・November 13, 2020たこうおのめ雑記帳

IMG_3183.JPG

さっき書こうと思って書き忘れていた。
今年は初めてのコロナ中なのだけれど、そこへきて
はじめて「タコ」「ウオノメ」を経験してしまった。
夏頃にモンベルのサンダルを買って気に入って
はいていたのだけれど、はきはじめた初日に小指の
少し下が痛いなぁと感じたのだが、そのうちに馴染む
だろうと気にしなかった。
というのも何年か前に同じくモンベルの鼻緒がある
ゾウリタイプのものをはいていたことがあって、
はいてすぐに鼻緒の部分が痛くなったのだが、
しばらくしたら馴染んでなんともなくなったことが
あったからだった。

何日はいても痛かったのだが、気にしなかった。
いや、やけに痛いなぁとは何度かは思ったさ。
それでサンダルを終了した先月頃急に足の裏に小石が
あるような痛みの感覚に見舞われてしまった。
足の裏のその部分を見てみると、500円玉くらいの
面積が鉄板のようにカチンコチンになっていた。
鉄板というのは大げさで、正直言うと超硬い分厚いゴム
みたいだった。
以前、同じような足のトラブルになった先輩の奥さんに
見てもらうと、ウオノメが出来ているということだった。
わっ!今まで遠い存在で、CMなどで見ても自分には全く
関係がね〜と思っていたウオノメが我がの足の裏に在る
という現実よ。この硬い質感。ちょっとショックだった。
力ずくで剥がそうとしたのだが勿論無理だった。
テンパっている自分をみかねた先輩が、これは芯を取ったら
楽よと言うので、爪で真ん中にあった硬い所を引っ掻いてみると
ぽろりと取れて、あの神経にジンジンくるような痛みは消えた。
記念にウオノメをとっておこうかと思ったのだが、息子が
すぐにどこかへやってしまった。石みたいなん自力で作った
のになぁ。強い痛みは無くなったのだが、違和感は有った。
そこでネットで調べてみるとウオノメがなくってからの状態が
タコだと分かった。

次はタコをやっつける戦いが始まった。薬によるケア。
1日1回薬を塗ってしばらく様子を見ていたのだが、
数日たってもまったくゴムは剥がれなかった。
先輩がくれた薬をよく読むと1日数回塗らなければ
いけないと書いてあった。先輩、あんたとったん
やないの?とびっくりした。人ごとやないか。
それで1日3回にした翌日の風呂上がりには、なんとタコは
ふやけてベロンといきそうな感じになっていたので
さっそくふやけた部分を匠に切り取ってみた。
ふやけている部分とふやけていない部分の境目がまた
ちょっと痛かったので匠の技発動。
足の裏を見ると一部の皮が完全に無なくなっているような
状態だったのだが、これもそのうちよくなるだろうと放置して
おいた。先週久々に足の裏をチェックしてみると足の裏は
綺麗に元に戻っていた。例の部分は気持ち硬かったけれど。
ていうことでね、合わない履物は無理してはかないこと、
それからタコの薬は1日3回は塗らなければいけないこと
をコロナ禍で学んだ。


archive

PAGE TOP