・May 15, 2018DOOR HARP

bs13762.jpg

・DOOR HARP  ¥18000+TAX
Made in USA

昨日の夕方は久々にヨウちゃんの耳鼻科。
2、3歳の頃はガチャガチャして元気で大変だったが
えらいもので今は静かに淡々と名前が呼ばれるのを
立って待っていた。
診察の際にも「●●です。」と敬語を使い
自分の症状を先生に伝えたのでびっくりしてしまった。
敬語は通っている小学校で上級生達が使っているので
自然と身に付いたのだろう。
久々に出会った看護師さんには「背が大きなったなぁ」
と言われてはにかんでいた。治療にはひっさびさに
「ラッパ」が行われた。小学3年生らしい落ち着いた
ラッパで良い感じだった。これはラッパと言った瞬間
に鼻から空気を注入するやつ。多分耳の中のマッサージ
みたいなもの。
先生は70歳くらいなのだが、僕の叔父と通っていた
幼稚園が一緒だったというのが先日判明した。
ヒーバーズが耳鼻科へ行ったのだが、帰って来た時に
そう言っていたのだ。幼稚園の頃と顔が変わらないとも
言っていた。なんかすごーい。僕には先生の幼稚園の
頃の顔が浮かばないなぁ。

今日は日曜に旅立ったアメリカのドアハープが再入荷。
調子に乗ってライトな色目のものも仕入れてみた。
インスタグラムではその音色もご紹介。
取引先のNさんが日本で一番最初に売れたんじゃない
ですかとおっしゃっていて嬉しかった。やったね。
そういえばこのお取引先の元ボスであるWさんを最近
お見かけしていない。以前にWさんがおっしゃった
「雑貨屋は片付けの仕事やな」というフレーズがこの
ところヤケに心に響いている。片付けなければいけない
事がめちゃくちゃ多い為なのだけれど。売上が上がって
いる!?からの仕入れ過多?体力が落ちて来ている?
色んな理由があるのだろうけれど、とにかく
「嗚呼、本当に片付けの商売だなぁ」と唸っている。
とりあえず、Wさんが久々に来てドカーンと何か
買うてくれまへんかな。

あと、レアな米軍エフェクトバッグ。
締める時に絶望的な硬さなのだが、少し馴染んで来る
という事が判明。ということでそのPR動画を
インスタグラムにアップしております。
アメリカの感じを想い、自撮りで独り寂しく
撮影したものなり。
奥さんがエラい受けていたのだけれど、皆さんにも
愉しんで頂けて良かったなぁ。こういうチャンネル
も雑貨屋には必要なんだ。


archive

PAGE TOP