・July 12, 2017bbq

bs12787.jpg




bs12788.jpg

5周年当日。
午前中にノベルティの情報をブログとインスタに
アップ。次々にお祝いのコメントを頂き、とても
とても嬉しかった。
すぐに能登のTiny work shop奥野健一さんから
おめでとうの電話があった。久しぶりのお声を
聞いたのだが、お元気そうで、あといつもの
楽しい奥野節も聞けて楽しかった。能登の荒波
のような男らしい感じ。記念に作品何欲しいです?
とものすご嬉しいお言葉をいただいたので、
お言葉に甘えて欲しいものをお願いした。えへへ。
ありがとうございます。

昼前にはBWWの黒岩さん夫婦が淡河の豊助饅頭
を持っておめでとうございますとお店に来られた。
おお!シェーカーを作られる方が連続で。
シェーカークラフトマンたちは素敵な方ばかりだなと
アメリカの方に向かって心の中でお辞儀した。
黒岩さんからは試作品の額を頂いてしまった。
両面で飾る事ができるもの。とても素敵な仕上がり
だった。あとは壁に留める部分を改良できれば。
完成したらずっと寝かせているリトグラフの販売開始だ。

お客様では昼過ぎに西脇から来られた方が一番最初に
おめでとうございますと言ってくださった。
ご常連の方でいつもおしゃべりして・・・という方
ではなかったので、嬉しすぎて、おじさんぽーっと
なってしまった。
その後メッチャ後輩(中高大)のY君も茜霧島を携えて
お店に。いつもの三田呑み屋の情報交換をした。
夕方には開店した頃から通ってくださっているOさんが、
全身バーンスタイルで来て下さり祝ってくださった。
皆様ありがとうございました。

そして間際にカフェのフクモナさんご夫婦と
パン屋のベンチさんが楽しげにやってきた。
5周年を祝ってくださった後で、「ということで
おしかけバーベキューをはじめちゃいまーす!」
と唐突な宣言があった。突然でとてもびっくり。
うそーんいやーんでもウレシーとオネエ化して
しまった。ちょっと涙も出そうになった。
実は閉店後に奥さんと2人だけで先日Yさん
に頂いた扉リニューアル祝ビールを呑もうと
思っていた。ビールを飲みながら、これからも
宜しくお願いしますとシブくキメル予定だった。

しみじみ系からにぎやか系に変わったのだが、
始まりから終わりまで盛り上がってとても
楽しかった。妹とその友人で今度三田の奥で
栗農園をはじめるつちのこ栗農園夫婦、近所
のお菓子屋さんムエットさんご夫婦、
それからハンバーガーショップ・エスケールの
北垣さん達も後で合流して大いに盛り上がった。
F君も来る予定だったが、夏風邪で発熱して
不参加だった。三田愛のYさんには来ませんか?
とメールしたら徳島ですぅというお返事だった。
2人は今度別で祝ってもらおう。
バーベキューはベンチさんが用意してくださった
滅多に食べられない特上の牛肉がもの凄く美味しかった。
バチがあたるんじゃないかというような良いお肉。
はぁ〜あ〜ん〜んん〜ってなる美味しさだった。
デザートはムエットさんのチーズのやつ北垣
さんが作って下さった硬いプリン、レモンタルト等
を頂いて、肉、アルコール、デザート、楽しい会話と
最高の夜だった。ありがとうございました!!!

bs12789.jpg


・July 10, 20175th ANNIVERSARY 〜 WAY TO 5 !! 〜

bs12783.jpg




bs12784.jpg




bs12785.jpg

本日、当店5歳の誕生日。5周年。
なんとか三田でセレクト物販だけで5周年を迎える事
が出来て嬉しい。
これもご来店頂きお買い物をして下さったお客様
の御陰です。本当にありがとうございます。

当店を形成して頂いている数々のお取引先様、それから
奥さんと子供達、父母、祖母にも感謝申し上げます。
なんといっても奥さんが居なければ店なんか絶対に
出来なかっただろう。出来る雑貨界の先輩が近く
にいる安心感。好き勝手に暴れ仕入れをさせて頂いた。
あと、金沢のベンリ師匠ともほとんど毎日、あれが気に
なる等の商品情報や売れたの売れないだの、色々と
やり取りをさせて頂いた。
奥さんとベンリ師匠の間に挟まれながら心をつないで
雑貨を売った感じ。

これからもこつこつと面白い物を沢山見つけたり、
作ったりして、雑貨屋・物売りとして精進致します。
10周年目指そう。
今後もどうぞ当店をご贔屓下さいませ。

さてさて、5周年ということで、今年は記念のお品
をエイヤッ!と製作致しました。
当店ではCRAFT&ARCH.でおなじみ、金沢の古着屋
GARYOの中瀬充佳さんに5周年記念のイラストを
描いて頂き、同じくGARYOの丹野陽介さんには
絵のテーマに合わせたテキストを考えて頂いた。

自然の多い場所で営む当店のイメージにぴったりの
ほのぼのとした愛らしい世界観。沢山の動物達が集まる
様子は、お客様に愛されて人がどんどん集まってきます
ようにと願いも込められている。
ちなみにパンを持った小熊が陽ちゃんで、
アクセサリーをした子牛がマノちゃんだったりもする。
将来パンとアクセサリーやってくれるかな。
あと一番下には当店のイメージベジタブル、ネギボウズ
も描いて下さっている。
線の端々から愛を込めて絵を描いて下さったのがとても
伝わってくる。特に動物達の眼が良いなぁ。

そして文章のWAY TO 5!!は意味が2つ重なっていて見事。
WAY TO 5!! → 5年の道のり!!
WAY TO GO!! → よくやった!!

また、お店の入口から溢れ出したように配置されている
のは、誰もが幸せになれるような言葉だ。
BE HAPPY FOR EVERY MOMENT.
EVERY MOMENT IS YOUR LIFE.
どんな時でもハッピーでいよう、どの瞬間も
あなたの人生だから。

素晴らしい絵と素晴らしい言葉。
中瀬さん、丹野さんありがとうございました。
お願いして本当に良かった。

そんな素敵な図案を岡山にて買物袋型のコットンバッグ
にプリントを施して頂きました。

本日から当店にて¥3000以上お買い上げのお客様
に先着で1点コットンバッグをプレゼントさせて頂きます。
沢山ご用意しましたが数に限りがございますため、無くなり
次第終了とさせて頂きます。
※多くの方にお渡しさせて頂きたいので、お1人様1点限り
となりますことご了承下さいませ。

素敵な記念品が出来たぞ!とこちらも鼻の穴が膨らんで
おります。この機会にぜひ&ぜひ!

bs12786.jpg


・July 10, 2017ESALEN

bs12780.jpg

NEW.   ESALEN   ¥12000+TAX

NEW.から新作サングラスが到着。
クラシカルな形とカラフルなレンズの組み合わせが
とても良い。いつもの事ながらデザインに無理が無くて、
大人の余裕とか遊び心を感じる。買いやすい価格帯も
素晴らしいと思う。

ESALENは定番の黒とベッコウの他に、クリアタイプの
ボディカラーが3色。どの色もレンズカラーと相まって
夏が恋しくなってくるよう。
薄い色のレンズは今の気分。暑苦しくなくてとてもイイ。
ブリッジ部分はメタルになっている。よく見るとその
メタルのパーツがブリッジからそのままレンズのまわり
をぐるりと囲っている。とても凝ったデザイン。

当店ではESALENを全色展開。
NEW.のサングラスは毎年出足が早く、生産数も限られ
ているので、オッ!と思ったらお早めに。
ちなみにあと、もう1型メタルのサングラスも入荷待ち。
こちらももの凄く素敵ですのでお楽しみに。

bs12782.jpg


bs12781.jpg


・July 6, 2017before Startning Barnshelf 4

bs12773.jpg
<2012年5月撮影>



bs12774.jpg
<2012年5月撮影>



bs12775.jpg
<2012年5月撮影>



bs12770.jpg
<2012年5月撮影 大阪天王寺にて>



bs12771.jpg
<2012年5月撮影>


bs12772.jpg
<2012年5月撮影>

2012年の5月は工事がスタートした月。
内装デザインが決定し、メインの大工さんと
打ち合わせ、それから内装に使用する
素材を集めた。前半にリンゴ箱を調達し、
それから解体される民家へ古材をもらいに行った。

リンゴ箱は1度目は軽のワゴン、軽トラそれぞれ
に乗るだけ運んだ。2回目はgraf設計部のボス、
奥平さんと佛願さんがハイエース1台分。
これで130箱程集まった。大阪のリンゴ屋
さんに分けて頂いた。
古材は床材として使用したかったので早い
段階で希望を出していた。古材は高価なので通常
のルートでは予算内に収めることはできそうも
なかったのだが、とても良いタイミングで
大阪天王寺の民家の解体工事があり、そこへ
古材をもらいに行かせて頂く事が出来た。
これは佛願さんの前職関係の方からお話を頂いた。
主に畳の下にある薄い板をgrafの家具職人さんチーム
と一緒に剥がして運んだ。現マジカルファニチャーの
小寺さんも当時はgrafに勤めていて現場にいらっしゃった。
あと、この民家では扉を2つ頂いたが、店の試着室と
トイレの扉として使わせて頂いている。
解体仕事の後は皆でどやどや〜っと王将に行き、
もりもり食べて楽しかった。

内装工事のメイン大工は丹波市で古民家を
改装して町おこしをしている関西大学の出町さん
にして頂く事になった。佛願さんの大学の先輩。
そして当時、勤めていたアンジェの後輩豊岡君の
大学時代の同級生だった。思わぬ繋がりにびっくり、
そしてとても嬉しかった。出町さんは基本建築士
なのだが、廃業した丹波の大工さんから道具を一式
を引き継ぎ、大工仕事もされていた。
5月頭に一度打ち合せをして、工事着工前日に最期の
打ち合わせ、翌日に工事が始まった。


・July 4, 2017rainy tuesday

bs12769.jpg

昨日、保育園にマノちゃんを迎えに行った時、
下駄箱の所で、園庭に置かれた大きなプールを
指差しながら、「プールが、今日組み立てられてん」
と教えてくれた。その2秒程後に「夏のはじまりやな」
と言った。小さな口から雰囲気のある言葉が出て、
とてもとてもキュンとしてしまった。
太宰治の女生徒に出て来るキュウリの行の文章に
匹敵する。
「プールに入る日はいつ?」と聞いたら、
「1と1が並ぶ日」と、これまた可愛い表現で
答えた。当店の5周年の日ですやんか。

CRAFT&ARCH.の中瀬さんと丹野さんにお願い
した5周年アニバーサリー図案を使ったマル秘
アイテムがもうすぐ到着予定。
製作会社へ橋渡しをしてくれたのはデザイナー&
雑貨ボーイのF君。今回もデザイン業務諸々を
お世話になった。とてもスムージーに進んで
バリバリ助かった。ありがとうございます。
もひとつ先にお披露目した5周年企画のエプロン
がとても好評で嬉しい。なんと完売。
飲食店のプロの方々のもとへも旅立っている。
釣谷さんに報告すると、とても喜んでおられた。
追加生産をお願いしたのだが、初回分のツール
ロールが多分もうほとんどなかったような
気がする。在庫があった半分程の長さの短い
ツールロールをすでに手配してお送りして
いるので、そちらで新たなデザインのエプロン
を作って頂く予定。楽しみなり。


・July 3, 2017七夕コンサート

bs12768.jpg


昨日は郷の音ホールでマノちゃん達が参加する
七夕コンサート。
陽ちゃんの時もあったのだが、残念ながら今まで
見た事がない。主役は歌の先生でそれに園児達が
出演するって感じ。マノちゃんは緊張していたそう。
彼女は僕の気質を受け継いでいるので分かるなぁ。
コンサートに出演した時間帯には昨年まで
保育園で一緒だったNちゃんがお母さんと店に
遊びに来てくれた。会えずで残念。ごめんねぇ。
Nちゃんは少しお姉さんになっていた。
2歳児クラスの時なんかは、可愛らしい笑顔で
僕に「シーシービー」と言って話しかけてくれた事
があったのだが、おじさんその場でやられてしまった
のを思い出した。また来てネ。
そんでもってマノちゃんは夕方位にさっぱりした感じで
帰ってきた。コンサート衣装の浴衣を脱ぎ捨て、
レースのふわふわした黒いスカートに肌着感の
あるTシャツ姿で店にやってきた。最近は保育園から
帰ってくると別の服に着替えるのがブームだ。
マノルーティンが日曜にも発動ってやつ。
おつかれさまでした。

写真は秋にリリースするべく動いているオリジナル
軍パンの生地サンプル。良い色に染まり、生地も
締まってとても良い。鼻息が荒くなった。
一時このオリーブドラブカラーのパンツを何年も
履いていたが、この数年は足を通していなかった。
やっぱり良いやね。アメリカの国防色。


・July 2, 2017まころん

bs12767.jpg

まころんをTATAMIZEの八重畑さんから頂いた。
とても美味しい仙台の名菓。これで3度目だ。
いつもありがとうございます。
少し前にスーパーのオアシスでまころんを発見した。
よっしゃと購入し、音速で口に放り込んだのだが
味、食感が自分の知っているまころんとは違っていて
オヨヨヨとなった。その事を八重畑さんに伝えると、
まころんはいくつかメーカー違いでモノが存在して
いるんですと教えて下さった。
八重畑印のまころんは、落花生の味がとても濃厚で
やっぱり美味しかった。

昨夜は三田で八重畑さんとツカサズナイト。
司(ツカサ)& 宰(ツカサ)。
土曜ということで、鳥ちゃんが満席マックスだった
のだが、1軒目に串まる、2軒目に和来、3度目の
正直で鳥ちゃんにインすることができた。
八重畑さんは今回1週間の出張で九州、中国、
四国、そして三田と移動されてきたのだが、
三田で鳥ちゃんというのを予定していたので、
鳥断ちをして下さっていた。
鳥ちゃんの唐揚げやユッケ、お造り等、美味しい
と言ってくださりホッ。
八重畑さんとはアパレル業界の事、洋服作りの事、
家族の事など沢山会話をさせて頂いた。
あと、同じ年齢ということもあって、同じような
カルチャーの風にあたっていた。ありました
ありましたなハナシでも盛り上がった。
エイリアンのリング、ノースウェーブとか。
10代後半。アオい時代の俺たち。

鳥ちゃんでの終盤では八重畑さんにオリジナル
帽子の製作をお願いした。
お取り扱い開始から1年半寝かせたこの想い。
快諾頂き、とてもとても嬉しかった。
自分はTATAMIZEのマウンテンハットを本当に
よくかぶっている。
おしつけがましくなくて、でも個性があって
そして軽やかでとても良い。
今朝、八重畑さんは大阪へ行かれる前に当店に
寄って下さった。さっそくの帽子のお打ち合わせ。
雰囲気、方向性等いくつかを静かにキャッチボール
して完了。それだけでもう大丈夫。楽しみに
お待ちしております。押忍。

・July 1, 2017Barnshelf original Apron - made by P.T WORKS & DESIGN

bs12758.jpg



bs12759.jpg



bs12760.jpg



bs12761.jpg



bs12762.jpg



bs12763.jpg



bs12764.jpg

・Barnshelf original Apron 
- made by P.T WORKS&DESIGN
color : BK  WH  
price : ¥6500+TAX → SOLD OUT

7月に突入。もうすぐ当店は開店5年。
周年月に突入ということで、P.T WORKS&DESIGN
の釣谷真美さんに5周年記念で製作して頂いた、
当店オリジナルエプロンの販売スタート!

これは以前、釣谷さんからプレゼントして頂いた
エプロンの仕様を少し変更したもの。
ストラップを首からさげるタイプから、背中で
クロスにするものへ。そして大きな1ポケット
の真ん中にステッチをいれ2ポケットにして頂いた。

元々、当店が仕入れたスウェーデン軍のツール
ロールを持て余していた際に、ベンリ師匠が
釣谷さんが使うかもしれないよと助言下さった。
それで、釣谷さんどうですか? → 欲しいです!
→こんなのできました!とあっという間にエプロン
が生まれた。当店は釣谷さんに周年パワーで便乗
させて頂いた。

11号帆布を使用したエプロンは、何と言っても
スウェーデン軍のツールロールが特徴的で格好良い。
それぞれ微妙に色目や生地感も違っている。
胸元にはアルファベットのBのスタンプが誇らしげに入り、
オリーブカラーのストラップは、黄色や赤のステッチが
さりげなく効いている。あと、バックのスナップボタン
はアメリカ軍のラジオベストを意識した仕様となっている。
素敵な軍繋がり。そしてプライスタグには素敵な図案の
スタンプがはいっている。
釣谷さんの感性でとてもとても格好良いエプロンが誕生した。
今、本当に格好良い物を作る作家さんだと断言しよう。
またひとつ、素敵なオリジナルアイテムが届いて
本当に幸せ。馬力が出る出る。

釣谷さん、この度はありがとうございました!!

bs12766.jpg



bs12765.jpg


・June 30, 2017Fish Thermometer

bs12757.jpg

・Fish Thermometer  ¥1000+TAX

これ好き。金属の魚型温度計。
気温を気にした事がないけれど、これが壁や
どこかにぶら下がっていたらイイネッて感じ。
アメリカKIKKERLANDのものなのだが、昨日は
他の商品も色々沢山はいってきた。つい色々と
頼んでしまう。

昨夜は奥さんが小学校の広報仕事で夜の10時頃
まで帰ってこなかった。ほんと大変。
子供2人とアニメ映画のDVDを見て過ごした。
おおかみこどもの雨と雪ってやつ。
陽ちゃんが力つきて寝て、さぁあとはお前だけだぜ
とマノちゃんを寝かしつけようかという所で奥さん
が帰ってきた。マノちゃんも眠らせて、どうだと
奥さんに言いたかったな。

何の気無しにネットサーフィンをしていたら、
ギタリストの松木恒秀が天国に召された事を知った。
山下達郎のギターの師匠。
松木さんがメインのCDは所有していなかったが、
自分の中での日本人部門の好きなギタリストの
ツートップだった。ちなみにもうひとりは大村憲司。
松木さんの演奏で一番印象に残っているのはなんと
いっても山下達郎のライブ盤「It's a popin time -78年- 」
この曲のこれというのじゃなくて、全編に渡って、
いぶし銀なギターをプレイしている。
僕が松木さんを知った作品。
あと笠井紀美子の「TOKYO SPECIAL-77年-」でも
全編に渡ってギターを演奏しているが、この時の
松木さんの演奏は日本のデビッド・T・ウォーカー
みたいで、うおー!と叫んで感動したのを覚えている。
最期に自分が好きな松木さんの演奏で頭にスッと浮か
んだのはこの3曲。

・大貫妙子  からっぽの椅子 (SUN SHOWER-77年-)
・髙橋幸宏  ELASTIC DUMMY (Sarvah!-77年-)
・吉田美奈子 駆けてきたたそがれ (TWILIGHT ZONE -77年-)

全部77年にリリースされた作品の演奏。松木さん29歳。
そしていわゆる僕が勝手に同級生アルバムとくくっている
もの。名盤が多い年だ。山下達郎の超名盤「SPACY」
も77年産で、なおかつ松木さんも参加しているが、
もうひとつこの曲がというのが浮かんでこない。
(この作品ではDancer、Solid Sliderという曲での
大村憲司のギターが最高。)
松木さんの事を知った日に、色々と演奏を聴いて追悼
しようと思ったが、見つかったのは吉田美奈子と
髙橋幸宏の2枚だけだった。どこに行ったか。
この数日、車で爆裂に聴いている。

bs12756.jpg


・June 28, 2017ブランコ

bs12755.jpg

昨日、店に居ると家の方からコンキンコンキン音が
聞こえてきたのだが、これはじいちゃんがマノちゃん
の為にブランコを作っていた音だった。
少し前に鉄パイプで鉄棒も設置されたのだがその横に
大きなブランコがどーんとできていた。
なんだかサスケオールスターズ、レジェンド山田勝己
が作った自主練用の鉄パイプサスケが頭に浮かんで
きてしまった。サスケはなんか見てまうって番組。

ブランコはこれで3代目だ。1代目は1年程前、
この同じ場所にゴルフ練習用の鉄パイプ骨組みの
ネットが横たわっていたので、そこに僕が無理矢理
ロープと木で小さなブランコを作った。座面が斜め
になったとても適当なやつだった。2代目は先月、
じいちゃんが家の門に同じロープ、座面は新たな木
でブランコを設置した。ただこれはさすがに邪魔
というか、使わない家の門だが、見てくれが悪かった。
昨日、ニューブランコを見たマノちゃんは大喜びだった。
良かったねぇ。今朝も一番に乗り、その後はじいちゃん
に僕がちょっと嫉妬する位、仲良しをしていた。

今日は昼過ぎまで神戸で用事。
行きに車線変更をする際に死角に車が居て
ヒヤッとしたり、駐車場で自損事故をしている車が
あったり、帰り道には珍しくマノちゃんが「飛ばさないで」
と言ったりしたので、ワルイ流れだとまずいので
慎重に安全確認マックスで三田に戻った。
車内では半年振り位にceroを聞いた。久々に聴くと
とても良かった。若さを感じたというか、拙さ幼さが
あったので、その時分のキラキラした空気を
懐かし羨ましく感じてしまった。自分の少し若い頃
なんかも重ねてしまった。そう思っていたら奥さんも
ほぼ同じ事を言ったのでびっくりした。奥さんはそんな
感じのceroが好きだと言った。僕はどうしても都会的
洗練された音が好きなので、今はkashifとヒトミトイ
やなと言った。
家に戻る途中、スーパーのマンダイで買い物をしたのだが、
念の為にもう1本と例の焼酎を買おうとおもったら完売
していた。4日前はあったのにぃ。すぐに三田愛、酒好きの
Yさんに報告をしておいた。酒情報の共有。
焼酎は毎晩、風呂上がりにロックで1杯だけやっている。
口に入れて転がし、もぐもぐして鼻から空気を
抜いて香りを楽しみ、それから喉に流し込むのが
オレの作法なり。

夕方は保育園。O先生と奥さんが面談。戻ってきて
色々聞こうとしたら、マノちゃんがだめだめだめー
という感じだったので聞く事が出来なかった。
年中、4歳児の女の子はちかごろヤヤコシイ。
偉そうで、ワルイ言葉使いの時がたまにあるので、
真剣に怒る時も増えてきた。言っても折れなくて
言い返して来て、こちらが言葉に詰まる事もある。
同じ頃の陽ちゃんとは全く違う。夜にマノちゃんの
隙を見て面談の事を奥さんから聞いた。
ヤヤコシイ女の子の件、これは4歳の女の子に有る
べき成長過程なのだそうだった。ちょっとホッ。


PAGE TOP