・February 13, 2019tokyo2

bs14115.jpg

2日目。8時過ぎにホテルをチェックアウトして、
浅草を散歩。浅草寺に向かう途中、浅草寺を横切ろう
としたお姉さんが突如止まって90度右に向き、
200m先の浅草寺にむかって一礼をしてすぐにまた
90度左に向いて歩いて去って行った。
お姉さんは小さい頃からずっとそうしていたのだろう。
そういえば前々回に来た時、小学生達も頭を下げていたな。
お寺の存在感。拠り所感。なんかええなぁとなった。

船で日ノ出を目指そうと思ったが、時間がもったい
なかったので、電車で向かった。
開場と同時に入った。初出展の某ブースに突撃。
Mさんは色々整っていなかったようで面白かった。
きっと前夜のメーカー同士の親睦会が盛り上がった
のだろう。ヘルプのスタッフの方に「さっきはもっと
ひどくて、だるまみたいになってましたよ」と
言われていた。色々見させて頂いたが、
「またもっていきますわ〜」という感じで次に行って
欲しそうだったのが面白かった。慣れない展示会初日
のドアタマですもの。
続いて、2Fの一番良い奥の院に向かった。
部屋の前でディレクターのTさんに出会った。
いつもシュッとしてらっしゃる。随分前の奥さんが
京都アンジェの店長時代、Tさんが1Fに納品に
いらっしゃっていたそうなのだが、スケーター
みたいで爽やかオシャレでアンジェガールズに
人気があったそうだった。分かる気がするぅ。
お若い時は可愛かったと思うな。
当店担当のNさんは先客がいらっしゃったので、
前前担当のTさんに色々と説明をして頂いた。
前担当のSさんもいらっしゃったので、バーン
卒業生2人と現役1人という編成はなんだか
安心感があった。新作ではアクセサリーがたくさん
あった。メーカーのイメージに無かったのでびっくり。
綺麗でクオリティが高かったが、当店には海外作家
さんのものがあるので、価格とデザインのバランス
を比べると手が出せない感じだった。丁度、海外
オーダーを久々にかまそうと奥さんと話をしていた
ところでもあった。
あといつもの如くTさんがドリップして下さったコーヒー
は美味しかった。これは好きなイルガチフェじゃん!と
静かにテンションが上がった。ディモンシュの豆だそう
だった。そういえば昨年ベンリ師匠にクリスマスブレンド
を頂いた事もあった。雑貨屋、雑貨メーカーとディモンシュ。
帰り際には担当のNさんと少し会話が出来た。ヤナモン
というフレーズが出ていた。

bs14116.jpg



bs14117.jpg

昼過ぎに原宿へ。おいおい何年振りだろうってかんじ。
とぼとぼ歩いていくと住宅街の中にレンタルスペース
が見えた。取引先はそこの3Fで展示会をしていた。
輸入もののスニーカーとか洋服が並んでいた。
過去最高に気合がはいっているとのこと。
インナーダウンが良い感じ過ぎてグッときてしまった。
こちらも担当のNさんは接客をされていたので、
帰り際にいくつか会話させて頂いた感じだった。
ここでもヤナモンというフレーズが出ていた。
連続だったので面白かった。彼は二日後あたりに
僕と同じように展示会にやってくる予定だった。
Nさんが入社してからはびびる位に営業に来て
下さっている。春のうちに三田で呑みましょうと話をした。
ここでもう三田に帰ろうかと思っていたのだが、
元裏原ボーイのオレは久々の原宿にテンションが
上がってきたので、ノリタケさんに会いに行こう
と合同展示会に向かった。うすうす感じていた
のだが、ノリタケさんは不在だった。
仕方が無いのでスタッフの方に名刺とあとあるブツ
を渡しておいた。新作は動物の絵はキャッチーで
売れそうだった。好きな詩をポスターにしたものは、
なんだか格好つけた感じがしたので、格好つけて
きたなと難しい事してぇと言ったらスタッフの方
は笑っていた。
会場では前職のKさんとばったり。4歳の娘さんを
京都に残しての2泊3日だそう。心配そうにしていた
が4歳女の子はだいじょぶだぁと言っておいた。
帰り際、ロープで編まれた巾着が眼に入った。
良い感じだったがブースには人が居なかった。
隣りのブースの方が優しい方で電話で連絡を取ろう
として下さったのだが、縁がなかったんだぜと思い、
「大丈夫ですわ。ありがとうございます。」と
連絡するのをやめてもらった。

ノリタケさんに会えなかったので、マジカルの様子
でもみに行こうかと青山で開催されている合同展
にも向かった。途中、ブランドセコハン屋さんが
街灯で「ゴローズも●●もあります〜」とプラカード
を持って立っていた。ゴローズが懐かしくてキュン
ときてしまった。人気今だにギンギンやん。
ハタチ頃にゴローズで革ブレスを買ったもんね。
青山の展示会場は人が多くて、狭くて暑くて
しんどかった。空調はクーラーにしとかなきゃね。
ぐるぐるまわって、マジカルの小寺さんを発見
したが、接客中だった。しばらくぐるぐるして
もどっても接客をしていた。うしろでしばらく
彼の接客を見守り、噛んでないな、挙動不振じゃ
ないなヨシ!大丈夫だ!グッドラックマジカル!と
心の中で熱く思いその場を後にした。
なんか人に会えてないでとなったので、最後に
ユトレヒトに突撃した。ドアに入って岡部さんに
「まいど!」と言う算段。青山からは10分ほど。
途中にすごい変わった施設みたいな建物が眼に
入った。通り過ぎて右に曲がり、また右に曲がって
しばらくするとその家の反対側に出た。
植物が生い茂り、その辺りにいる鳥という鳥が
集結しているような鳥の鳴き声の大合唱が聞こえてきた。
フラワーなんとかって書いてあって、あ!あの
方のおうちだったのかと分かった。以前にちょろっと
聞いたことを思い出した。ユトに突撃すると残念
ながら岡部さんはいらっしゃらなかった。
宮城さんが店番をしていた。僕の事は忘れている
だろうと思って、30分ほど本を選んだ。
お会計の時におひさしぶりですと言うと分かって
らっしゃったようだった。宮城さんにブックリスト
の手配と、岡部さんによろしくお伝え下さいと
お願いした。
帰り、表参道の駅に向かう途中、地図にとある
ショップの名前が出て来た。ここやないかぁと
通り過ぎる時に見上げると、当店の常連の
ヒゲのMさんと眼があった。Mさんは下まで
降りてきてくださって、笑っていた。
東京で会えるってうれしいよね。いくつか
会話を交わして駅に向かった。

新幹線の予約は東京駅に着く途中の
赤坂見附あたりで行った。スマホひとつで
あっというま。すごいね。直近のものだったので
嵐のようにおみやげを買い込んで新幹線に乗った。
19時過ぎに三田に戻った。大阪駅あたりから
華吉のくらげの酢の物が食べたくなってしまった。
奥さんの許可も出たので、三田駅から喜び勇んで
華吉に飛び込み、クラゲ、ウィンナー、青菜炒め、
ビーフンをパクチーチューハイ&ドラゴンハイボール、
生中とともに胃袋に入れて、バスに乗って家に帰った。
部屋に入ると、奥さんとヨウちゃん&マノちゃんは
パソコンを見ながら本気でUSAを踊っていた。
凄いパワーだった。寝る前にはノリタケさんから
メールが来た。ノリタケスタッフから僕が面白い人
でしたと聞いたそうだった。原宿で爪痕を残せて
良かったな。

bs14118.jpg



bs14119.jpg


archive

PAGE TOP