・September 18, 2017再入荷&新入荷

bs12974.jpg



bs12975.jpg

・US ARMY PERSONAL EFFECT BAG 
80's DEADSTOCK   ¥1500+TAX

アメリカ軍のパーソナルバッグが再入荷。
ご常連のお客様からお問い合わせも頂いて
いたのでホッ。年内保つ位沢山仕入れました。
やっぱりコロンとして可愛いやね。

・DUTCH ARMY PLASTIC BOX
¥1200+TAX 
SIZE 18CM × 11CM × 3CM

そして下は新入荷。
こちらはオランダ軍のプラスチックケース。
ボックスの表面のグラフィックがとても
格好良い。この言葉を調べてみたら絆創膏の
パッケージが検索で出てきたので、多分これは
それのボックスだろう。初見ではDSのソフトを
いれたらベストだと浮かんだが、何か細々色々と
入れてやって下さい。
軍物2連発。

bs12976.jpg



bs12977.jpg



bs12978.jpg


・September 17, 2017本日17日(日) 臨時休業です。

bs12973.jpg

■ 9月17日(日) → 臨時休業

本日17日(日)は台風18号が接近し荒天が予想
される為、誠に恐れ入りますが臨時休業とさせて
頂きます。

ご来店を予定されていたお客様には誠に申し訳
ございませんが、何卒宜しくお願い致します。


・September 16, 2017SOME BOOKS 本日より開催

bs12971.jpg


bs12972.jpg

■SOME BOOKS 9月30日(日)まで開催

イラストレーターNoritakeさんの蔵書販売イベント
を約1年振りに本日から開催。
古本はほぼ入れ替わっていて、原画やグッズなんかも
あります。個人的にはヨーゼフボイスの量産アートに
トキメキ。こんなのあるのね。
原画はやっぱりぜんぜん違う。線から発せられる
エネルギー、オーラが凄い。欲しくなる。
SOME BOOKSは当店での開催後はしばらく
お休みするとのことなのでこの機会にぜひ。

昨日は倉庫からSOME BOOKSの売場で使えない
かなとイギリスアンティークのハマコロ付きの本棚
を3年振りくらいに引っぱりだしてきたのだが、
うまくはまらなかった。大きさと色目が合わな
かった。残念。仕方ないので入口に設置した。
什器あるある。でもこういうイベントがあるので
玉突き的なディスプレイ変更が出来て良い感じ。
物を動かすと不思議と売れるのだ。

あと、ちょこちょこっと今までブログで触れて
いた当店オリジナルのカットソーも遂に到着。
押忍押忍。押忍な仕上がり。
和歌山でオリジナルのヘビィデューティな
ニット生地を編んで頂き、鳥取で縫製して頂いた
カットソー。普通の物を作っても仕方がないので、
他には無い生地に特色のあるものをと進めていった。
織物会社のボスIさん、縫製工場のボスFさん、
お二人とも当店に脚を運んで下さっているので
物にはしっかりとバーンの情景が刻まれている。
勿論、中心にはパターン製作等、コントロール
して下さったのはいつものNさん。Nさんの三田愛
もたっぷりと物に注がれている。
来週中にはバーンと店出し出来るよう準備中。
お・た・の・し・み・に。


・September 14, 2017hatsutoki / mountain jacquard stole

bs12970.jpg




bs12969.jpg

・山のジャガード S
col : ベージュ イエロー ネイビー ネイビー グレー
price : ¥15000+TAX

昨年大人気だったhatsutokiのストールが新色を
含めて今年も再入荷。当店では全色展開。
山型の三角模様を多才な色で織り上げ表現された
素敵なストール。今年はコットン100%。
心地の良い肌触り。

春の桜のような秋のコスモスのようなベージュ、
秋に色づく木の葉や黄金色のススキを連想させるイエロー、
夜の山々に月の光りがかかった情景からインスパイア
されたネイビー、夏に青々と繁る山の緑をイメージしたカーキ、
冬に白化粧をまとった山々をモチーフにしたグレー。
ブランドの本拠地である自然豊かな西脇の風景と直結
した色彩だ。物の背景にとても説得力がある。

ストールを取り入れたコーディネートが定番に
なった昨今だけれど、このストールは他には無い
素敵な存在感があると思う。
男性にも良いんじゃないかな。カーキを巻いて
みたいな。

bs12967.jpg




bs12966.jpg


・September 12, 2017湊川 丸萬

bs12964.jpg

今月は酒場率高し。
酒場に行かせてくれる奥さんに感謝。
ありがとうございます。
鯖江部のいつもの2人、池島さんと田中さんと
湊川、新開地。これで4回目かしらん。
いつもの焼き鳥屋、八栄亭が閉まっていたので、
以前からとても気になっていた丸萬に行った。

入った瞬間、思っていたようなお店でよっしゃと
ガッツポーズ。健全、清潔、昭和な居酒屋。
おじいさん、おじさんのお一人様がとても
多くて静かな感じも良かった。淡々と盃の時間
が重なっていく感じ。
色気ある花街に寄り添うように何十年もやって
いるお店かぁと感じ入ってしまった。

寿司、焼き鳥、揚げ物等色々あったので、
呑みはじめてすぐに腰を据えて呑むぜ感があった。
ポテサラ、唐揚げ、造り盛り合わせ、ハモ皮、
ニラ玉、キュウリ巻、山芋塩等をオーダー。
生中、チューハイときて、池島さんが日本酒を
やりだしたので、あわててついていった。
このところ、日本酒を呑まないようにして
いたのだが、このお店で呑まないわけには
いかないと解禁。久々に呑むと日本人魂に
ガツンと来てめちゃくちゃ美味しかった。
オレ日本人だわ。合うわぁと唸った。
白鶴の小瓶1合を3回おかわりしたら久々に
グテングテン感がやってきて、2人に心配
されてしまった。
あとチューハイレモンは中身&氷と瓶ソーダが
別れて出て来るシステムで楽しかった。
勿論、最初にソーダを半分だけ使って割って
呑み切り、中身だけおかわりして、残り半分の
ソーダを入れて楽しんだ。ソーダの瓶には
可愛らしい字でマスコットと書かれていて
持ち帰りたかったが我慢した。

途中で幽霊部長の金沢モリチュウ師匠のハナシに
なったので、部長に呑んでいる目の前の2人の
写真を送ると、部長も丁度金沢で呑んでいた。
エビ味噌&日本酒が最高とのことだった。
金沢のそれはもう最強だろうなぁ。
金沢と神戸と離れていたが時を同じくして
部長も部員もご機嫌で妙な一体感があって
楽しかった。

田中さんは1時間ほど遅れて丸萬に
合流したので、2軒目は彼女の希望で商店街
にある燕楽へ。
麻婆豆腐、天津麺、空芯菜の炒めもの等を
食べた。やっぱりめちゃ美味だった。
前々回は一杯で入れず、前回はギリギリ入店
出来たって感じだったが今回はとても空いていた。
丸萬も空いていたので、神戸は月曜が空いてて
良い日なのかもしれない。
10時過ぎの新鉄で三田に帰った。寝ないように
頑張っていたが、気付いたら三田駅まで爆睡。
車掌さんに起こしてもらわなければ、折り返す電車
なので、また新開地に戻っていただろう。危ね。
11時頃の三田はまだタクシーも人も多くて
早い時間に帰ってきたな感があった。
乗ったタクシーがプリウスのワゴンで静かな
乗り心地にまた寝てしまいそうになったが
なんとか堪えた。部屋に戻ると真ん中に
奥さん、左にヨウちゃん、右にマノちゃんの
いつもの形で愛しいやつらが寝ていた。
すんませんねぇと寝ている奥さんに静かに声を
かけ、そして冷凍庫からモウのバニラを取り
出し食べて寝た。


・September 9, 2017Saturday

bs12962.jpg

朝、店でちょっとした用事をして家に戻ったら
ポッチが外に出ていた。基本的には出さない
ようにはしているが、最近隙をついてよく外に
出ている。いつもは近づくと捕まえられる
と思って逃げるのだが、今日は雑草が気になる
ようで近づいても逃げなかった。
雑草を食べて毛玉でも吐くのかなと思い
しばらく観察していたが、何らアクション
を起こすことも無かった。写真を撮影していたら
途中で走って逃げた。外で見る彼は野生感が
あるというか。目つきが鋭くて良いねぇ。
彼は今月で生まれて1年。人間に変換すると
17歳だそう。多感な年頃や。

ライドオンややこしやのマノちゃんなのだが、
先週の日曜日の夕方に奥さんからとてもとても
強い指導が入った。
すると翌日月曜日から彼女の雰囲気が一変に
変わった。ふてぶてしい悪い感じの空気が
全く無くなり、明らかに柔らかな優しい空気
が漂うようになった。
その日の閉店後、彼女は奥さんと一緒に僕を
迎えにやってきた。2人からはとても仲良し
の空気感が出ていた。
奥さんが僕に「マノちゃん優しくなったよ」と
言ったら、そのすぐ後に彼女の口から
「まのちゃん、こころの悪いお口捨てた」
と言った。なんて素敵で可愛らしい言葉やねんと
椅子から転げ落ちそうになったのだが、踏ん張って
そのまま頭を撫でて抱きしめてあげた。
それから数日経ったが、前の悪マノちゃんが出て
来る事は無くなった。悪いモノが取り憑いていたん
じゃないかと思う位。あのままいったら、言葉が
悪いが偉そうで最低のクソオンナになっていたか
もしれない。可愛い可愛い言い過ぎたのだろうか
と正直悩んだ。まぁ、とりあえずヨシ。
女子は男子よりふ・く・ざ・つ。

下の写真は先日、文具メーカーさんから
営業頂いたもの。数量限定でうちもそんなに
数は入ってこないですというので、すぐに
オーダーをかけた。可愛らしいトート。
小学生のレッスンバッグにおすすめ。
A3サイズのスケッチブックもすっぽり
入って、マチも10センチ有り。

・マルマン 図案エコバッグ ¥1380+TAX

bs12963.jpg


・September 8, 2017かね将

bs12958.jpg



bs12959.jpg

年2回の東京出張。
どうしようかと迷っていたらベンリ師匠
から、どうする?連絡があって、えーい行くぞ
と決めた。アパレルの単体、合同、雑貨の単体、
合同、お洒落系合同展示会等も重なって9月の
頭は全国から沢山のバイヤー達が押し寄せている。
物って偉大だ。物に食べさせてもらっている自分
なのでやっぱり脚を運ばないといけないなと
フンドシをしめ直したが、いつもより1時間遅い
新幹線にして、いつものように新大阪の蕎麦屋で
卵焼き定食を食べて新幹線に乗った。

卵焼き定食を食べていると奥さんからメール。
なんと家にアオダイショウが居たそうで結構な
スネークパニックがあったとのことだった。
サイズは1mを超えていたそうで、しっぽが10cm
ほど切れて無かったそうだ。
アオダイショウが居たあたりは僕が早朝ウロウロ
して荷造りしていた場所でもあったので、もし
出会っていたらヘビが苦手な僕は気絶しただろう。
ヘビはじいちゃんがイヤイヤながら捕獲して
遠いところの田んぼに逃がしたそう。そしてひい
ばあは家の守が出たと喜んでいた。
しかしどこから入ったのだろう。恐らく猫のポッチが
外に出た時に、入ってこれるようにと扉をあけていて、
そこからニョロッと侵入したのだと思う。
そういえばここ数日、ポッチはヘビがいた2Fには
上がってこなかった。おヘビ様の気配を感じていた
のかもしれない。

展示会はいつものように日の出にある合同展示会を
さくっとやっつけて、国際展示場の巨大なやつを攻めた。
日の出の方では前職つながりのMさんが突如声をかけて
きて、あまりにびっくりして、ナイスなリアクションが
取れなかった。出会えて嬉しかったぜ。押忍。
巨大展示会は前回あたりから前半後半に別れたようで、
雑貨メーカーの数が減った感じ。1時間程経っても、
オレなーんもカタログ持ってないぜと唖然とした。
はぁとなって気持ちが全く乗らなかったので、
顔見知りのメーカーさんがあっても遠くからこっそり
チェックした。
ベンリ師匠とは五反田呑みの約束をしていたのだが、
そこに千葉の大多喜町でmitosaya大多喜薬草園蒸留所
をオープンさせるべく奮闘している江口さんも合流する
という情報が師匠から届いた。江口さんにお会いするの
は2年振り位かもしれないぜと嬉しくなって、そこから
頭の中は酒場の風景で一杯になった。
でも逆にスイッチが入った感じで、気持ち入れ直して
真剣に色々見てカタログを集めた。なんとか来た甲斐
があったかな?まで持っていった。
あと先にこっそりチェックをしたメーカーさんのブース
にも戻ってちゃんとご挨拶をした。
松野屋の松野さんのところではお茶を頂きながら
短時間だったが色々とお話をさせて頂いた。
さりげなく先に進むべき道を教えて下さっている。
いつもおっしゃる皆が見ていない物を探さないと
いけない事や開かれた店作りの事等。
今日、タイミングが合えばベンリ師匠と松野さんと
僕で一杯となっていたのだが、松野さんは先約が
あるそうで、残念ながら次回の楽しみとなった。
来春の展示会でぜひ一杯と言ってブースを後にした。

夕方、17時前に五反田のホテルにチェックイン。
師匠のカプセルホテルの近所だった。
江口さんが来るのは18時くらいだったので
シャワーを浴びた後に五反田を散歩。
小雨が降っていたが、お昼ご飯を抜いて歩き
倒した良い疲労感とこの先に楽しい宴が控えてい
たので、とても気分が良かった。出来れば小さな
古本屋があればなぁと調べてみたが、唯一あった
1軒は既に閉まっていた。
駅の高架を抜けたらブックオフの案内看板が
見えたので、大手にして古本欲を鎮めるかと
向かったが道を間違えてしまった。
戻ろうと思った時にぱっかーんと明るく光った
呑み屋さんが目に入った。
今夜ぜひここで呑みたいと思っていた「かね将」だった。
店の場所を調べる前に出会ったので、うっわぁ!
と声が出てしまった。見た瞬間ここは良い酒場だぜぇ
というのが一発で分かった。看板と提灯の赤、店内の
蛍光灯の白い光りと薄茶色の板壁の色、それから何と
いっても楽しそうなお客さん達。良いグルーヴの居酒屋
だというのをびりびり感じてキンタマしびれた。
もう、早く早くとなったのでベンリ師匠に連絡。
師匠は僕の少し後にホテルにチェックインして
フリータイムだったので、そのまま師匠と合流して
かね将で呑みながら江口さんを待つ事にした。

かね将は入口が2つあって、後ろ側から入って
しまったので、調理場が見えなくてちょっと残念
だったが、逆にしっぽりと呑めて良かった。
ベンリ師匠とは見て来た物のハナシ等で
ひとしきり盛り上がり、生中を1杯呑み終える
アタリで江口さんが爽やかに登場。
なんと千葉の大多喜町からバスで1時間半かけて
都内まで脚を運んで下さった。
「大丈夫なんすか?」と聞くと「太い支援者が現れた
と奥さんに言ってきたから大丈夫」と言った。
僕は音速で「お酒を定期購飲しますわ。」と返したら、
江口さんは楽し嬉しそうに「めんどくせぇなぁ」と言った。
2年振りだったがとりあえずツカミがOKだったので、
そこからはいつもの感じで色々なハナシに花が咲いて
とても楽しかった。クラウドファウンディングのこと、
蒸留機のこと、リアルな維持費の事等、興味深い
ハナシがたくさん。遠くから見ているとスムーズに
進んでいるように思うが、色々な事があるのだなと思った。
席はテーブルだったのだが他のお客さんと相席だった。
その一人の人のザルに入った氷を共有しながら
僕はハイボールを呑んだ。レモンハイ等をオーダーすると
中身、割る為の瓶のソーダ、ザルに入った氷が出て来る
ような素敵なシステムなのだ。通常の1.8杯位の量が
有る感じで最高。呑みながら足りなくなった「中身」や
「ソーダ」を追加で注文していく。僕は中身の
ウイスキーを2杯おかわりした。
料理も美味しかった。牛すじとトマトの煮込み、
ハラミの串焼き、ガツ刺し等を食べた。
江口さんの最終バスが9時半だった。まだ少し時間が
あったので立ち飲みやさんにハシゴ酒。
1杯だけ呑むとバスの時間になった。ベンリ師匠と
江口さんのツーショットを見たのは10年振り位
だったので、最後に2人の姿を撮影した。
アップしている写真以外にも面白い顔をしたものもあるが、
それは僕のアイフォンの中にしまっておこう。
江口さんありがとうございました。
僕は3軒目に行きたかったが師匠がもうお腹一杯
だったので、そこでお開き。ホテルに戻るとせっかく
なのでの呑気が出て来てしまい、独りでホテルの近く
にあるもつやき「ばん」に。あの「ばん」の支店かしら?
瓶ビールとレバカツをサクッとやってホテルに戻った。
デザートは揚げ物。

bs12960.jpg



bs12961.jpg

翌日は10時に恵比寿へ。
TATAMIZEの展示会。八重畑さんにこんにちは。
新作のシャツの説明を聞いているとなんと
ウォールズの森さんが登場。びっくり。
そこからは2人で服の説明を聞いたのだが、
森さんは生地の事だったり、洋服の構造の事等を
八重畑さんと色々やりとりをされていて勉強になった。
プロの洋服屋さんだ。あと、服を見るのがとても楽し
そうだったので、好きを仕事にされている方だなぁ
と感じ入った。

新作のアイテムは、7月に当店に来られた際に僕が
八重畑さんにプレゼントしたある物の作用があった。
なんとなんと。それは完璧にTATAMIZE色になって
いて素敵だった。
当店は4回目の展示会だったのだが、ようやく
TATAMIZEの色がうっすらだが見えてきた感じがした。
パターン、素材の使い方、ディテール等が組み合わさ
って他には無い存在感がある。
あとはなんといっても力の抜き方が素敵だ。
トレンド云々のアパレルメーカーというのでは
なくて、洋服を愛しながら淡々と洋服を作る人
という印象。でも一見クールではあるがすごい熱量
を秘めているのだ。・・・なんて感じたけど、全然
ちがっていたらすんまそん。八重畑さん。

11時に恵比寿を後にして吉祥寺へ。
ギャラリーフェブで開催されている
「mitosaya 大多喜薬草園蒸留所からの/ための
ドローイング」を見に。
江口さんの奥さんである山本祐布子さんが絵を
描いている。ユウコさんの絵は23歳の時に
出会ってからファンだ。切り絵にやられてしまった。
水彩画が欲しくて、もう買ってしまおうかと
思ったのだが、さすがに奥さんにバレたら
ヤバいとなったので、店に電話して相談。
うーーーんと悩んでいたが、また次に機会が
あるわよと奥さんは言った。多分、実物を見て
いたら「買おうよ」と言ったと思う。
電話をしに外に出たついでにとりあえず近くに
あったラーメン屋に入ってつけ麺を食べた。
美味しかったのだが、具材にパンチがなかった。
あとチャーシューメンの大で1500円したの
でビビった。
ギャラリーに戻ると店の方があら?という
素敵な表情をされた後に笑顔でおかえりなさい
と言ってくださり、田舎者はとたんにこの
オシャレなギャラリーが好きになってしまった。
嬉しさを悟られないように、クールに「これ
を頂きます。」と指で鉛筆画のオリーブを指し示した。
それから山本さんの素敵な絵があしらわれた紅茶缶&紅茶
を奥さんのおみやげ用に買ってギャラリーを後にした。
昨夜、江口さんと呑んだんですなんて事が喉まで出たが、
一切言わないクール系のオレでいった。

吉祥寺から東京駅までは直通で楽チンだった。
14時ののぞみでサイナラ東京した。
陽ちゃんマノちゃん、家用のおみやげは
ホームの売店で購入した。
エキナカのあのゾーンは一杯有り過ぎて
選べないからホームで買うのがオレ流。
18時過ぎに店に到着。三田はムシムシして
あつくて鬱陶しかった。涼しくて爽やか
だったらやっぱり三田が良いなぁとなったのに。
1日天気が悪かったそうだが、お客さんが
沢山来られたそうだった。ありがとうございます。
色々と現金仕入もしてきましたので、届き次第
バーンとお店に出します。グングン。


・September 5, 2017walter becker

bs12957.jpg

ウォルター・ベッカーが亡くなったそう。
少し前にヨウスケ先輩からベッカーがやっぱり凄いん
やで説を聞いて、なるほどと思った所だった。
これは何かのシラセだったのかもしれない。
ベッカーが在籍したバンド、スティーリー・ダン
とは高校生の頃から向き合ってはいるが、聞いて
いると気持ちが苦しくなってやーめたとなる時がある。
まだまだ真正面からは向かい合ってリスニングができ
ていない。結構音数は聴いているとは思うが、スティーリー・
ダンの音楽はヒマラヤ山脈のように大きいので自分には
まだまだ征服することができない。

スティーリー・ダンの事は中学生の頃に父親から教えて
もらった。僕が生まれた77年の12月9日にレコード屋
でその年の秋にリリースされたアルバム「エイジャ」を購入し、
そして病院に行き僕の顔を見たと言っていた。
エイジャからの初ムスコってやつだ。
ちなみに12月9日は女性バンド・ピンクサファイアの
ベーシストMIKI ISHIDAと誕生日が一緒。どうだ。
マニアックで切ないだろう。P.S. I LOVE YOUだ。
ハナシがそれてしまったが、父親にそんな事を言われると
スティーリー・ダンの事が気になって仕方がなかったが、
結局最初に買って聴いたのはベッカーの相方ドナルド・
フェイゲンの初ソロアルバム、ナイトフライ(82年)だった。
これは三田駅前にあった楽器店ヒラセに置いてあったので
買う事が出来た。残念ながらスティーリー・ダンは置いてなかった。
当時は高校1年位でどちらかというとマーカス・ミラーが
ベースで参加しているというのが購入動機としては
大きかったと思う。雑誌ADLIB定期購読のフュージョン
小僧だったからこれは仕方が無い。ナイトフライは大人っぽ
くてソウルを感じとても良かった。カセットテープに録音して
ウォークマンで楽しんだり、あと親の車でよく聞いていた。

スティーリー・ダンのアルバムは高校2年生だった94年に
ボックスセットが出るのを知り、そこで一気に聴いてやろう
と小遣いを前借りして手に入れた。
注文は当時父親が勤務していた小学校に出入りしていた
楽器屋さんにお願いした。この楽器屋さんからは結構
色々買わせてもらっていて、同じ94年にはアルジャロウ
のテンダネスというミュージックビデオも買った。
これも購入動機はマーカス・ミラーがメインだったが、
ジョー・サンプルやスティーブ・ガッド等の動く姿を
どうしても映像で見たかったからだった。変態高校生。
それでスティーリー・ダンのボックスセットを買った
高校生の自分はよっしゃ聞くでと1枚目から聴きはじ
めたが結構古くさいと感じてしまい、もひとつ調子が
出なかった。せっかく買ったのだからと頑張ってみたが
結局、エイジャとペグの2曲だけをアホみたいに聴いた
だけだった。大学生、20代後半、30代真ん中、
今の40手前と時代時代でSTEELYな波が来ては
ボックスセットを引っ張り出し、彼らの音楽と向かい
合っているつもりなのだが、先に書いたようにやっぱ
やーめたとなる事が多い。

ウォルター・ベッカーには申し訳ないが、僕が
スティーリー・ダンの本当の魅力に気付くのはまだ
まだ先だろう。
とりあえず今夜はCDをひっぱりだして、スティーリー・ダン
におけるベッカー効果に想いを馳せながらリスニング
してみよう。高校生から今まで聴く事に挑戦している音楽って
他には無いかもしれない。難解で素敵な音楽。
ベッカーさん、安らかに。押忍。


・September 4, 2017hanayoshi

bs12956.jpg

久方ぶりの三田呑み。
キビトパンのキヨさん、美容室rojiの佐竹さん
と初めての3人の会だった。
それぞれ子供達の年齢も近いので、子供の相談
でも出来ればなぁだったが、結局何を喋ったか
覚えていないいつもの感じだった。酒場とはそう
いうものだよね。
日曜日はお気に入りの鳥ちゃんも和来も自由、夜
も千ひろも休みで残念祭り。串カツの串まるに
行こうと歩いていたら先々月に開店した台湾居酒屋
華吉が眼に飛び込んで来た。

外のメニューを眺めていたら食べたくなるような
メニューが手書きの文字で沢山書かれていた。
お店も賑やかで盛り上がっていた。キヨさんがぼそっ
と良い感じがするなぁと言っていたが、こういう時の
キヨフレーズは頼りになるのでヨシ!と思った。
ガラスの窓からはお酒を呑んでいるお客さんの黄色の
ボーダーTシャツが見えて、それを見た佐竹さんが
「あ、自由、夜のヨウスケさんじゃないですかね。」
と言った。本当かなと覗き込んだ瞬間にヨウスケさん
と眼が合った。すぐに笑顔で外に出てこられた。
今夜は初の3人の会なんです云々と伝えたら、
「おお、そうかぁ〜!はいりはいり〜!」
「3名様ご来店〜!」と大きな声でウエルカム
して頂きアットホームに酒場inした。

ヨウスケさんはいつもの仲間と呑んでいらっしゃった。
皆さん三田学園を出ていて僕の先輩達だった。
先輩達に負けないぜとカウンターに3人並んで乾杯した。
モヤシナムル、空芯菜の炒め物、唐揚げ、ニラ玉、腸詰、
水餃子、ルウロウ麺、ふわふわ玉子、焼きビーフンを食べ、
ビールやハイボールを沢山呑んだ。
どれもこれも美味し過ぎた。「ウマイ」しか言わなかった。
カウンターには辛味噌のようなものがあったのだが、
それがまた美味しかった。あまりの美味しさにキヨさんが
お店の方に中身を質問したら「ひみつ」と返されていた。
分析するぜと口にいれても全く何も分からなかった。
辛さと深みのある複雑な旨味、暑い国を思わすような
スパイスの香りが鼻を抜けた。腸詰にその味噌をつけ、
パクチーを乗せて口に放り込み、すぐさま台湾ビールを
流し込んだら最高だった。お店のママも明るく元気な
方で素敵だった。三田に出来て嬉しいありがとう感動
と心の中で何度も唱えた。

9時頃にめっちゃ後輩のY君が合流。近場で職場の
呑み会があるというのを前日、彼から聞いていたので、
メールしてみたのだ。必殺酒場メール。
彼が来る前には何人か常連の方が来てさっと食べて
呑んで帰っていった。ひとりの女性が来た時は席が
一杯だったが、先輩方が何としても入店してもらおうと
皆で協力して席を詰めてスペースを確保していた。
その時の一体感は三田学園という男子校を経た男達の
感じが出ていてもの凄く面白かった。
後輩の僕は「向こうはほんまのおじさんばかりで
すみませんねぇ」と繰り出すと「おまえほんまのこと
いうなぁ〜」と返しがあって楽しかった。先輩イジリ。

ヨウスケさんの隣にはIさんという方がいらっしゃったが、
昔ジャズ喫茶を三田駅前通りで営まれていて、今のヨウ
ちゃん位の時分に父親に連れて行ってもらい薄暗い中で
トンカツ定食を食べたのを覚えている。僕の父親や母親
とも勿論面識があるので酒場で親のハナシをしたり聞い
たりして新鮮だった。ザ地元ですわ。
Iさんはジャズベーシストでもあるのだが、youtubeに
演奏する動画があることをヨウスケさんが教えてくれた。
佐竹さんのアイフォンで見たが、酒場が賑やか過ぎて全く
もってウッドベースの音が聞こえなかった。
しばらくしたら先輩方は先に帰られたのだが、その際に
僕らの伝票の上にこっそり1000円札を1枚置いて
下さっていた。ありがとうございました。粋。

そして僕らの2軒目をどうしようかとなったらY君が
あそこどうですかとバーバーショップエイトに案内
してくれた。隠れ家のようなラーメン屋さん。
生中とミニラーメンとポテトフライを4人で
食べて呑み仕上げた。ラーメンは辛くて美味しかった。
それにしても華吉は良かったなぁ。また三田の夜が
楽しくなる。次はおすすめのスペアリブを食べたいし、
パクチー酎ハイというのもメニューに登場予定だそう。

●台湾居酒屋 華吉
三田市中央町11−10


・September 1, 2017kakuno clear

bs12955.jpg

・PILOT  「kakuno」 clear ペン先F(細字)
¥1000+TAX

はじめての万年筆カクノに新色クリアーが
出たのでついつい仕入れ。
良いやね。トウメイ。

この1週間程、中国からの迷惑メールが鬼の
ように届いている。1日1500通。
ここ何年かはバイアグラとかセクシー系、
億万長者のあれに当選しましたよ等の迷惑メール
が1日30通程届いていたが、数が知れていたので
放っておいた。今回さすがに1日1000通を越えて
くるともうこりゃたまらないと、ウェブデザイナーの
中島さんに連絡をしたら、ちょいちょいちょいと
サーバーの設定をして下さった。もちろん激減でホッ。

今日は久方振りにロジさんで散髪。
佐竹さんに秋な感じもっさり系の方向性で髪の毛
を整えてもらった。日曜日にはキビトパンのキヨさんと
佐竹さんと僕の3人で呑むので、どこでのみましょか〜
なハナシなどもした。散髪しながら呑むハナシをする
ってのはオッサンらしくて良い気分だった。
2ヶ月程前にキヨさんから3人の会のお誘いを頂いた時
は随分先のを決め込みますねぇと思ったのだが、時間が
経つのはあっという間だった。しかし日曜日は閉まって
いる店がとても多いので、どうなりますやろか。
散髪の後はチケット屋さんで新幹線の回数券を
買って、のぞみの予約をした。東京出張。
このところしっかり足を運んでいてえらいぞ。


PAGE TOP