・May 14, 2019ぶりとひらまさ

IMG_8973.JPG

ヨウちゃんとマノちゃんとほぼ同じ時間に
京都へ出発。開店祝の本棚の配送。
目指すは左京区のバヒュッテ。
家を出ると、丁度子供達が集団登校開始という
タイミング。僕と奥さんに気付いたヨウちゃんが
珍しく手を振ってくれたので、嬉しかった。
自分が彼位の頃は親が見ているのが恥ずかしくて
手なんか振らなかったと思うのだが、彼は嬉しそうに
手を振ってくれたのでめちゃんこ嬉しかった。
ぐらぐらきたね。おれたち良い育てをしてるん
やない?自分で言うなよな。マノちゃんは僕らに
気付いていなかった。

いつもの猪名川、能勢、亀岡と抜けるコース。
特に変わりはないのだが、田植えをしている
風景が眼にはいってきた。濃い緑と水田の
風景は清々しくてとても気持ちが良かった。
我が家は来週だぜ。田植機には軍の不要な鞄
やテントなんかおきっぱなしなので片付けな
ければ。10時過ぎにバヒュッテに到着した。
本棚を置くと良い感じだった。狭くなっちゃう
かなと思っていたが丁度良かった。
外の屋根のあるスペース。どんな本のコーナーに
なるのかな。彼らに使ってもらえて光栄だ。
清野君は本屋仕事だったので、奥さんのイクミ
さんと少しだけ喋った。開店に向けて値付けを
しているそうだった。先月行った時と比べると
物が陳列されていて店っぽくなっていた。
ハザード路駐だったので、バヒュッテの外観と
内観をさーっと眼に入れて、イクミさんに
バイバイした。そのまま車を北に走らせて
くるっと回って北山に降り、そのまま上賀茂
のボルツへ。急に行ったので、マサヤヨイさん
たちは驚いていて良かった。こういう驚かせは
楽しいよね。しばらく喋っていたら、左手の
薬指に結婚指輪が無い事に気付いた。
急にやばいぜとなって心が上の空になって
しまった。ほんとうは近くの今井食堂で鯖煮
を喰らって帰ろうと思っていたのだが、
それどころやないぜと2人に挨拶をして
すぐに三田に戻る事にした。運転席にすわると
ヤヨイさんが美味しそうな海外のお菓子を
これどうぞと持ってきて下さった。これは
なんだか姉さんが持たしてくれたって感じ
がしてものすご嬉しかった。ありがとうございます。

運転しながら冷静に考えていると、普段何か
作業をしている時に指輪が落ちた事が無い
ということ、寝ている時に無意識に指輪を
外した事がこれまで5回程あったので、
これは寝床説が濃厚だと強く思うようになった。
そう思った途端に急にお腹が空いてきた。
帰り道には木器亭。しかもお昼時を過ぎていて、
すっと入れるパティーン。オオサカ峠を
抜けたあたりでもうのれんをくぐることが
決まっていた。以前に食べてとても美味し
かったぶりとひらまさの定食とあと、調子
にのってクジラのお造りを単品でオーダーした。
滅多にこれないんですもの。どちらもとても
とても美味しかった。旨味しかなかった。
クジラはカロリーゼロなんじゃないかという
くらいのあっさりとした赤身だった。
獣の感じもまったくなかったぜ。海のジビエ。
美味しかったなぁ。でもかなりあっさりして
いるので、定食となった場合にご飯と合うの
だろうかと思ってしまった。てか自分の方から
合わせて美味しく食べるよね。
家に戻ると慌てて布団に直行。
枕をどけたが見当たらず。掛け布団をめくって
みたが無かった。おいおい。ドキドキしてきた。
敷き布団を持ち上げてみたら何か落ちた音がした。
見たら愛しの指輪ちゃんだった。ホッ。
愛の証が見つかって良かったぁ。ものっすごい
嬉しかった。すぐに朝陽さんに連絡して、
お騒がせしましたと謝った。てへ。これからは
毎朝指輪チェックせんならん。
店で仕事をしていたら清野くんから御礼の
連絡があった。オープンまでがんばってくだせぇ!

バヒュッテインスタグラム↓


archive

PAGE TOP