・August 31, 2021hats千秋楽

IMG_4160.JPG

8月とHATSの最終日。
今回も沢山の方々に帽子をお届けする事ができた。
性別年齢問わず喜んでいただけました。
皆様本当にありがとうございました。
素敵な帽子を沢山作って頂いたTATAMIZE
八重畑さんにも感謝申し上げます。
ありがとうございました。
しかしこの一ヶ月ちょっとは毎日ノンキハットだった。
ノンキが頭の上に乗っていないと物足りない落ち着か
ないしっくりこないかんじ。マイ帽相棒って感じ。
hatsの夏場所が終了しましたが、ネバーエンディング
ハッツなので今後ともどうぞお楽しみに。
今日は次の企画のハナシなんかも。コロナ前に
言ってたやつがいよいよ。
しかし楽しかったな。HATS。

今日は開店前にダンボール片付け。かなりたまっていた。
いつもの如く、感慨深い気持ちになった。物を売って
生きているんだ。いつものリサイクルボックスの前には
大きなシボレーのバンが停まっていた。倉敷ナンバーだった。
アイビースクエアが頭に浮かんだ。
開店ちょっと前には則武画伯のアイテムの数チェックを
して報告。画伯は出先だったようだがストーリーに
長崎訓子さんの展示に行っていたのがあがっていたので、
いいですなと連絡したらイラストレーターならではの
コメントがいくつか返ってきて良い感じだった。
しかし東京は良いよな。こういう時ちょっと思う。
あと今日は本が届いた。いくつかは並べられたがいくつかは
無理だった。大きな本の平台が必要か不要かよくわからない
微妙な冊数で悶々としてしまった。数日かけて店内に
飲み込まれていくだろう。本が並ぶと売れるのが難しい
と思うけどやっぱりなんか良いよな。
自分でもいうけど幅広い品揃えの店だと思う。どやっ。
バーンみたいな店は他にないと思う。自分で言うとこ。


archive

PAGE TOP