・February 26, 2019Tuesday

bs14125.jpg

火曜日。平日なので油断していたら、ご常連さまの
あの方この方、近隣ショップの方々、お取引先様、
岡山の弟ユウジ君夫妻がこられて、珍しくてんや
わんや。昼過ぎから途切れる事無く、ホッと一息
ついたら閉店前だった。明石家さんまばりにしゃ
べったような気がする。
皆様ありがとうございました。

写真は前日のインスタで使おうと思ったのだが
石原軍団からなにか連絡があったら怖いから
使わなかったやつ。H TATIの写真。
レジの後ろに無造作に置いていたのだが、
格好良いよね。まるでNEW.のカタログの写真
のようだ。
TATIさんが若い頃は確かポカリスウェットのCM
をされていたと思う。当時は500mlのペット
ボトルなんてなくて、ブラックバスの口みたいな
広口の瓶しかなかった。
小学校の4年生だったか、夏休みに三田から
四国まで父親と自転車で旅をした事があった。
記憶は途切れ途切れなのだが、とにかくしんどかった
事を覚えている。へろへろ状態で淡路島までたどり着き、
どこかの食料品店で瓶のポカリをがぶ飲みして
命が助かったぁ!というのが強くのこっている。

父親は21段変速の自転車で、僕は6段変速の
当時流行った自転車だった。サドルとハンドル
の真ん中にレバーがあるやつ。小学生の自分でも
マシンに差があると思ったなぁ。
お陰でフェリーには乗り遅れてしまい、
大鳴門橋を使おうとしたが、自転車で橋を渡る
事ができないと判明。ヒッチハイクをして、
おじさんのトラックに自転車と僕ら親子を
乗せてもらった。トラックは今走っていない
前が長いタイプのものだった。嬉しかったなぁ。
四国に上陸したら、後から来るまでやってきた
母親と妹と合流して、どこかの浜辺でキャンプ
をした。風が強くてテントが半分位になっていた。
TATIとポカリと自転車旅行とワタシ。

archive

PAGE TOP