・November 27, 2017Barn fatigue pants

bs13139.jpg



bs13121.jpg



bs13135.jpg



bs13122.jpg



bs13123.jpg



bs13124.jpg



bs13127.jpg



bs13125.jpg



bs13126.jpg

・Barnshelf original「Barn fatigue pants」
SIZE : XS  S  M  L  XL
COLOR : OLIVE  /  INDIGO(limited color)
PRICE : OLIVE ¥16800+TAX  /  INDIGO : ¥17800+TAX
(Made in Okayama)

XS ウエスト74 ヒップ100 股下75
S ウエスト80 ヒップ108 股下76
M ウエスト86 ヒップ116 股下77
L ウエスト92 ヒップ124 股下78
XL ウエスト98 ヒップ132 股下79
※洗濯により、OLIVEは約1センチ、INDIGOは
約2センチ程収縮します。

到着を待ち望んでいたバーン軍パンがようやく入荷。
嬉しい嬉しい嬉しいなぁ。
奥さんは開梱するなり、「わぁ素敵!」と言っていた。
色々と報告はしていたものの、基本的に好き勝手して
いたので、その声を聞いてホッとした。こういった時の
彼女の素敵という一声は物の売れ行きに繋がる事が多いのだ。
今回もいつもの三田愛があるパタンナーNさんを中心に、
これまたいつもの岡山の老舗の生地屋さんに生地をご提供頂き
(今回染色も)、そして倉敷児島の老舗の縫製工場さんに
精魂込めて裁断&一本一本縫い上げて頂いた。岡山バンザイ。
ちなみに縫製工場のボスTさんと生地メーカーのIさんは
学生時代の野球部の先輩後輩という間柄だ。とても熱いなぁ。

パンツの型はアメリカ軍が40年代から80年代
あたりまで使用していた作業用パンツ・ファティーグ
パンツを当店流にアレンジ。通称ベイカーパンツと
呼ばれているもの。
初めて出会ったのは15年程前だっただろうか。
大阪のMASHでアメリカ軍のオリジナル、他の軍物屋さん
でレプリカを購入して調子を出して楽しく履いていた。
その後くらいに、国内の洋服ブランドがこの型のパンツを
リリースして一気に広まったような印象がある。
またアメリカ産のスタンレーのものも定番で流通していた
ので、オリジナルを作るまでもないかなぁと思っていた
のだけれど、昨年、当店ご常連の軍物がお好きなHさんから、
次は軍パンをぜひお願いしますという言葉を頂き、ハートに
ぐんと火がついてしまった。
カーゴとか、オーバーパンツ系とか何が良いか色々と考えたが、
やっぱりファティーグが一番良いよなぁとそれを作る事に決めた。
当初はヘリンボーンのライトな生地でと思っていたのだが、
いつもの岡山の老舗生地メーカーさんから、ものっすごい素敵
なモールスキンの生地をご提案頂き、価格を知る前にこれで
いきますわと鼻息荒く決定してしまった。

生地自体は古いフランス軍のモールスキンの生地が
再現されたものだ。もともとの生成りのナチュラルカラー
をアメリカ軍のオリーブカラーに染めて頂いた。
自分が一番最初に入手した50年代のファティーグパンツ
をサンプルとして送りその色にしてもらった。
モールスキンは名前が指すようにモグラの毛皮という
のが元々の意味なのだが、生地がそれに似たような
肌触りの良い質感なので、同じように呼ばれるように
なったそう。高密度で厚みがあるのだが、起毛されな
がら織り上げられているので柔らかい。
到着して数日履いているが、馴染んで来る感じが
とても良くて、毎日笑顔になっている。
丈夫でしなやかで、風合いも良くて本当に素晴らしい生地だ。
モールスキンみたいな男になりたいものだ。違うか。
当初、縫製工場さんは厚みがある為、縫製が難しい、
出来ないという事をおっしゃっていたのだが、なんとか
取り組んで頂き、仕上げて下さった。
いつもの事ながら仕上がりは本当に綺麗で感動する。

パンツのデザインはアメリカ軍のほんまもんに勉強
をさせてもらいながら、自分が好きなスウェーデン軍の
パンツのシルエット、フランス軍のパンツのディテール
を参考にさせてもらった。デザインと素材の大枠が決ま
っているので、フラップやタブの裏地の色、ファスナー
の布地の色、ボタン等楽しく悩みながら決めた。
基本的には軍パンがテーマなので、野暮ったさを中心に
据えながら、強さ、逞しさ、品というワードをNさんと
共有しながら具現化していった感じ。

ファティーグパンツを今までシャツインして着用
する事がなかったのだが、これはウエスト調整のタブが
チラ見えすると良い感じなので、シャツインのベストという
スタイルがおすすめ。あと、先にリリースしたカットソー
ともぴったり。
また、インディゴカラーは生地の都合上、一回限りの生産
という限定カラーなり。気になる方はお早めに。
販売価格は、当店の利益を下げて買いやすく設定した。
原価からすると2万越え設定が通常なのだけれど、
やっぱり買いやすいのが良いですわね。
軍パンの粗野な雰囲気と高品質な生地、それから
僕の軍愛が融合してとても良い物ができたぞーい!
年を越したいので皆さん買ってネ!

bs13128.jpg



bs13129.jpg



bs13130.jpg



bs13131.jpg



bs13133.jpg



bs13136.jpg



bs13134.jpg



bs13137.jpg


PAGE TOP