・July 22, 2017納涼大会

bs12816.jpg

閉店後に納涼大会へ。
毎年、お店としてこのお祭りの事業協賛者と
して協力している。納涼大会のパンフレットには
製材所や動物病院等と一緒に当店の名前も密かに
並んでいる。アルファベット表記の店名は当店だけだ。

市内でも後ろから2番目という生徒数の
小学校なのだけれど、いつも結構な賑わいでとても
良いお祭り感がある。会場に到着すると花火が終了した
頃で、ランバダの日本語歌詞バージョンがBGMで流れて
いてなんとも懐かしいような切ないような気持ちになった。
奥さんを探すと、ポテトフライの屋台の所に
他のママさん達と一緒に係として居た。
閉店作業をしていて、皆さんおつかれさまでしたな
雰囲気だった。ヨォとだけ声をかけた。
とちあえずマノちゃんを探したが、なかなか見つから
なかった。ヨウちゃんは汗だくでちょろちょろとして
いたので、マノちゃんはどこかと聞いたのだが、
想像通り「知らない」と答えた。
暫くブラブラしていたら、つちのこ栗農園
のMちゃんが僕の所に。なんと。なんでいるの!?
ととてもびっくり。彼女はマノちゃんが居る場所を
教えてくれた。そこに行くとMちゃんの旦那さんの
Hくんも居てやぁやぁ。ちなみにH君は中高の
後輩だ。昼間、奥さんと子供達はモスバーガーで
つちのこ夫妻とばったり出会っていたので、
昼も夜もつちのこった感じ。もひとつちなむと
つちのこ夫妻は僕の妹とマブダチ。

しばらく団らんしていたら、最後のお楽しみ
抽選会が始まった。
2年前、ヨウちゃん特賞の大きな水鉄砲を
ゲットしていたが、今年は何にも当たらなかった。
残念。ヨウちゃんのクラスメイトのA君とJ君は
3等か4等が当たっていた。良かったねぇ。
抽選会が終わると、子供達&ばあちゃんと家に
帰った。マノちゃんは靴ズレしたようで抱っこ
してと言うので、家まで抱っこで帰った。
彼女は20キロあるのでなかなかだったが、
祭りで疲れた子供を抱っこするのも良い風情と
いうか、祭りの余韻感があって良かった。
なんで靴下をはかなかったの?と聞いたら、
裸足ではく方が可愛いもんと可愛く言った。
4歳の足元のタシナミにそりゃそうだねぇと
答えることしか出来なかった。

bs12817.jpg


PAGE TOP