投稿者「Barnshelf」のアーカイブ

March 28, 2022

monday

やべ。かなり日があいてしまったな。更新しないとブログを忘れてしまってついね。子供達の塾ライフがはじまってなんだか親ライフに新しい風が吹いている。マノちゃん、ヨウちゃんそれぞれの時間が違うので2往復。なんとか送迎できるので愛を込めて送るし、愛を込めて迎えにいくぜというかんじ。でもなんだかまだ慣れないので気持ちがどっちつかず。パパとバーンおじさんのはざまにいるおっさんかしらね。しかし、子供等は勉学への関心が高いのですごいなぁとおもう。自分はイヤでイヤで仕方がなかったな。勉学を通して成長していけよ。おまえたち。

土曜日からオリジナルのコーヒー豆を販売している。100gがほとんど出てしまった。ありがとうございます。今日は塾へ送った足でマルさんへ寄って、売れ行きの報告とまた焙煎オーダーをした。コンスタントに動いていってほしいな。自分がお客さんになった気分で、豆が切れたからってバーンに行って、それでついでに文庫本も一緒に・・・なんて妄想したら豊かな気持ちになったので、本を仕入れたい。今月はそんな感じの妄想で文庫本を仕入れたいとなんやいうてたんやけどぜんぜんできなかった。コーヒーにフィットしそうな選書でもしようかな。F君のデザインが軽やかなので軽やかな本が良いよな。緩い線がヤスヒコ、沢野ひとしの系譜ってかんじがしていいよな。豆は西山、デザインは相野、販売は大原。メイドイン三田。今日はそれでコーヒー豆とともに買って欲しいドリッパーをインスタで。キッカーの網のやつね。これがね、なぜか美味しくはいるのだ。理由は分からない。抽出スピードが速いのが吉となっているような気がするけれど。あと網の間から湯気とともに何か灰汁のようなものが抜けていってくれるからかしらと思ったりもしている。

あとアンヨの新作も昨日、伊東さんに納品頂いたのでインスタで紹介した。可愛さのなかに深みがあってやっぱり独特で素敵。個性的なお洒落感がある。アンヨをはいている方を無条件で好きになってしまいそうなパワーがある。ハタチくらいのときにAPCのデニムをはいている人もそんなかんじだった。洗ったら普通のデニムになってまうやつ。糊がよかったのかな。懐かしいよな。APCのサイズ表記が数字もお洒落やったな。オイルドのファイヤーマンコートを友達から譲ってもらって着ていたのを覚えている。あと背中になんやロゴが入ったオレンジの厚手ナイロンのコーチジャケットはいまだに買っておけば良かったなぁと後悔している。

March 16, 2022

OSAKA

水曜店休日。今日は予定バキバキなのでバタバタ。5時起床。6時頃にストーリーのリアクションがKさんからあった。雑貨屋早起きやなぁ言われ、来月50歳なるで、初夏にまたいきますとのこと。Kさんは声と喋り方が独特だ。文章を読むと完璧に脳内で声が再生された。おじさん達は朝に強いのよね。それからヨウちゃんの朝ご飯を作った。ひやぶっかけうどん。冷たい麺類が好きなのよな。ほうれん草のおひたしがあったのでそれを乗せてあと鰹節を多目にかけてやって食物繊維&カルシウム関係のバランスを取った。続いてフライパンでふわふわたまごを作り、それを食パンにはさんで、ふつうのマヨネーズを塗ってバウリング。市販のフォカッチャも同じようにバウリング。他のメンバーの飯だ。勿論合間にコーヒーをドリップした。良いよな休日のコーヒーは。
それから店に行っていつもの店休日の動画を撮影してポスト。時計をみたらば7時25分だったので、あわてて家へ戻ってカムカム。カムカムはフカッちゃんが出るようになってまた盛り上がってきた。ヒナタの諸々のあれはルイを盛り上げる為のあれやったのやろう。終わったら子供達を見送ってそして奥さんを三田駅へ送った。神戸で用事なのだ。そして自分は新三田に車を置いて電車で大阪へ向かった。三田から行っても良いのだけれど、新三田のほうがなんとなくホッとするのよね。降りた時の感じがね。

JRの東西線で大阪天満宮まで行き、そこから堺筋線で北浜へ。電車では久々に髙橋義孝の随筆を読んだ。内田百閒に関する章が相変わらず面白かった。ヒャッケンさんは偏屈で最高やね。漱石、百閒、義孝と続くドイツ文学者は最高。あと山口瞳、常盤新平と続くが皆さん最高よな。北浜駅から出ると会場である中央公会堂が見えて来た。いつみても立派で素晴らしい。改めてすげえなと唸った。唐突にあれがあるんだもん。別世界があるようだ。中に入った事がなかったので今回とても嬉しい。会場は3Fだった。エレベーターを使っても良かったが古い建物を満喫しようと階段を登った。会場はとても天井が高くて装飾も施されていて素敵な空間だった。オーラフルというかね。出展社はほぼアパレルメーカーさんなので洋服の森の中、眼鏡を探した。NEW.とfewね。すぐにMさんから声がかかった。会場の丁度真ん中に当店で買ってもらったドイツのウォールペーパーテーブルを置いていた。眼鏡をコンパクトに陳列させていて、まぁなんというかこじんまりとしたブースで面白かった。新作が中心。今回は遊び心のあるものはあえて制作していなかった。安定感のあるラインナップ。変なの欲しかったけれど、色々な事があるのだろう。各メーカー値上げの嵐の中、なんとか踏ん張ってらっしゃった。Mさんとはいつもの感じであれやこれや。また呑みにいきたくなったな。トントントンとオーダーをして、2軒となりの別の取引先へ。こちらはNさん。ライトな輸入ものと軍メーカーものがあった。軍メーカーものは昨年手配できなかったので、こちらでお願いしようかしらとなってしまった。分厚いカタログも見せて頂いた。あとトレンドも教えてもらった。スタジャンがきているそうだった。重たいよな。好きだけどな。Nさんは数有る取引先さんの中で唯一といっていいほど卸値をずばずばこちらに伝達下さるのが良い感じ。販売価格感を分かってらっしゃる。そしてMさんNさん2人からは三田愛のヤナモンの事を聞かれてしまった。雑貨事業部を離れ新事業部へ移動となったのだった。名バイヤーというか、良い仕事、関係を各社と作っていただけにもったいないけれど、新しい場所も彼のチカラが必要だったのだろう。何しとるんすかねーというておいた。ほんま何しとるんやろな。

1時間程で公会堂ワークスを終えて10分ほど歩いた場所にあるsettoの展示会へ。今日もMさんは若手芸人のようなシャープな空気を湛えていた。来期も間違いが無い感じ。特にブラウスは全部いいからわけがわからなかった。これは絶対に奥さんに見て欲しかったと歯を食いしばりながら強く思った。なのでとりあえず生地の色とか揺れを伝えようと動画で服を撮影した。あとパンツのみの新ラインも良い感じだった。もう少し種類がふえたら雑貨業界からも引合いがきそうね。パンツはワイドとすぼまったのと2種だった。Mさんはワイドで裾をたるませていた。何度かそういうM流の履き方を聞いていたので、今日はどういうわけか、なぜそのスタイルが好きなのかを聞いたが、結果ほとんど頭に入ってこなかった。理由はなぜかというと、彼がそのわけを僕に伝えようとお腹が云々と言いながらシャツをめくり上げた時にWTAPSと書かれたパンツのゴムの所が見えたからだった。ほんとお好きよねぇ。裏原ブランドが。ぼくなんかはWTAPSをやる前のforty時代から買ってたからな。眼鏡とかパーカー、ナイロンアノラックとかね。ただただ懐かしい。良い時代やった。SETTOは会社が新体制になったので、色々大変だと思うが頑張って欲しい。当店には無くては無いブランドだ。次の展示会場へ向かう道すがら、もし無くなってしまったら・・・と想像したら、新しいブランド探すのはもうええかなとなった。似たようなのしてもおもんないよな。それにしても先の展示会場のMさん、Nさん、そしてsettoのMさんともにこちらからのアプローチやなくてご縁を頂いたのでいやはや感慨深い。Nさんなんかは2年程前のある日曜日に近所の有馬富士公園に家族であそびに来て、あれなんかあるででうちに来られ、軍パンもってますよと言われ買いますよと言って取引がはじまったのだった。有馬富士公園さまさま。

ラストは南船場の合同展。何回目かしら。こちらも名営業マンNさんがいらっしゃる。今日は当店を形成する名営業マンの水曜なり。皆の写真を撮影しとけばよかったよな。ほんとお世話になっている。昨日は元同僚のTツミッこが来たようだったのでそんなハナシをしたり。一昨日オーダーしたブツは今日発送とのことだった。あとNAPRONとDECHOの元田さんもいらっしゃった。元田さんとはお会いしてから10年位になるかもしれないが全くかわらないよな。あとDECHOはこの秋冬で好評だった型が全部あったので安心感ありまくり。ちょろっと残してもいいかなという気概でオーダーしよかな。
展示会終了後は四つ橋線で西梅田へ。アンジェへ突撃してヨウちゃんにちょい高めのシャープペン、マノちゃんにはイチゴのてぬぐいをおみやげで購入。自分は行きの電車でひさびさに髙橋義孝からのドイツ文学者の波をかぶったので、池内紀の本が目に入ったので購入。常磐さんとの仲はどうやったのやろう。10歳程若いのだけれど。奥さんへのおみやげは選びきれなかったので、阪神百貨店地下で好きなせんべいを買った。小倉山荘のやつ。旨いよなぁ。
そのまま地下をムーブしてホワイティまでいってつきあたりの泉の広場を上がり、久々に縄寿司へ。なんと正面の入口に数名並んでるではないか。いや、こんなことはない。きっと何かの間違いだろうと裏の入口から入って1人ですと言うと、表で並んでくださいと言われてしまった。意地でも寿司食うたろうと思っていたので待ったがな。30分ほど。まさかな。数年ぶりの縄は知った顔の職人さんが居て嬉しかった。標準語の方。前に昔の縄のハナシをその時一緒に行ったヤナモンにしたらカウンターの中で反応された方だ。とりあえず酢の物盛り合わせを頼んだ。あいかわらず美味しかった。トリガイを食べてから鰻を口にいれた時のあの濃厚な旨味よ。その次には包丁が丁寧にいれられたキュウリをやって爽やかに。それから玉子を食べて、最後にとっておいた鯖を口にいれるのがオレ流。酢の物で身体を清めてからは伝家の宝刀バッテラを頼んだ。1口食べると旨過ぎてパクパクと6個全て食べてしまった。そうなると寿司欲ががぜん湧いてしまったので、赤貝、シシャモ、マグロ、ヒラメを立て続けに食べた。本丸のカニ味噌つきだしはやめておいた。日本酒が恋しくなるから。次の楽しみにしておこう。カニ味噌はひとりで食べるより、誰か2人でキセンダブルとともにやるのが良い。今度誰と行こうかしらね。

March 14, 2022

monday

2019年9月の写真。昨日はご常連のNさん夫妻が電車とバスでわざわざご来店下さった。旅気分とおっしゃっていたのだが、旅と当店を重ねてくださりとてもうれしかった。ありがとうございます。
夜は三田でと思ってくださっていたのだが、店が閉まりまくっていたそうで梅田で一杯されていた。それで締めをひろかずやでぜひとお伝えしたら、自分がもの凄く行きたくなってしまった。いつ以来行っていないか調べると出て来たのが19年9月の上の写真。愉快な仲間が戯れている。ふたりともバーンハットをかぶっているな。この時は、確か三門→しゃも本店→ひろかずやというゴールデンコースだった。今年はひろかずやに行きたいな。

愛車の後部座席のドアがしまらなくなってしまった。3回目やで。キヨハラやったらめちゃくそ怒っているだろう。
山本自動車の「ぺ」に連絡したらばすぐに引き取りにきてくれて、夜には直ったと持ってきてくれた。うちから工場へ持って行く際は、ぺのお父さんが運転してぺがドアを抑えたそうだった。すんません。お忙しいところ。前回もそんな気がします。ちなみにぺのお父さんは阪神タイガースの真弓に似ていたので、中学生の頃に「まゆみ」というあだ名をつけてしまった。いまだに心のなかでは「まゆみさん」と呼んでいる。当時のまゆみさんはシーマに乗っていたのと、あと白ワインを美味しそうに飲んでいた風景が残っている。

お店をはじめた年にマノちゃんが産まれて、それまで乗っていたワーゲンのルポが狭くなったのでモビリオをぺにオークションで落札してもらった。V−TECエンジンの速い方のやつ。なのでそろそろ10年なり。走行距離は乗りはじめた頃は6.8万キロだったが、今は20万キロに近づこうとしている。大きなトラブルもないので、ぺも驚いている。細かな変化が気になるので何かあればすぐにぺに連絡して対処してもらっているのが良いのだろう。とても信頼できる車屋さんがいるので頼もしい限り。
しかし、今回でドアトラブルが3回目なので、さすがにニューオールドカーに変えようかしらという心境。すばるのやつにするかなぁ。
そしてドアは使わない方がいいかしらなんて話をしていたら、マノちゃんがシール貼ろうと言ってくれた。注意喚起の。ワニが開けるなって言っているようなやつ。速攻で貼りましたけどドアは使てまうやろなぁ。マノはしっかりしてるわ。

今日はヨウちゃん&マノちゃんが塾の体験学習だったので、17時頃に送っていった。
数年前は保育園に同じ時間に迎えに行っていたので、こういう動きをするのがとても久々で懐かしかった。かなり彼らは大きくなったけどね。車内では2人とも急にドキドキしてきたそうで、緊張してきたーと言っていた。へっへっへ。そういうのも良い経験やからね。頑張ってください。
塾の向かいは今は無いが僕が通っていた幼稚園があった。懐かしい場所。子供達の塾の上には会社があってそこの人がよく手を振ってくれたのを覚えている。塾の並びには修理屋さんがあるので、今度子供達を送ったついでにビーンのバックパックを持っていこうかな。背負うところの上の一部がほつれているのよね。

March 11, 2022

friday

アサイチでアフリカの布を撮影して宮古島のORSAに連絡。在庫は2枚あるのだが、どっちもパッと見たは同じで送ってからどっちでもええやつやったなと思ってしまった。彼女は出来る人なのでメールしたらすぐ返ってくる。とんとんとんとやりとりした。来週はもう海開きだそうだった。一方、仙台のヤエちゃんは昨日だったか店のベランダで火を焚いていた。日本の南北の差に感慨深くなってしまった。神戸空港から仙台も宮古島にもいけるからな。いつか宮古島にも行ってみてぇな。

ヤエちゃんが新作プリーツベレーとノンキの新生地を立て続けに紹介したので音速で発注。彼は喜んでいた。そうや!自動的に3つ届く友の会システムでお願いしますと伝えた。友の会っていうのは、武井武雄のファンで構成された会。刊本作品集が手に入るファンクラブみたいなやつ。それに入れない人は我慢会というのがある。さらに武井武雄を賛美した歌まである。それで久々に武井武雄の刊本作品集を紹介した本をパラパラしたら面白かった。ストーリーで急にあげたのだが、皆意味不明だろう。ヤエちゃんはリアルタイムで、後の方はこのブログを読んでああ〜という。バーン流の仕掛けや。そういえば、先日来られた小浜のAさんは岡谷の武井武雄の美術館に行ったそうだった。刊本作品集を集めたいようなことをおっしゃっていた。その時の僕は得意げに塚口の伝説の名店・松野書店でスフィアをゲットした話を披露した。相場の1/3以下という。見つけて値段を見た時に金玉がしびれたことはいうまでもない。素晴らしい古書店だった。畦地梅太郎の画集、今井田勲の豆本の本、新書館のフォアレディース文庫、クレーの画集、柳原良平の画集など心に残っているものが沢山ある。スフィアは前職時代の古本イベントで売れないだろうと出品したのだが売れてしまって切なかった。いまだに売らねば良かったと思っている。どこかでみつからないものか。おれが一番しびれた松野書店の想い出よ。手触りも良かったのよね。

1ヶ月ほどかかったがRay Jardineの本がいよいよ届いた。パラパラやるだけで楽しい感じ。トレイルもタープもはらないが好きだぜこういう世界が。ムーンライトの吉谷さんに報告したらまたやっぱり山行きましょうと言われてしまった。それはそうとムーンライトを運営するノマディクスが代理店を勤めるvivobarefootの本国サイトを見たらばカッコいいスリッポンがあったので、もし入るようならぜってぇかいますと伝えた。本国サイトでは売れ売れのようでものがほぼなかった。価格がおもてるより高いから売れにくそうだが、2足目を考えている人はきっと買うだろう。3週間程毎日ビボをはいているが、なれたらとても快適。他の靴をはくと違和感がすごくてびっくりする。

March 10, 2022

thursday

この2日程、カムカムが良い感じ。フカッちゃんとオダジョーやな。やっぱり。今朝は達郎のクリスマスイブが流れて、奥さんがキャーッて言っていた。NHKが良いの?JRを想起させてと言っていた。元国営やしね。

気付いたらばヨウちゃんがランドセルを使う日にちがあとちょっとになってしまった。急にそう思うと胸がきゅんとしてしまった。ランドセルを買う時はフィットちゃんのワイドにしたのよな。あれやこれやいいながらな。イオンにしかワイドがなかったのよな。4年位からヨウちゃんは全教科の教科書をランドセルにつっこんでいる。時間割を合わせる必要が無いという。男らしいよな。やるよなあいつ。ランドセルは僕がもっても重たいなとびっくりするくらいやねんけどな。通学の班長の時間も残り少なくなってきた。動画を撮影しながら登校の風景をおさめたいくらい。ああ、感慨深い。
今朝のポッチはそんなもうすぐ仕事を終えるランドに寄りかかっていて可愛かった。

March 09, 2022

wednesday

店休日。今朝は初めてあの有名なキャンベルの缶詰スープを朝食に。チャイ用に使っているミルクパンがジャストサイズだった。缶詰の中身をいれてから缶詰1杯分の水をいれて薄めるだけだった。ミネストローネだったのだが、味がまた違って美味しかった。あの味が本場のやつなのだろうか。もしかしてヨウちゃんの口に合わないかと思ってしまったが、美味しいと言ってほとんど2.5人分平らげてしまった。フォカッチャとオレンジジュースとヨーグルトもあってなんか素敵な朝食だった。ちなみに昨日はニラうどん。これが簡単でおいしいのよね。素うどんにニラを沢山いれて、仕上げにごま油をととんと入れるだけ。高校生くらいの時にBE-PALで読んだような記憶がある。シェルパ斉藤が紹介していたような。それはうどんではなくて素麺だった。

いつものごとく店休日の動画、写真を撮影してアップした後に苦楽園へ。水曜よかったらと、6cのスタッフさんのサヨコさんから数日前に連絡を頂いたのだった。なんだか恐縮ですがいきまーすとすぐに返事をした。昨年、店を休んで行ってしまったコージーさんの展示以来なので1年振りくらいか。車をとめて銀行へ向かおうと歩いていたら、前方から赤と緑のカラーのお洒落な人が走ってきたのでびっくり。6cの多喜さんだった。多喜さんも銀行ワークスの途中だそうで必要なものを取りに事務所に戻るところだった。ばったりびっくり嬉しかった。苦楽園は相変わらず高級車がびゅんびゅん走っていた。すごいよな。約束した時間までまだ間があったので、喫茶店でコーヒー。というかモーニングしちゃった。目玉焼きにはケチャップが乗っかって欲しかったが、塩胡椒だけでも美味しかったな。苦楽園に合っているような感じもした。お腹が満たされた所で6cさんへ。松栄舞子さんの「鳥はうたう」という展示が開催中。フライヤーを見た瞬間からハッとして気になっていたものだった。インスタで見る分には、はっきりとした色で構成されていて何かプロダクトのような感じがしていた。実物をみるとやっぱりテキスタイルみたいな印象だったが手描きと聞いてびっくり。よく見たら手の跡が見えて来てうわっ!となった。他、線画のポストカードや画風の違うものもあったりで興味深かった。素敵な出会いもあって嬉しかった。多喜さんとは色々とおはなしもできて面白かった。ある話のながれから、当店の本のセレクトも楽しみにしているなんてことも言って頂いた。今月はまだ本の発注までたどりついていないので、頑張ろ。古本の仕入れもいきたいなぁ。

昼ご飯は苦楽園で食べようとおもっていたのだが、喫茶店モーニングがなかなかお腹につかえていたので断念して三田へ戻った。ヨウちゃんにいよいよ塾通い期がやってきているので、気になっている3軒を回った。いやはや。そんなフェーズにはいったのか。なんとも感慨深い。無理なく頑張って欲しい。とりあえず勉学をがんばってもらいながら、早い段階で将来こうしたいという具体的な夢が浮かぶように僕らもサポートしたい。僕なんかは大分ぼんやりしてたもん。27歳で雑貨デビューやから。遅咲きやねん。

March 07, 2022

monday

なんかまた急に寒くなったやないかい。昨日の午前中なんかは雪がちらついていた。
今日はそれでもう卒ウールしたはずだったがウールパンツをはいてしまった。やっぱり頼もしくて暖かかった。ぜんぜん違うよね。ウールさま。明後日からまた気温があがるようなので今日がラストウールかもしれない。ほんきのほんきで。土日の最高気温をみたら18度やないか。クーラーいれるかもしれないな。すげえな。この差よ。3月てこんなんやったかな。

開店前にドイツのフィッシャーマンシャツを撮影。インスタでポストしようとしたが写真をよくみたらばストライプの感じが変だったのでやめた。あるのよな。柄物撮影すると。濃い部分と薄い部分があって不自然。まぁええかとポストしてしまわないこのこだわりのバーンクオリティよ。多分、ポートレートモードで撮影したので変に認識したんやろう。離れて撮影したものは大丈夫なのでブログでつかいましたとな。これは昨年秋から好評の魚屋のシャツ。今回細い幅をいれてみた。幅が太いと可愛くて、細いと大人っぽくなるね。魂の4サイズ展開なり。売れて欲しい。買うて欲しい。明日もう一度チャレンジしよう。
あとcraft&archのアイテムも到着した。人気のロンTとフラットバッグ。ドーンとだしてコーナーが出来た。今日は早速いくつか旅立ったのでとても嬉しかった。毎回、ミカさんからの素敵な手紙がついているのも嬉しい。こちらもインスタで紹介せねば。

コライーニの本で良いなとなっていた日本人作家の本が完売してしまった。寂しくなったので追加オーダーした。今度は20冊。同じシリーズではインドの装飾された牛様の写真集があったのでこれも多目につけた。ほかちょこちょこ。オーダーしそびれていたコルビュジェが集めた物を紹介した本を思い出してチェックしたら完売だった。なんで早くにオーダーしなかったかなぁ。どこかに売ってないかしら。個人的に欲しいなぁ。

今日はご常連さまお二人に嬉しい言葉を頂いたので、お店して良かったなぁとなった。ちょこちょこ新しい物が入っているので、何かあるかもと気になってお店に足を運んでしまうとのこと。雑貨屋としての呼吸が自然とできているのかもしれない。そんなに戦略的にやってないのだけれど、季節とか気分に合わせてモノ買って並べている。気付けば雑貨業界に足をつっこんで18年程。奥さんなんかは20年越えるもんね。ようやく板についてきたのかな。
そしてこの1、2年程は20代前半の方々のご来店も増えている。また物を選んでくださるのも嬉しい。昔は若い方には全くやったのよね。物で色んな方を幸せに出来るよう歩んでいます。

March 04, 2022

friday

一気に季節が進んだので、あんなにはいていたウールのパンツや着ていたセーターに目がいかなくなってしまった。まぁ3月あるあるだけれどね。この冬はとにかくウールリッチのハンターカモのウールパンツをはきまくった。
あんなにはいたパンツはないかもしれない。それで完璧に下半身が柄物を欲していて、フィンランド軍のカモパンツをはくもなんとなくシルエットが気分じゃなくて、ベルギー軍のをはいたらばシルエットがフィットしたので2日連続ではいてしまった。去年はぜんぜんはかなかったな。
ウールじゃないハンターカモのパンツとあとヒッコリーのパンツを探そう。ハンターのはシャモクロスがいいな。なんかないだろうか。

展示会の季節がやってきている。再来週だ。珍しく数カ所回る予定。NEW.のMさんからもその連絡が来た。行きますというと喜んでおられた。あまりアパレル雑貨の展示会に出ないので、ひとりでも誰か来ると分かっただけでも嬉しいって感じ。
近くではSETTOの展示会もあるのでSETTOのMさんに電話。新幹線だったようで、タイムラグがあって面白かった。こっちのMさんはなんとなくいつも前のめりの感じ。なんというか、漫才師が袖から出て来て自己紹介して漫才をはじめる時のあの感じがいつもする。
時間がきまったので次は別メーカーのNさんにラインして展示会に行くおおよその時間帯を伝えした。合同展なので自由なの。個別で展示会もされているのだが、時間がなさそうなのでカタログデータだけ送ってもらうようにお願いした。ついでに商品の補充オーダーもした。秋から好評のストライプの魚屋のシャツ。幅太が欠品なので細幅にチャレンジ。
あと展示会ではないがこれまた別メーカーのNさんとも連絡したので、何年もお世話になっている各メーカーさんの敏腕営業マンさん達とやりとりをした感じ。一度全員揃ったら面白いのにな。展示会仕事が終わったらひとりで縄寿司ののれんをくぐりたい。昼からノンストップ営業をしているよう。

写真は金沢のGloiniで買わせてもらったアフリカの盾。モリチュウ師匠に送って頂いた。ありがとうございます。盾に店を守ってもらいます。売り物やないですよん。

March 03, 2022

thursday

久々に霧の町・三田発動。まぁ市街地は武庫川流れているので霧がかかってというかんじやけれども、山の方でもよく出るんだよな。幻想的で綺麗だった。霧の時の太陽が好きだな。子供達も朝からちょっとわーってなっていた。
金沢に行っていた月曜の夜、ヨウちゃんが一人で部屋に居る時に、ポッチがテンション爆上げでマノちゃんのヘアゴムで遊んでいたらしい。それをやめさせようとしたらなんと白目を引っ掻かれてしまった。火曜日に眼科に行って目薬をもらってきていたのだが、あともう少し深ければ縫わないとだめだそうだった。紹介状書かれてってやつ。
白目縫うて考えただけでひゃーとなるな。その一件があってから、ポッチは「ポッチのおっさん」というあだ名になりさがってしまった。しかしポッチもあれだろうか、急所を狙ったのかな。もしそうだったら獣のおっさんやな。血が、本能がそうさせたのかもしれない。まぁほんと大事にならなくてよかった。

そしてヨウちゃんは昨日、目薬を学校に持っていったのだが、帰ってきてからどこへやったかわからなくなっていた。やれやれ。持って行ったら無くすでと言われていたのだが、その通りのことをやってしまった。THE男の子やな。ちなみに僕は小学生の頃にペンを投げられて目に当たり、白目が傷ついた事がある。痛くて目が開けられなくてずっ涙が出まくりだったな。それも大事にいたらなくて良かった。
そんでもって目薬はマノちゃんのピアノへ行く途中に発見された。道の溝におちていた。学校から帰ってきて友達の家に急いで行く時に鬼のように立ちこぎをしてきっとその時に落下したのやろうという結論。目薬はなくなっていて袋だけだった。袋にはつついたような跡があってやぶれていたのでカラスの仕業。明日、また薬もらいに眼科にいかなあかんやん。

コライーニから本とポスターが到着。ムナーリさんのポスターは別で手配したチープなハンガー待ちだが、ご常連様には紹介していくつか旅立っている。今回はイラストのものもいれて4種展開。本は昨年入れねばとおもっていたソ連の絵本の図録など色々。30年代の絵本が紹介されているがどれも素晴らしい。10何年か前に芦屋の美術館でみたロシア絵本展を思い出した。ロシアとウクライナが争っているが、この本にはそれぞれの言語の絵本が仲良くおさまっている。

February 28, 2022

金沢

金沢のベンリ師匠のところへ急遽。決めたのは木曜日だった。来週の休みに金沢へ行けるかなとカレンダーをみたらばもう閉店してんじゃん!とびっくり。最終日月曜に行くしか無いとなった。決めたらふとvivo,vaの西田さんの顔が浮かんできた。「さそってぇよぉ〜」ってちょっと膨れたような顔をして言う西田さん、となりには笑顔のユウコちゃんというvivo,vaの店内風景とともに。
連絡すると調整してみますとのことだったがすぐに営業時間変更して金沢行きが決定した。金沢にはvivo,vaの書籍部門だったモリチュウ師匠もいるものね。

4時半起床。起きて着替え、店で30分程仕事をしてから、布団で寝ている奥さんに行ってきますと声をかけて家を出た。サンダーバードはE5489で予約していたので、券売機で特急券を受け取った。3枚チケットが出ていたので乗車券も一緒に出て来ていると思ったが違った。先に大阪までの切符を買っていたのでとりあえずそれで入って後でなんとかすることにした。
大阪駅で西田さんと合流。会うのは1年振りくらいかもしれない。おじさん達の金沢旅がはじまるぜ。軽く言葉を交わしてそれぞれの席の時間を楽しんだ。今回人生初めてのグリーン車だった。圧倒的に良かった。色々なストレスが無い。席も広いし座り心地も良いし。これからは何か削ってでもグリーンでぜってぇ行く。3時間程座りっぱなしだったがお尻とか痛くならなかったもんな。そして乗車券は車掌さんから購入。券売機での乗車券のことをきくと一緒に乗車券も買うというボタンがあるそうだった。そんなのわからんかったな。

駅周辺でおみやげを購入しグロイニへ。
うおー5年振りやん。着くとタクシーが来たのが見えていたようでモリチュウ師匠とサヤカちゃんが店の入口からひょこっと。
嬉し恥ずかしさと少し緊張しながら入店。グロイニワールドは相変わらず。日本でもここだけにしかない世界だ。洗練された中に柔らかさと少し甘さがあって。モリチュウ師匠も奥さんのサヤカちゃんも変わらず。
師匠は少しだけダンディになったかんじ。
入口にはウンベラータが置いてあったが冬の様子で、どうしたらいいかわからないからこの間水をどばどばあげたと言っていた。あんまりあげたらあかんらしいですが、ぼくもこの間あげました&ウンベ難しいっすと会話をした。
グロイニではアフリカの盾を購入。儀式用の盾だそう。木の質感、彫り、色が素敵だった。
どこに飾ろうかなぁ。
モリチュウ師匠も一緒にベンリーズいきますとのことだったので、3人で歩いてベンリーズへ。西田さんと森忠さんが並ぶ風景を見たのは12、3年振り。ものすごい感慨深い。お2人に出会ったのは20年ちょっと前やもんな。西田さんが森忠さんの最近の仕事のことを色々と聞いていた。西田さんの相づちや返すフレーズには愛がこもっていたな。

竪町商店街を抜けて新竪町商店街へ。全くかわらねぇ風景。旧ベンリーズの店からは後ろ姿がベンリ師匠に似た人が出て来て、3人ともあ!となってしまったが、いやいや違うやんかとびっくり。10年位前のワークキャップかぶっている師匠に似ていたな。長髪で。
また緊張しながら突撃。店内が思てた以上に暗かったので、やってます??って声がでてもうたが、すぐに外に居る僕達のことがわかったようだった。今日のことは伏せていたし、なんだったら土曜日にいよいよ雑貨屋での最後の週末ですねと師匠の感傷レベルを引き上げる技も発動させておいた。雑貨屋の看板を引き継ぎにきましたと言おうと思ったのだが、師匠はいつものすこしこもったマシンガントークで色んなボールを投げていたので隙がなかった。さすがや。何も変わらない。店内はよくぞここまで販売したぞという風景になっていた。ペネロープでももし残ってたら奥さんにと思ったがぺの字もなかった。

店内をウロウロしてその風景を眼にほうりこみながら、雑貨屋はオレががんばるでぇと心に誓った。ニューベンリーズは5月に開店。店舗の販売スペースはびっくりする位小さくなるが、オリジナルの革製品をメインに、古いものが混ざっていく雰囲気。現行の雑貨、アパレルメーカーのものがなくなってこれまで以上に濃度の高いベンリワールドが展開される。
5月にまたこなきゃね。改装の時は千葉の江口さんがペンキ塗りしに来るとすでに言っているそうだった。さすがや。
ここで一旦、西田さんとは別行動。移転オープンしたGARYOに行く事にした。タクシーで行こうとおもったのだが、ベンリ師匠のベンリボルボで送ってもらってしまった。最終日にすんません。お昼でもなんておっしゃるので、いやいやいや〜とお時間頂くわけにはいかないと大丈夫ですと伝えた。師匠はGARYOのヨウスケさんから最終日おつかれさまでしたとメールがあって、ヨウスケくんだけやわ〜おもてたらコマエくんきて・・・とちょっとびっくりしていて作戦成功だった。ベンリ師匠はGARYOの2人と少し会話した後に新竪に戻った。

ニューGARYOは広くてカッコいい店内だった。圧倒的な天井高、インダストリアルな気配の連続した窓、メタル天板のカウンター、その後ろのミシン作業スペース、壁に貼り付けてある写真やアート類、そして彼らの眼で選び抜かれたヴィンテージウェアが絶妙な間隔で店内に配置されていた。ハンガーラック等が重厚な金属の物が多くて格好よかった。勿論、一画には完全オリジナルのCRAFT&ARCH.の大きなコーナーもあった。
5年振りくらいにヨウスケさんとミカさんの2人と会話をしたのだが、すぐにああそうだったと彼らの穏やかで自然体な佇まいや言葉のトーンに癒しの効果があるのを再認識した。なんというか北陸の風土をかんじるというのか。あとお二人はなんだか可愛さがあるんだよなぁ。可愛さっていうかなんやろう。やっぱり可愛さかな。年齢ほぼ一緒やけど。
今はcraft&archの新作にとりかかっているそう。内容を密かにお聞きした。楽しみ。
なかなか時間がなくて毎朝時間を取って描き進めているそう。そんな最中でものっすごい言いにくかったけれど、今回の金沢行きのもう1つの目的である当店10周年のアートワーク制作の依頼をお伝えした。5周年でお世話になったので今回もぜひともだ。ミカさんはノリタケさんになんて言っていたのだが、彼は愛娘でいっぱいやからもうあれなんですと伝えた。2人には承諾頂いた。ヨウスケさんの言葉とミカさんの絵。明るく楽しい元気というテーマでお願いした。15年の時もお願いする予定ですねん。GARYOでは昨年あたりからほしくなっていたシルクの柄シャツを購入。暖かくなったらラルフのコーデュロイ半ズボンと合わせよ。キャップなんかかぶって立ち飲み屋に行きたいな。西田さんと合流する時間がせまっていたのでおいとますることにしたのだが、なんとヨウスケさんにベンリーズまで送って頂いてしまった。行きも帰りもボルボ。おれも次はボルボにしよかな。愛を頂きました。そしてニューGARYOの写真を撮影し忘れてもうた!オレのあほ!

西田さんとベンリーズで合流。その前にちょっと時間があったのでまたベンリーズをぐるぐるして追加でものを買わせてもらった。手ぬぐい、ポストカードなど。そしてベンリ師匠に5月にまた来ますと伝えて店を後にした。目指すは三幸。10何年か前に奥さんと2人で金沢旅行に来た時にベンリ師匠と1杯やったお店。その時はバリバリ雑貨ボーイ時代だったが、帰り際に田中さんに「お店やってください。」という言葉を頂いて、「はい!」と答えたのを覚えている。開店3分後に入店。3組目。意外と空いてるとおもっていたらその後10分位で満員になっていた。おでんも美味しいが一品料理も素晴らしい。おでん盛り合わせ、お造り盛り合わせ、白海老から揚げ、アスパラ炒め、バイ貝ぬた和え、岩ダコぬた和え、イカお造り、ズリ、ツクネ、豚バラの串、ハーブ鳥の南蛮など。どれもが美味しかった。特にぬた和えが絶品で、西田さんも悶絶していた。お酒は控えめに生中、瓶ビール、冷酒1合ってかんじ。明るい店内は活気があって変わらず良かった。お客さんは若い女性が多かったかな。90分程してお店をでたら、何組も行列していてびっくり。2軒目は飲みながらタカさんに聞いた鳥坊へ向かったのだが残念ながら休業だった。そしたらばと高砂に向かうも休業、ほな赤城やと新天地に向かうも休業。久々のマンボーでしめてはるかんじ。関西は宣言&マンボーが昨年でずっぱりだったので、マンボーくらいじゃしめなくなっているものね。グロイニからベンリーズに行く途中に秋吉があったのを思い出したので行くと見事あいていた。ありがたや。西田さんは意外と行った事がなかったようだった。あか、しろ、ミノが売り切れていたが、じゅんけい、ハラミ、キュウリ、キャベツ、豚足、ポテロフライ、最後に赤だしと焼きおにぎりを食べた。お酒はビールとハイボール。西田さんと良い話をしたような感じが残っているがほとんど覚えていない。楽しかったな。また縄寿司いきましょう。

9時過ぎにホテルにチェックイン。大好きなドーミー。部屋に荷物をおいてからおみやげを買いにでかけた。予想していたが見たかんじ全部しまっていて、セブンのあかりだけついていた。おみやげコーナーも併設されていたので、そこで子供達それぞれのおみやげを買った。あと北陸の銘柄の缶ビールも買った。夜の金沢の街を肴に路上呑みをしようかと思ったが、なんとなく街がそれを受け入れてくれないにおいがしたので、部屋で飲む事にした。旅先のホテルの部屋で1缶だけ最後にやれやれと呑むのが好きだ。
ホテルに戻る前に翌日のサンダーバードのチケットを入手しておこうと券売機で操作をしたのだが、やっぱり乗車券がよくわからなかった。操作をゆっくりやって色々画面をみたのだが、乗車券を一緒に買うボタンがなかった。
とりあえず特急券を出して駅員さんに聞いたら券売機で買ってくださいとのことだった。
新幹線の場合はICOCAとリンクしていてわかりやすいねんけどなぁ。結局、券売機で予約した特急券を出してから、もう1度切符を買う操作せなあかんてことなんかな。
乗車券を買ってふと顔をあげたら「ベンリカモ〜」と画面に出ていてちょっと笑ってもうた。