だもんな。その後、ハナヨシ、自由、夜と流れていつもの感じ。鉄板やねぇ。ハナヨシではマー君が実はハナさんと面識が有って、色々と面白かった。岩崎宏美のモノマネをするコロッケのモノマネをハナさんがフリからの0.5秒でやったのだが面白過ぎた。マー君は僕達が聞いた事のない「ベカちゃん」と呼ばれていて彼の歴史になんだか感慨深い気持ちになった。

April 25, 2024

thursday

晴れだぜ。やっぱり心地良いよな。でも今朝というか早朝はなぜか隣の雑木林からカラスの鳴き声が凄くていやはや。起こされてしまった。夜も鳴いていたのだけれど。燕が帰ってきているからそのからみなのか、繁殖期なのか。カラスには申し訳ないが鳴き声キライ。
NHKの朝ドラが完璧に入り込んできてしまった。おもしろいわ。カムカムより良い。今週はマノちゃんや奥さんが大好きな轟役の戸塚純貴が出演しているので我が家も盛り上がっている。クセのある役だと思いきや良いやつでみんな安堵した。マノちゃんは別のドラマの役名で言ったりするのでほんともうドラマウォッチャーというか。梅子さんの一番下のムスコも別のドラマで出ていて、●●やんと言われたけど見ていないから全く分からなかった。明日からちょっとシリアスな感じになるんかな。

アサイチでお金関係で動いてからコンビニへ。セブンの米粉パンが最近気に入っている。マノちゃんがね。変な添加物もはいっていない。最近はこんなオレでも気にしているけれど、半分ゲーム感覚というか。マーガリンとか人工甘味料が入ってないのを見つけるゲーム。あとはグルテンもちょっと気にしだしている。これはヨウちゃんのニキビが多いので、もしかしたら関係していたらなぁとなった。うどんに頼り過ぎたオレのせいかもというあれ。なので米麺を買ってそれをつかっているがこれが好評。さすがケンミン。この間、冷水でしめたらば、すごい弾力でびっくり良い感じだった。クセになりそうな弾力だった。まぁあまりあたまでっかちにならないよう嗜好品としてパンもたべますけどね

スーパー営業マンのNさんにお願いしたGOODWEARのTシャツが入荷したので品出し、インスタ紹介。やっぱり良いですわ。しっかりしているけれどハードすぎないし。無いのよこの生地はね。ちょっと色々調べていたら価格が安い中国製のライセンス品というのも出ている事がわかった。ややこしいで。なんでこんなことなっとるんやろ。タグやステッチ、生地は勿論、ボディが丸胴やなかったり違いは分かりやすい感じだった。半袖ビッグは3、4年振り。前回は2年前にモックネックビッグを仕入れたのだった。これは僕も着てみたかったが完売してしまった。今回新色で薄オレンジ色がはいっているがええ感じ。リラックスしたサーフ感があるというか。あと半袖を仕入れたので長袖もということで別ブランドワラワラのベースボールティーを仕入れた。これはなんといってもプライスと柔らかな生地が良い感じ。カットソー2種届いたら雑貨屋には充分。しかし、欲しいというタイミングで仕入れが出来てありがたや。アパレル物は大体事前予約やさかいに。

今日は山本自動車のぺにオイル交換をお願いした。来週でもええでと伝えていたが今日やってくれた。バクタロウに乗ってそろそろ2年なので、CVTオイルが気になって必要なら変えて下さいと伝えたのだが、そないに変えなくてもいいそうだった。前に乗っていたホンダのモビリオがシビアだったのでてっきり。発進ガタガタのジャダーが懐かしい。バクタロウに関してはまったくなにもない。Uターンとか急に曲がる時にギギギっと音が鳴るときがあるけれど。サスペンションかしらね。気付いて1年経つが特に変な感じはないから大丈夫だろう。
しかしまぁ頼りになるぜ山本自動車。

April 24, 2024

wednesday

水曜店休日。昨夜からとても風が強かったのだが引き続き朝も強くてびっくり。台風のよう。マノちゃんは警報が出ていないか何度も確認していた。なかなかの風なので警報が出てもよさそうな感じだったが残念ながら注意報だった。
いつもの店休日の儀式をしてから代休のヨウちゃんとランチにでも行こうぜと相談したのだが、彼は疲れていてなんだかパッとしなかった。おいしいお店の名前を色々と挙げて伝えたのだけれど。僕はとにかく宝塚のまるさん松本に行きたかったので写真などを見せて、なんとか「旨そう!」というフレーズまで出せたのだけれど、行く時間が早いのがイヤだったようでぐずぐずなかんじになってしまったので、もうええわい!と中学生とのランチは無しにした。ということで、予定変更。リフォーム案件の要のお金ワークスに動いた。まぁ借りる事が出来るのかライトに金融機関に聞きに行ったのだった。なんか色々教えていただいたりして良かったかんじ。あと気付いたらね、もう窓口の方とか相談させて頂いた係長は年下の方になっていてなんだか感慨深かった。年とったもん。

帰ってからお腹空いたとのたまったヨウちゃんに焼豚目玉焼き丼を作ってぼくらは出かけた。松屋でライトに昼ご飯をかきこんでBIAS STOREへ久々に。ミカさんは休みでフィッシングベストを着たタイチさんが店に居た。以前彼のリクエストで探した緑のフィッシングベスト。ヨーゼフボイスのベストと同じメーカーのやつ。僕ももっているがしばらく着ていない。お店は僕らが以前に行ってから2回アメリカに買い付けをしているのでアメリカ感が出ていた。ブランド、無名ブランド混在していて自由なセレクト。2人ともオシャレやもんな。僕は飲みに行きたいというか九時五時に行きたいときに着たいドリンクの絵が全面に施された開衿シャツがあったのでそれにした。奥さんはチャイナ風のシャツとパンツ。あとレジにあったお札バンダナも可愛かったので追加した。ナンボあってもいいさかいに。帰りはBIASからそのまま北上するコース、口笛文庫、モントテーブルを過ぎ、さらに安藤忠雄建築を過ぎて六甲ケーブル駅、トンネルってコース。家までほぼ一直線。近いよね。

夜、3年生から水曜も塾となったヨウちゃんを送った。今日は塾やなぁと言うと、ものすごいイヤそうに、「うーん」と答えていて面白かった。そりゃだるいだろうさ。
塾送り音楽はRAPHAEL CHICORELにした。部屋の足下あたりをごそごそとしたら出てきたのだった。久々に聞いたら良過ぎて感動。聞いていたら2005年にCD化したものだ。当時雑貨業界に入ったあたりだぜ。そのあたりにはこのCDのレーベルオーナーMさんと当時VIVO,VA BOOKSTOREのモリチュウ師匠と北陸旅行へ行ったことを思い出した。福井市内の森忠家の家に泊まり、翌日は金沢だった。その時に初めてベンリーズに行った。勤めていた雑貨屋ではイベントで古いカメラをお借りしたり、ビキ時代のペネロープのバッグをオンラインショップで買わせてもらったこともあって知っていた。初めてのベンリーズは知っていた情報と知らない情報があって、それらを見た瞬間に音的にいうと元ネタのお店ですやんと静かに熱く理解したとともに、畏敬の念を抱いたのを覚えている。まぁ北陸に雑貨の大師匠がいるとなったのよね。今思うにこの時がベンリ師匠の誕生やん。それからなんだか色々やり取りするようになって今に至るという。当時僕は28歳。ベンリ師匠は43歳か。モリチュウ師匠は33歳。あと西田さんは38歳。みんなワケェなぁ。色んなキーパーソンに出会って今がある。ぼくも誰かのキーパーソンにならんとネ。