・July 10, 2019wednesday

IMG_2500.JPG

TATAMIZEのヤエちゃんこと八重畑さんが
当店の事をブログで書いて下さった。
独特というタイトルの文章なのだが、
ヤエちゃんが独特という言葉を何度か使ったこと
を僕がブログに書いたことで、その言葉を意識する
きっかけになったそうだった。
そして独特な店として当店の事を紹介頂いて
いたのでとても嬉しかった。

八重畑さんが作るものは他に無い独特の個性がある。
他の何らとも重ならないし、サンプリング
じゃなくて、色んな要素を消化してオリジナリティ
のあるものをその手で生み出しているのを感じる。
今回、仙台のショップでhatという帽子の企画展が
開催されたのだが、始まる前のインスタグラムには
できたてほやほやの帽子が次々と紹介されていた。
生み出すエネルギーをびりびりと感じたし、どれも
がハッとする(ハットだけにじゃないよ)ような
独特の佇まいを持っていた。
一部のものは以前、展示会アフターでお酒を
呑んだ時に聞いた仕様だったので、にんまり
してしまった。現場で本人から帽子の色々を
聞きながらひとつ選べたら素敵だっただろう。
当店には八重畑さんのインスタグラムを見て、
その帽子が入荷しないかというお問い合わせもあった。
将来的には巡業したいと言っていたので、
三田場所を楽しみにしておこう。
ちなみに僕が独特というフレーズを意識したのは、
4年くらい前だったか、神戸のvivoタイガー兄さん
の西田さんが初めて店にやってきて、お店をみて
つぶやくように「これは楽しい店やなぁ。独特やなぁ。」
と言った時だった。独特て良いやんか。独特が良い。
独特で行こうと思った瞬間だった。


・July 9, 2019tuesday

IMG_2340.JPG

火曜。今朝は目が開いて、布団の中で朝ご飯
を何にしようかと考えていたら、先日子供達と
行ったラーメン屋で子供達がトッピングに選んだ
温泉玉子をえらく喜んで食べていたので、温泉
玉子入りの冷たいうどんを作る事にした。
お湯に浸す時間が短かったので、2個ほど
犠牲になってしまったが、なんとか2個は
良いのが出来た。ヨウちゃんが美味しいと
喜んでうどんを食べてくれたのだが、
僕が温泉玉子を作った事にえらく感動して
くれて株が上がったのが良かった。
朝から超気分良し。今度は夜に作っておこう。

子供達が学校に行ってからは昨日に引き続き
バックヤードの整理。
昨日は大きく進んだのだが、今日は細かな
作業をしたので、もうひとつ目に見える変化が
少なくて達成感少なめ。でも確実に進んではいる
のでOK牧場。朝のこの時間帯に仕事が出来るのは
良いな。マノちゃんが1年生になってからは
奥さんが店に居る時間が減ったので、この時間
に情報だったり、面白いハナシをして気持ちの
交換をしている。昨日は気合を入れすぎて疲れて
しまったので、今日は早目に切り上げてコーヒー
を飲んだ。ぼちぼちやっていこう。
しかし、いつだって片付けをしている時は
元雑貨メーカーのボスだったWさんの
「片付けの商売やなぁ」というフレーズがよぎる。
ほんとに散らかるのが早いんだ。
そして先日はそのWさんが興した雑貨メーカー
の当店2代目担当のTさん、現担当4代目の
Nさんと三田呑みをしたのだった。
ベンリ師匠もそのメーカーと取引されている
のだが、ベンリーズの登録番号の数字が早かった
ので小さくて、そしてそのあたりの番号の他の
取引先がほぼ生きていないので、やっぱベンリ
師匠は凄いぜと僕ら若手の雑貨ボーイズ達は
大いに盛り上がった。
この間はベンリ師匠からはベンリーズ25周年
の記念品サンプルの写真を見せてもらった。
勿論素敵だったのだが、25という数字が
刻まれていて、どわぁ〜すげぇ〜!と唸った。
25歳だぜ。当店は明後日で7歳や。まだ7歳。


・July 8, 2019towel

IMG_2291.JPG

久々にタオルを仕入れた。
積まれたタオルが店に並ぶ頼もしさよ。
メーカーさんには2回ゲリラ営業を頂いたのだが、
2回目の時に、前にも来られましたわ〜とはんなり
かえしてみたらとても驚かれていた。
情報共有のじょまで出ていたがそこははんなり
出さなかった。
1回目が部下の方で2回目が上司の方だった。
1回目の時に自分は不在だったのだが、サンプル
タオルとカタログを頂いていて、良いなとなって
いたのだが、なんとなくのタイミングを逃していた。
2回目に来られた時に社名をお聞きして10秒後には
お取り引きの旨をお伝えした。

リリースしている製品の種類が多くて、どうしようかと
悩んだのだが、リネン混の男っぽい、まぁあの自分が
好きな軍感のあるオリーブカラーのヘザーワッフルを
真っ先に選んだ。
オールコットンのワッフルタオルもあってそれもとても
良かったのだが、他でもあるかな?と思いやめた。
リネンが混ざるとハリが出てサラッとして密度が
あがって良いやね。乾くのが早くなるし、耐久性も
アップする。素朴で優しくて頼もしい。
そしてもうひとつは、テイストを変えてとても柔らかい
スウェルをチョイスした。旧式の織機でゆっくりと
編まれるので空気が含んだようなびっくりするような
柔らかさがある。スウェルは自分がもしサーフィンを
していたらば、サーフしてシャワー浴びた後にきっと
拭くだろう。拭いた後、男前になってそうや。
どちらも素敵なタオル。擬人化したら男前やで。
てことで、インスタグラムでも紹介しております。

今日は久々にキビトパンのキヨさんがやってきた。
ヤエチャンのBBCをかぶっていたのだが、絶妙に
ツバの端っこが反り返り良い感じだった。
あれは曲げようと思って出来ないやつ。
キヨさんはいつもの如くひょうひょうと良い
感じだった。先日当店で雑誌の取材があったのだが、
翌日はキヨさんとこに取材クルーが行ったのだった。
取材の様子を聞くと感じた事とか取材での受け答え
に関して、僕達と似たような感じだったので、
色々とハナシが盛り上がってしまった。
オレたちはナマナマしいからね。というか、
店をしている人がナマナマしくなかったら
あかんよね。あと家族の事や店のことなど色々会話
ができて面白かった。キヨさんは音楽が大好きなので、
最近したライブの事や、これからもっと
ライブをしたい事とか楽しそうに喋っていて
良い感じだった。少年のようだった。
7月の終わりあたりからお盆過ぎまでキビトパン
は夏休みなので、その前にパンを買いに行くど。

マルコスの新譜がyoutubeにアルバムまるごと
あがっている。オフィシャルもの。
この1週間、マルコスしか聞いていないのだが、
いやぁやっぱりとてもとても良いですわ。
マルコスのメロディと歌声を格好よく素敵に
ダニエルがプロデュースしている。
あと、アジムスのアレックスのベースもやっぱり
とてもとても格好良い。
このマルコスのアルバムをリリースしたFar out
からはアジムスの70年代のデモ音源集もリリース
されていて、CDが出ているのをアトリエナルセの
早川さんに教えてもらった。早速またBandcamp
をしてみたのだが、AZIMUTHと書かれたTシャツ
も販売していたので買ってしまった。2XLがあった
のが良かった。ぱっと見たらばヘビメタバンドの
やつみたいなのも良い感じやで。
早く届かねぇかな。


・July 5, 2019eggplant

IMG_2145.JPG

子供達のナスビが順調に育っている。
ふたりとも毎朝、学校へ行く前に水やりを
しているのだが、あまり見ないような神妙な
顔つきで如雨露を手に持ち水をやっている。
彼らなりに植物へ慈愛を注いでいるのだろうね。
特に緑色のプランター担当であるヨウちゃんの
ナスビが彼に似ていて立派だ。奥さんが収穫して
何の料理につかおうかなぁと彼に言ったら、
「おれがつくる」と力強く宣言した。
今夜はフットサルだから腕をふるうのは明日か
明後日かな。楽しみにしておこう。

そしてナスビといえばどうしてたって、
マイケルフランクスのeggplantという曲が
浮かんで来る。粋なというのでくくっていくと
上位にくる曲じゃないだろうか。
ジョーサンプルのエレピ、ウィルトンフェルダー
のベース、ラリーカールトンのギターの音色も
素晴らしい。彼らが参加してなければ粋は
産まれなかっただろうな。
マイケルフランクスは高校生の時にこの
eggplantoが入ったART OF TEA(75年)と
名盤中の名盤SLEEPING GYPSY(77年)、
リアルタイムで買ったABANDONED GARDEN(95年)
を聞きに聞き倒したので、大人になってからは
そんなに聴いていない。早熟高校生だったんだ。

昨日、今日と月初の決まりムーブである
オーダーの作業。取引先の新しいカタログを
発見したので1時間以上丹念に見たら拾い物
がいくつかあって楽しかった。ほんと自分は
雑貨屋向きだぜ。
中国製だが、低単価なアメリカのメーカーの
ダイナーものも有ってここやったんかぁと
なってしまった。ダイナー気分は2年前あたり
だったのだが、カップ&ソーサーとボウル
だけ注文した。プレートはやらないぜ。
他、安グラスの新しいのもいくつか。
安グラスはほんとに楽しいな。毎年いろいろ
見つかってしまう。安グラスの神様ありが
とうございます。


・July 3, 2019wednesday

IMG_2032.JPG

昨日はめちゃんこ久々の雑誌取材だった。
2年前の取材時に着たarrowのお気に入りのチェック
ボックスシャツを着ようかなと思ったのだが、
グングン攻めたろうと思いスウェーデン軍のグランパ
シャツとベルギー軍のカモパンツでぐんぐん写真を
撮影して頂いた。
写真にこだわりのあるところなので、カメラマンさん
が集中してものっすごい撮影されていた。
薮に入り、望遠で外観を撮影されていたが、
スナイパー感があって格好良かった。
カメラさんを撮影すればよかったなぁ。
三田愛に関してはちゃんと言えたのか言えなかった
のかわからないかんじだが、こういった編集の
方は上手にあれしてくださるので大丈夫だろう。
三田という町にあるショップをテーマとして取り
上げて下さったのだが、それは編集長の一存で
決まったとの事だった。編集長になんで?と
ネイティブの自分はものっすごい聞きたかったが
まぁ良かったですわ。編集の方にはベンリ師匠や
ヤエちゃんのとこにもぜひ取材行ってくださいと
おせっかいしておいた。

今日はいつもの用事を大型商業施設で済ませた。
ヨウちゃんがとても気に入っている無印の
シャツ生地のショートパンツを追加購入したり、
じいちゃんのプレゼントをアウトドアショップで
買ったり、夜ご飯用のパッタイを買ったり。
何もせず、身体を休めようと思っていたが
なんやかんや用事がある。変わりといっては
あれだけれどダコタのハンバーガーを胃袋に
おさめて帰った。ダコタの北垣さん一家は月曜に
当店に来て下さったのだった。雑貨とハンバーガー
をすぐさま交換するこの感じ良いよね。
奥さんはアボカドとチーズのバーガー、僕は
ディキシーバーガーを食べた。ディキシー好きや。
バーベキューソースが好きや。
ダコタから田んぼをはさんで遠くの方に三田学園
の小寺ホールが見えた。中2か中3の時に完成した
建物だ。その前に有ったのは木造の大きな講堂なの
だが、それはそれは立派で格好良かった。
すぐ横には弓道場も有ったのだがそれもぴったりだった。
音楽と技術の教科は講堂の1階にある教室で授業
があったのだが、教室はひんやりしていて、すこし
湿気った独特の匂いがあった。落ち着いた雰囲気で
好きだったな。木がやはり素晴らしいのだろう。
そういえば小学校も木造の講堂だったな。自分は
ギリ講堂世代なのかもしれない。


・July 1, 2019monday

IMG_1982.JPG

アップで失礼します。奥さんが近い所から撮影するなぁと
思っていたのだが案の定なり。甥っ子のガーガーちゃん
が珍しく店に来たので記念撮影。ブログデビューだ。
今日はガーガーちゃんの子守り3時間券という誕生日
プレゼントが使用されたのだ。僕じゃなくて奥さんから
のプレゼントね。超絶穏やかなガーガーちゃんなので、
奥さんは楽チンだと言っていた。ファンキーなヨウちゃん
と比べると物足りないかもしれないね。

月曜。アサイチでtanigakiのヨシくんが注文品
を引き取りにやってきた。いつもの如くシンタロウさんに
まつわるハナシを諸々。注文品手配の速度だったり、
サーキュレーターのことだったり。おれたちは
いつだってシンタロウトークに花が咲くんだ。
でも昨日、カラオケ行ってましたねというのを
話すのを忘れてしまったな。シンタロウさんは何を
歌うのだろう。オレはクレイジーケンバンドだぜ。
ヨシくんからは当店のブログに関する質問があったので、
書いている時間帯と、すっと書きますというのを伝えた。
ブログは呼吸みたいなもの。で、毎回言おう言おうと思い
今日も忘れてしまったのだが、三田呑みしましょうね。
ブログを読んで頂いているので、ブログ伝達技発動。

同じ時間帯には2年振りくらいに後輩のマエちゃんが
やってきてびっくり。懐かしいアンダーカバーのドクロ
ショーツをはいていた。ファッション野郎は相変わらずだ。
娘さんが2歳半で超絶可愛くて、バーンおじさんは
カウンター内で静かに悶絶していた。マノちゃんでいうと
リス組時分やんか。ううう。悪の部分が一個も無い時期だ。
可愛いもの何かないかなとやんちゃシリーズなど色々見せると、
恐る恐る感があったり、笑顔になったりで可愛らしかった。
前ちゃんの全てを知っているわけではないが、幸せな
家庭を築いていて、先輩としては嬉しかった。

夕方ちょっと手前にはhibiの松田さん一家とダコタの
北垣さん一家が同時に在店された。今日のバーンの引力よ。
お二方ともお店がお休みなり。お店をされている方の
休日は休日じゃない事も多いので、そんな中で当店に
足を運んで下さって嬉しい。
松田さんの奥様からもブログというフレーズを頂いてしまった。
目をつむるオニゴッコに関するご質問だった。鬼のポージング
をご披露させて頂いた。深くはお伝えしなかったのだが、
実はこのポージングはアントニオ猪木がモデルになっている。
というか目をつむるオニゴッコ自体もそう。
いつだったかテレビでタッキーVS猪木というのをリング
でやっていたことがあった。ハンデとして猪木には目隠し
がなされていたのだが、その時の猪木は両手を広げて、
大人気ない位のもの凄い気迫でタッキーに迫っていたのだった。
これは奥さんやヨウちゃん、マノちゃんにも言っていない
秘密やねん。鬼は猪木やねん。鬼になった方は心に
イノキを浮かべてくださいね。
あとこれは別に秘密にはしていないが、武庫之荘の
マンションで暮らしていた頃、目をつむるオニゴッコを
奥さんと2人だけでやったことがあったのだが、それも
めちゃくちゃ楽しかった。マンションなので足の運び方とか
にも注意したりして。勿論ヨウちゃんはベビーベッド
時分なのでご安心を。目をつむるオニゴッコはぜひご夫婦
でもやってほしいな。リビングオンリーとか、タッチ何回
で終了とかルールを決めて。家族の絆が深まること限り無し。


・June 28, 2019marcos

IMG_1976.JPG

6月最終日に届いたぜ。届いたぜぇ〜。
初めてBandcampを通して、レーベルから
直で購入しちゃった。これ全然しらなかったな。
なんどかBandcampのサイトを見た事があったが
どっかのショップかと思っていた。
今回、マルコスじゃなかったらエイヤッと購入
するところまで行かなかっただろう。
オレのマルコス愛よ。嗚呼。
いつもCDを買うアマゾンでは7月の下旬になら
ないと入荷しないので、いち早く入手できて
マルコスファンとしては良かったぜ。

内容は全体的にグルーヴィでアーバンで想像していた
通りの音だった。プロデュースの項目を見ると、
ダニエル・モウニックとあった。インコグニートの
リーダー・ブルーイの息子やん。彼の名前はこれまで
色んな所で目にしていて、ビート力(りょく)が有る
のを感じていたので納得だ。いつまでもブルーイの息子
と呼ばれると思うけれど、そろそろそれを外しても
良い位仕事をしているんやないかな。初めて彼の名前を
認識したのは、99年にインコグニートの別ユニット
INNER SHADEだったと思う。ビッグバンド風の曲が
急にドラムンベースになるような転調する曲があって、
それでダニエルという名前がインプットされた。
リリース調べたら99年。20年前やんか。うそん。
とにもかくにもマルコスの歌とメロディがダニエルのビート
と融合して御年75歳の作品とは思えないクールな音像と
なっている。インストもいくつかあって嬉しかった。
1曲目はちょっとダサ恥ずかしい曲なのだが、
18年の1月にインスタでアップされていた
演奏を正式にレコーディングしたものだった。
あの動画を見て、ヤバいぜとクラクラきたのを
覚えているので、それを1発目にもってきてくれた
のでにやついてしまった。
アルバムを昨日から聴いているが、マノちゃんは
スパッと「声が枯れてるなぁ」と言っていて面白かった。
んーあんまり変わってない気もするけど、75歳
やから多少枯れもするよね。マノちゃんにはいつか
マルコスのサマーサンバをピアノで弾いて欲しいな。


・June 28, 2019morocco stool

IMG_1868.JPG

5ヶ月振りの入荷だぜ。
この雰囲気と価格のバランスよ。
素朴な優しさと力強さが融合して本当に
素晴らしいスツールだ。
元々ベンリ師匠が今年の頭くらいに気になると
写メとともにこちらに連絡があって、
良いっすねから、まてよあそこが持ってるん
じゃないか?と調べたら当店の取引先が持って
いたことが判明。

その時に当店は入手できたのだが、師匠は取引
開始のやりとりがあったのでちょっとの差で
残念ながら手に入らなかった。
今回は師匠の所に2日早く到着し、先にインスタ
でアップされたのだが、当店にも入荷すると宣伝
して下さった。ありがとうございます。
愛の男なんです。ヨシヒデタナカ。
今回当店は大小15脚ずつと多目に
仕入れましたので。


・June 26, 2019wednesday

IMG_1780.JPG

今日も神戸で用事。急遽できてしまったかんじ。
パッと行ってパッと済んだので、その足で西宮の
6Cさんへ向かった。向かう途中、オレ良いルート
を思いついたでぇ!と六甲山を横断する事にした。
ビーナスブリッジを抜けてくねくね調子良く走らせて
いたら前にダンプの集団。おおまいがっ。
こんなとこダンプ走るねんな。うううう〜と唸り
ながらスピード出したいぜストレスがたまって
大変だった。爆発寸前で途中で逸れてくれてよかった。
危うく6Cさんに行くのを諦めるところだった。

その後は調子良く走って、6Cさんに到着した
もののなんかイヤな予感、ひょっとしてと営業
時間をチェックすると営業開始前だった。
やっぱりな&うそーん。前と同じ事してら。
学んでねぇ。どうしようどうしよう。
とりあえず、お渡しするものをお渡しして、
あとお取り置きして頂いている古本をさっと
頂いて帰っちゃおうかと入口付近に様子を見に
行ってみると、スタッフの方が掃除をして
らっしゃって、ご挨拶するとどうぞどうぞ
とご案内して下さり、多喜さんすみませんと
なってしまった。しばらくすると多喜さんが
出て来てくださったのだが、子供の教育&
恋愛のマシンガントークが炸裂して面白かった。
アトリエナルセの展示が霞むほどだった。
展示は出版記念感、手芸感があって楽しい
雰囲気だった。窓ガラスに貼られた花弁
みたいなのがすてきだったな。あと、見覚え
の有るボウルなんかが什器としていくつか
使われていて嬉しかった。

三田に戻る途中、西北のミヨシ堂で昼ご飯。
西北というと西宮北口という方がメジャー
かもしれないが、三田人からすると、西北
というとほんまの西宮北部のニシキタだ。
2日連続のラーメン。今回もトマトラーメン
をオーダーした。好きなんや。トマトの
酸味と甘み、豚骨の旨味、チーズの旨味
が融合してとてもとても美味しかった。
ニンニクと胡椒を多目にするのがオレ流。
ランチはこれに唐揚げor角煮と角煮丼or
チャーハンがついているのでボリューム
満点。しかもご飯の大盛り無料。
この数年、自分のラーメンはミヨシ堂か
ゆうやでまわっている。

夕方、子供達と紙飛行機を飛ばし合ったり、
やわらかいボールでキャッチボールしたり
結構楽しかった。メインディッシュとして
眼をつむる鬼ごっこ久々にやった。。
遊ぶ前に茜ロックをいれていたので、
動きがハードな鬼ごっこをするとぐらん
ぐらんきてしまったが、とてもとても
楽しかった。眼をつむる鬼ごっこは本当
に白熱して盛り上がるんだ。眼をつむった
ように見せかけないと終わらないから、
そのアタリのまぶたのさじ加減は重要なり。
途中にはポッチのやつも参加してきて、
マノちゃんの足に飛びついていた。
ポッチあるある。


・June 25, 2019tuesday

IMG_1708.JPG

火曜日。
アサイチで奥さんとヨウちゃんを駅まで送った。
ちょっとした用事なり。
久々の通勤時間帯運転だったので、なんだか
車の量が多くざわざわ感があったので、
ヤヤヤ!となってしまった。
家にもどって用事をしているとフミさんから
メールがあった。SNSが7年前の今日の写真を
あげてきたらしくて、それはうちの工事の時の
写真だった。断熱材が天井にはりめぐらされていた。
なつかしいぜ。

7年前に何枚作ったのか忘れたが、ネームタグが
無くなってしまったので新しく作る事に。
いっちょブランドを立ち上げてあれしようかと
思ったが、結局バーンでいいやとなった。
デザインは文字遊び的な図案を使う案もあった
のだが、普通になった。普通でいいやね。普通で。
何年か前に三田愛のヤナモンと雑会をした時に
ブランド化の事をしゃべっていたら、名前は
Barnshelfで良いですよと、その良さを色々と
熱く語ってくれたのだが、それは結構な心の
支えになっている。
前職時代に新三田駅から有馬富士公園までの
坂を自転車を押して歩きながら店名を考えて
いて思いついたやつ。barnというのにぐっときた
のでそれをメインにしてbarn&shelfはどうだと
奥さんに伝えたら、なんとか&は多いのよと
言われて省くこととなった。ベンシャーンにも
にているから良いよな。Barnshelf / Benshahn。
ほらね。次のタグは織りで作る予定。オーバー
オールでデビュー予定だ。

奥さんとヨウちゃんが帰ってきてから
昼はどうしてもラーメンが食べたくなって
しまったので、ゆうやまでひとっぱしり。
ちゃんぽんしんのすけからゆうやに戻ったのだ。
ゆうやに戻るとなるとやはりオーナーである
ゆうやがラーメンをつくり、そしておかあさんも
復帰されていてとても良い感じだった。
作り手が寸胴鍋の底の方からスープをすくい出し
混ぜるあの愛溢れる所作よ。やっぱり違うぜ。
とても美味しかった。
お会計の時に、何年かぶりにお会いしたおかあさん
が僕に気付いてらっしゃって、嬉しい言葉をかけて
下さった。また通いだしまっせ。


archive

PAGE TOP