・January 15, 2020棚卸し

IMG_5972.JPG

昨日に続いて引き続き棚卸し。
残していた本棚あたりとバックヤード
家の在庫を数えた。ほぼバックヤードの片付けが
メインみたいなかんじになったのだが、綺麗に
なってとても良い感じ。綺麗な状態を保とうと思う
のだが、いつの間にか物で溢れてしまう。
昼ご飯は山を下りた所のゆうやへ。お母さんが
いらっしゃってご挨拶。麦ごはんとキムチ、
あと替え玉が無料になっていた。カレー粉が
なくなっていたので、カレー締めが出来ないのが
残念だったが、ご飯もキムチもおかわりした。
奥さんは久々のゆうやに美味しいと感動していた。
そやろそやろ。自分はいつものようにピリ辛つけ麺。
美味しかった。

ラーメンの後は夕飯の買い出しに向かったのだが、
車内では急に奥さんが「本屋さんは難しいのねぇ」
と言った。どないしてん急にとびっくり。
朝のニュースで京都の四条通りにあるジュンク堂が
閉店するというのを知っての言葉だった。
彼女は高校生の頃、そのジュンク堂の上に有る
予備校に通っていたそうだった。予備校では
今も親交のあるKちゃんと出会ったとも言っていた。
本も買ったり、チラ見したこともあっただろう。
なんとも寂しそうだった。こういう閉店の事は
三月書房のメルマガに書かれるなぁとぼんやり
思ったので、そういや最近読んでないぜと帰って
からホームページにアップされたメルマガを見たらば、
閉店に向けてと書かれた文章が頭にあってやややと
なってしまった。三月さんには長いこと行っていない。
5年位前に京都のお母さんの自転車を借りて、
ヨウちゃんを子供用シート(三田からわざわざ
持って来た)に乗せて、大宮から漕いで行った
のが最後だと思う。入口左にあるおすすめ本用の
ガラスケースには、今は何の本が入っているのだろう。

子供達が帰ってきてからは本屋へ。
ヨウちゃんがこのところ、鬼滅の刃にはまり
たおしていて、アマゾンでアニメの最新話まで
見たので、その先を見たいとコミックを買いに。
なので7巻から買うという。鬼滅の刃は僕が
見てもとても面白い。ヨウちゃんはハマると
くびったけになるので、お風呂でも「柱が」
とか「弐の呼吸が」とか「血鬼術が」とか
言っている。主人公の炭治郎はとても良い
やつなのでそういう良い部分を見習ってもらおう。


archive

PAGE TOP