・February 7, 2018Tokyo

bs13312.jpg


bs13311.jpg



bs13298.jpg

水曜。店休日。そんでもって年2回ある東京出張
の冬の陣。朝は6時に家を出て歩いて新三田駅まで。
ウールセーターにウールオーバーオール、
その上からキルティングベストを着て、足元は
ダナーをはいてゴリキメ。国道の温度計が−9℃
を指していたがなんとか。先週は−12℃だった
ので驚かないぜ。
新大阪ではいつもの改札外の蕎麦屋でダシ巻き
玉子定食。これを美味しく食べる為に歩いたと
言っても過言ではない。いつものように美味し
かった。この店はJRの職員の方もよく来ている。
ひとりの方がダシ巻きについている大根の量を
多めにオーダーしていた。これは次回真似する事。

bs13299.jpg



bs13300.jpg



bs13301.jpg

11時頃に品川着。新幹線では今回おれの3列シート
真中に人が来ない伝説が終了。2時間程縮こまった。
品川〜新橋をJRで移動し、ユリカモメに乗り換えて
日ノ出へ。快晴で海がとてつもなく綺麗だった。
改札の外の自販機でお茶を買って、海を眺めながら
速攻で1本飲んだ。ふと見ると、水上バス乗り場の
案内があった。近いんだと思ったのと、そういえば
何年も前にベンリ師匠が水上バスでビッグサイトに
上陸したと携帯からブログを更新していたのを思い出した。

展示会場ではいつものメーカーさんにご挨拶。
あれひっぱってくださいなぁと言ったイギリス輸入ツール
が並んでいて嬉しかった。
それからSETTOのディレクター安藤さんとばったり
出会ってなんだか嬉し恥ずかしい感じ。
SETTOの商品が少しだがあるメーカーさんのブース
に出ているのだ。オリーブの上着を着た安藤さんと
少しだけお話して、物探しを再開した。
当店ご常連のお客様・奈良のTさんの友人である
Kさんのブースがあったのだが、3回トライしても
商談中であああーんだった。もう仕方ないぜと心の中
でつぶやきビッグサイトへ向かった。

駅でふとさっきの水上バスが気になった。
時間を調べたら出航の6分前。間に合わなかったら
モノレールに乗ればいいかと急ぎ足で船乗り場へ向かった。
到着すると、船がブロロ〜とエンジンを吹かして
いるところだった。拡声器を持って案内をしている方に
「間に合いますか?」とお聞きしたら「大丈夫です!待ちます!」
とハートフルなお言葉が。音速で乗船券¥410を購入して
船に飛び乗った。意外と安かった!
船内にはお客さんが3人しかいなかった。船の一番後ろの
松方弘樹が釣りをするゾーンに陣取り、海風とエンジンの
大きな音、匂いに感じ入りながら海男になる事30分で
ビッグサイトに到着。ジュビリーありがとう。
上陸感があって良い。ミッション開始だ。本丸の巨大展示会に
行く前に、別の合同展示会に突撃した。はじめて。
2社程お取り引き先さんが出展されていた。
1社にはしっかりとご挨拶をして、もう1社は商談中だったので、
さらりと物だけチェックをした。戻る途中に以前から気になって
いたアウトドアもののテーブルとベンチを発見。
以前気になっていたものの仕入れ値が高過ぎたので導入を
見送っていたやつ。商人らしく掛率とロットを音速で聞いたら
いけるやないかというものだったので、担当の方に名刺を
お渡してカタログをゲット。仕入れたいぜ。
会場は暖房が効き過ぎて、もの凄い暑かった。汗が出て
物を見る気力が失せてしまった。皆暑そうだったよ。
本丸の巨大展示会は予想通り、当店の筋のメーカーは
先週に大半でていたので、見るもんなしという感じ。
わかっていたんだけれど、うううーん。2時間程心が
無の状態で歩き回ったが史上初のカタログ入手数1枚
という結果に終わった。

bs13302.jpg



bs13303.jpg



bs13310.jpg

夜は松野屋のボス・松野さんと一杯やる予定だったので、
浅草に向かった。本当は文化屋雑貨店の太郎さん、
ベンリ師匠も一緒の予定だったのだが、お二人は
残念ながら不参加となってしまった。
前回はユリカモメで新橋に行き、そこから地下鉄で
向かったのだが、今回は水上バスでビッグサイトに
上陸した際に、「浅草へ行かれる方は日ノ出でお乗り換え云々」
という放送を小耳に挟み、「まじか!!」となっていたので、
水上バスで向かう事にした。船の名前はリバータウン。
浅草には1時間程で到着した。電車よりかは時間が
かかったがもの凄い良い気分。日ノ出から浅草に向かう時に、
売店係の人が注文を聞きにきたので、生ビールをお願いした。
隅田川で仕事終わりの一杯は最高に美味しかった。
収穫が無くても美味しかった。船内では右手に見えますのは
な放送も流れてふむふむ。観光観光。色々な橋をくぐって
浅草を目指した。なんというかこち亀感があった。
浅草で下船すると、目の前にアサヒビールのスタルクデザイン
の金色のウンコとスカイツリーがどーんと見えて、オノボリさん
はテンションが上がってしまった。

ホテルにチェックインして、シャワーを浴びて
松野さんと待ち合わせの時間まで浅草界隈を徘徊。
ビルケンのサンダルをこの時の為に持ってきていた。
はいた瞬間にこなれた浅草の市井の人になれた。
昨年はみぞれが降っていてエライ天気だったので
ビルケンをはけなかった。
去年連れていってもらった店や歩いた通りをまた
一通り歩いた。良さそうな食べもの屋さんが1000軒位
ある感じでうへぇと唸った。
雷門で時間通りに松野さんと合流。
「ファンキーにいきますか?」「はい!」
ですぐ近くの神谷バーへ。
名物のデンキブランを初めて呑んだ。ベンリ師匠から
1時間程まえに「デンキブラン呑んで下さい」という
メールをもらっていたのでよっしゃ!だった。
冷たくて甘いトロリとした液体は、すいーっと喉を
通り過ぎて胃袋へ入っていった。チェイサーは生ビール。
あとカニクリームコロッケ、鶏肉の香草焼き、
キュウリの漬け物、ホタルイカの沖漬けを食べた。
どれも美味しかったなぁ。
神谷バーはとても賑やかで、歴史のある酒場&食堂
といった雰囲気で愉しかった。年齢層が高いのもとても
良かった。松野さんからはここで経験した面白ハナシ等
色々聞かせて頂いた。元気なご老人が多い感じ。
その他、太郎さんが最近人と人をつなげている事
だったり、植草甚一の甥っ子さんの事や、フランクロイド
ライトの弟子の助手だったおばあちゃんの事、最近東京に
出来たおしゃれショップの事、雑貨業界全般の事など
いろいろお聞きした。ハナシの中で、時代時代に
その時代を象徴するような店が地方に必ず出て来る
というような事をおっしゃた。当店もその一つだと言って
下さりもの凄く嬉しかった。ハナの穴が開いてしまった。
はじめて当店に来られた時に「雑(貨屋)の匂いがするなぁ」
とおっしゃっていた事を思い出した。
あと、松野さんから「作用」とか「気づき」という
なんだか近年よく目にするフレーズをはじめて言葉
で聞いた。この言葉がつかえるのは60歳以上からだなぁ。

2軒目は地下が面白いというので、これまた近くの
地下街に。中古DVDのパッケージ無しのものや
その他雑貨を激安で販売している店や、タイ料理、
ベトナム料理、コーヒー屋、日本酒専門、忍者バー、
スケーターショップ、印刷屋があった。
松野さんは看板のフレーズや店の並び、トイレ等
面白い所をツッコミながら紹介して下さり面白かった。
一番駅に近い中古DVD屋で長いハサミ280円、
温度計200円を購入した。僕のツボポイントは
セガール推し。買い物したあとはその前の焼きそば
福ちゃんで名物の焼きそばを食べた。具は少なめで
旨油でコーティングされた濃い茶色の焼きそばは
ただただウマかった。瓶ビールにジャストフィット。

3軒目は昨年も行った生演奏が聞けるHUBへ。
ノーチャージになるまで20分程あったが、はいりま
しょうと突撃。舞台の前の席に案内された。
人生で2回目のジントニックを呑んだ。アテはピクルス
とポテトのなんか美味しいの。ポテトにアンチョビと
ニンニクとマヨネーズをかけてオーブンしたようなやつ。
演奏していたバンドはクラリネットがメインで、とても
気持ち良い音色だった。あとバンジョーもウッドベースも
ドラムも素敵だった。ピアノもあったがあんまり印象に
なかった。。。バンドの演奏が終わり頃合いだったので、
松野さんとはここでお別れした。ありがとうございました。
時間が少し早かったので独りで浅草を徘徊。
意外と営業終了した店が多かった。残念。じゃあ大通り
沿いにあるすしざんまいに突撃。回転やなかったのねぇ。
板前さんに赤身やタイ、こはだ、アナゴをお願いした。
日本酒はすしざんまいオリジナルのを2合。
寿司をパクパク、日本酒キュッで締めた。滞在時間は
20分程。そしてセブンイレブンでカフェラテを買って
ホテルに戻り屁をこいて寝た。

bs13304.jpg



bs13305.jpg



bs13306.jpg



bs13307.jpg



bs13308.jpg



bs13309.jpg


archive

PAGE TOP