・May 30, 2017別人帳

bs12678.jpg

・別人帳 ¥600+TAX
文 いつか床子
表紙イラスト のむらあい

あなたの今日これから(あるいは近日中)の一日を、
「最良の一日」になると仮定して教えてください。
フィクションを交えてくださって構いません。
起こりうる範囲での理想や希望を交えて、
ご自由にお答えください。
なお、個人的な興味により、食べるものについては
執拗にお伺いします。

******************************

素敵なリトルプレスが到着。
上記のテーマに即して、作者のいつか床子さんが、
様々な職業の人達にインタビューを行い本にしたもの。
漫画家や編集者、デザイナー、学生等、総勢13名
それぞれのこれから起こる、なんてことのない、
でもちょっとうまくいったいつもの一日が収められている。
また、のむらあいさんというイラストレーターによる
表紙の絵は、懐かしいような新しいようなタッチで、
この本をより魅力的なものにしている。

目次にはそれぞれの一日に出てきた食べものの名前が
タイトルとなって並んでいて、どれもに興味をひかれて
しまった。メニューから選んだ先にあるそれぞれの一日は、
現実と理想のはざまならではの独特の浮遊感があって、
それは拠り所が有るようで無いようで、でもなんだか
とても親近感を感じる営みだった。読んでいる間はその人に
なったような感覚にもなった。

作者のいつか床子さんからコンタクトを頂いたのは10日程前。
本の詳細、本文サンプルを頂いて、すぐにお取り扱いしますと
お伝えした。2回目のキャッチボールの時に床子という名前や
普段何をされている方なのか、あと本が生まれた
バックボーン等を色々と聞いてしまった。
床子さんはそわそわされたものの、ご丁寧にお教え下さった。
いつかお会いしたいな。

営業用の資料には彼女の本への想いが素敵な言葉で
綴られている。

「どこの誰かはわからない。存在しない人のように思えるけれど、
存在している人。
新幹線で追い越してしまう、知らない町の知らない部屋に住んでいる、
知らない誰かとすれ違う本。
どうか書店で、車窓ですれ違うように出会ってほしいと思っています。」

携帯電話やSNSの発達で人と人の距離が近い今の時代だからこそ、
この本が発する意味や魅力を強く感じる。

bs12679.jpg


bs12680.jpg


bs12681.jpg


・May 29, 2017本日29日(月)臨時休業です。

bs12677.jpg

誠に恐れ入りますが、本日29日(月)臨時休業
となります。
ご迷惑をおかけ致しますが、何卒宜しく
お願い申し上げます。

・5月29日(月)→ 臨時休業


・May 27, 2017運動会

bs12676.jpg

店の開店時間少し前まで小学校へ。
陽ちゃんの運動会。マノちゃんの保育園は参観日
だったのだが重なってしまって残念。
今年から奥さんは小学校のPTAで2年生の広報を
することになったので、色々大変そうだ。
運動会中は左上に広報の腕章を付け、縦横無尽に
動き回り、撮影をしていた。明日、明後日はきっと
筋肉痛になるだろうってくらい。おつかれさまです。
陽ちゃんの演目を見る事ができたのは、全校生徒の
体操、リレー、玉入れだけだった。メインともいえる
エイサーを見たかったが時間的に無理だった。残念。

全校生徒が100人も居ないので、相変わらずほの
ぼのした感じだった。空は青く晴れわたり、視界の
180度程は遠くに山が見えてとても良かった。
僕らの地区の観戦席の隣は体育委員をする高学年の
小学生達が居たが、先生に敬語で会話して、ビブスや
バトンの用意等キビキビと行っていた。
僕の時は敬語はなかったのだが、今は敬語で会話する
ような習慣があるのだそう。

三田市内は運動会なので、今日はお店はのんびりした
感じだろうと思いきや、開店から15時頃まで
お客様が多く、超特急のような感じで時間が過ぎていった。
6Cの多喜さん一家も来て下さったのだが、お話があまり
できず残念。マノちゃんと同じ歳のKちゃんも一緒だったが、
今日は参観日だったそう。頑張ったみたいだった。偉かったねぇ。
夕方はご常連の方々が次々いらっしゃって、とてもとても
嬉しかった。


・May 26, 201729日(月)臨時休業となります。

bs12675.jpg

<営業に関するご案内>

●5月29日(月)→ 臨時休業

急なご案内で恐縮ですが、来週29日(月)
を臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をおかけ致しますが、何卒宜しく
お願い致します。

明日は小学校の運動会。
陽ちゃんはエイサーを踊るそう。
店の開店までに踊りがあればいいのだけれど。
奥さんは広報で大変そうだ。広報に貸与された
一眼レフカメラの練習をしていたが、彼女が
カメラを持つ姿がとても新鮮で気になって仕方
がなかった。そして昨夜は小学校で遅くまで会議を
していた。マノちゃんは「ママがいないのは新鮮
やなぁ」と言い、陽ちゃんは「ちょっとタイアイ
したいなぁ」と言っていた。「タイアイ」は
クレヨンしんちゃんのひまちゃんがよく言う台詞。
陽ちゃんは甘えたい時にタイアイしたいと言う。
まだ7歳だもんね。

今日は完売していたスウェーデン軍のパンツが再入荷。
イギリスからの荷物は早いやね。太いシルエットが
今の気分にぴったりで、さらには日本ではあまり流通
していないパンツなのでそこがまた良い。
サイズはSでお願いした。だいたいウエスト82〜86位
がメインで、90位のものも何本か混じっていた。
沢山仕入れましたので。軍パンが積み上がった風景の安心感。


・May 25, 2017田植え 2017

bs12673.jpg

昨日は午前中田植え。
といっても毎年の如く、苗を運ぶ役なので
仕事したといえないレベル。
今年から籾撒きの工程がなくなった。
うちの米の品種の苗が今までは無かったそうなのだが、
これが今年リリースされたので、苗を購入して植える
方式に変更された。
30年程していた爽やかな季節の農の儀式があっさり
なくなった。無くなるとすこし寂しい気もする。
買った苗の出来映えはどんなものだろうか。

田植えの後はIKEAへ。
陽ちゃんの部屋があまり稼働していないので、
彼に了承をもらって半分を僕が使わせてもらうことに。
なので部屋で使う安棚を探しに行った。
薄くて安い良い感じの新作があったのでそれを2本
買ってみた。あと、いつものようにレストランで
ローストビーフ、会計終了後には喫茶コーナーで
ホットドッグを食べた。ホットドッグは北欧式の
ものがあったのでそれにしたのだが、食べ方が分から
なくて往生した。パンに穴が空いていて、そこに
ソーセージが挟まったタイプ。これはよくあるパンの
サイドに切れ目があるものじゃなくて、なんて言えば
いいのだろうか、細長いパンの端っこをぶった切り、
そこから穴をあけてソーセージをつっこんだやつと
いうか。見た目は細長いパンから5センチほど
ソーセージが出ているようなもの。
ソースが最初に入れられていて、これが一番底に
なるので、入っているのがわからなかった。
ソーセージとパンだけでシンプルに食べはるんやなぁ
と食べ進めていったら、最後にトプンとソースが
たっぷりでてきてびっくりした。これはソーセージ
を抜き差ししながら塗り付ければ良いのやろうか。

家に帰って速攻で棚を組み立てた。よく考えると
いつもなんかとても汗をかく。これはIKEA組み立て
あるある。自分だけ?
棚は結局様ちゃんの図鑑とか勉強ものとかを並べる用に。
自分にはアンティークの小振りの本棚があるのだが、
それを息子の棚の隣に並べたら合わないこと限りなし
だった。ベン・シャーンのリトグラフも飾ったが、
魚図鑑ポスターの近くではこれも合わなくて凄かった。


・May 23, 2017tuesday

bs12672.jpg

今年も店の前の庭にオルレアが沢山咲き誇っている。
白い花弁は可憐でとても良い風景になっている。
シンボルツリーのユーカリはこのところなぜか
葉が一部枯れ、幹の皮もはがれて来ていて少し心配。

朝一番にはスタイリストのAさんとHマダムが来られた。
Aさんは数日前にも来られ、その時に見たあるアイテムを
小道具として明日の撮影で・・・という事だったが
完売してしまっていた。なんとか他の取り扱い店を
探してご案内。無事に入手できたのだろうか。
Hマダムは先日お買い上げ下さったNapronのワイドパンツ
を綺麗にはかれていてとてもとても素敵だった。
高峰秀子の本が入ってきたので、お見せすると、
昔東京で働いていた有楽町の職場の下にその大女優の
骨董屋「ピッコロモンド」があったとおっしゃった。
そこで物を買った事があるとおっしゃっていた。
大女優はさっぱりしたお人柄だったそう。

昼過ぎにはマリンデイの林さんが突然こられてびっくり。
同じ時間帯には僕の前職つながりのTさんが嫁ぎ先の
広島で友人となった方と遊びに来てくれたのだが、
その友人はなんと林さんと古くからの知り合いだった。
もの凄びっくり。あと金沢のモリチュウ師匠と同じ
職場だったそうでこれまたびっくり。
さらにはボルツさんの奥さんヤヨイさんの前職時代の
後輩ということも判明してわぁーびっくりわけわからん
となって楽しかった。
しかしこの方といい、ヤヨイさんといい、Tさんといい
素敵な透明感を有していて、喋っていると心が浄化
されるようだ。共通点は共通店ってやつ。
Tさんは4年振りくらいに会ったのだが、可愛いお子さん
も産まれてすっかりママさんになっていたが、全く変わ
っていなかった。突然でびっくりしたが三田まで
足を運んでくれて嬉しかったなぁ。
林さんとは神妙に色々なハナシをした。マリンデイ
を設立して10年だそうで、今後の目標とかいろいろ。
当店5年なんで、倍だ。先輩。


・May 22, 2017US ARMY 60's GAS PROTECTIVE COAT

bs12668.jpg

・US ARMY 60's GAS PROTECTIVE COAT (USED)
SIZE : S 
PRICE : ¥14800+TAX →SOUL OUT

夏みたいな気候の時に恐縮だけれど、格好良くて大好きな
アメリカ軍のコートが入荷。しかも人気のSサイズ。
名前の通り、ガスから守るためのコートなのだが、これで
本当に守れるのかしらんというようなライトな雰囲気。
ノーカラー、フィッシュテイル、ポケット無しの
シンプルなデザインがとてもとても良い。

個人的にも1着持っているのだが、そちらはザラッと
したコットン生地。今回入荷したものはネルみたいな
起毛した生地で、おおまた違うねんなぁと楽しくなって
しまった。軍あるある。コンディションもまずまず。
所有しているコートは珍しく奥さんが着たいと言ったので
ほぼ彼女のものになっている。Sでもとても大きなつくり
なのだが、160センチ位の女性が着用しても良い
バランスだった。軍のグリーンカーキのものは女性が着用
するととても素敵なので、ぜひ女性の元に旅立って欲しいな。

bs12669.jpg


bs12671.jpg


bs12670.jpg


・May 19, 2017猫の手

bs12667.jpg

一昨日の夜、ポッチが僕達の寝室にやってきて
皆と一緒に寝た。奥さんと子供達がベッドなのだが、
そこを何時間かおきにゴロゴロいいながら場所を
移動して朝を迎えた。僕だけ床に布団を敷いて寝て
いるので、関係なかったのだが、なんだか気になって
2度程起きてしまった。写真は今朝のポッチ。
窓から燕をみているの図。猫の手が可愛い。
このフォルム。

今日は夏の手前あたりに茨木市でカフェ&雑貨の店
をする辰巳さんと、店関係の用事を短時間だけれど
一緒にした。彼女は前職の同僚。奥さんなんかは
同じフロアで上の立場にいたので直系の弟子感が
あるというか、熱い絆があると思う。
先月、彼女から初めて店の計画を聞いた時は、
物件の契約がうまく進んでいなくて不安そうだったが、
それを無事に乗り越え、工事に入ったそうだった。
お金のことや商品、許可関係等を今ひとつひとつ
クリアしていっている。
会った時の彼女はハツラツとしていて、元気でそして
楽しそうだった。これは今まで見た事がない彼女って
感じでとても良かった。色々ハナシをする中で自分の
時はどうだったか思いだそうとしたが、これが全く
忘れていることが多くて、すんませんて感じだった。
昼前には一番の目的だった什器の目処がついてホッ。
当店が以前に仕入れたイギリスのあるものも使って
もらう事にもなった。買うておいて良かったー。
店の名前は「kirsikkapuu」というフィンランド語で
桜とか桜の木を意味する言葉。最初聞いた時に、
北欧しばりでいっちゃうの?と正直なフレーズが
僕の口から出てしまったが、彼女は楽しそうに
笑うだけだった。とりあえず、自分が持っている情報
を全部総動員して、フルパワーで協力したい。

15時前に店に戻ったら、サードウェーブ男子みたい
と奥さんに言われてしまった。Tシャツ、半ズボン、
ニット帽に眼鏡。そうなんかな?でもこれももう
古く無い?と笑ってしまった。
今期半ズボンはフランス軍の50年代のものを見つけて
これが最高レベルで良い感じ。雰囲気のある生地と野暮
ったいシルエットがまた良い。
サードウェーブ野郎は1時間半程、辰巳さん関係の情報
を集めて彼女にメールをしまくった。
マノちゃんを迎えに行く途中、対向車線でネズミ捕り
をしていた。今年の春から、店の前の道では本当に
よくやっている。お迎えの時のネズミ捕りを見るのは
今シーズンこれで3回目だ。


・May 18, 2017打ち合わせ、固形燃料部、トリドール

bs12662.jpg


bs12663.jpg

水曜店休日。
奥さんとマノちゃんは電車で京都の奥さん実家
に行った。マノちゃんは自分で選んだ服を着て
キメたのだが、髪の毛は何もしたくないという
ので、櫛を通しただけのラフな日本人形みたいな
髪型だった。麦わら帽子をかぶったら?と言ったら
「いやだからいやなの」と言ってかぶらなかった。
意志がはっきりしているガール。

僕は朝からBOLTSの朝陽さん、elementの猪原さん
と扉の件で打ち合わせだったので京都へ行かず。
扉はデザインが朝陽さんで鉄部の枠の製作、施工を
猪原さんが行う。
猪原さんは何度か当店に足を運んで下さっている。
アンティーク品を照明に作り替えたり、家具等の製作を
されている。10年程前に南船場のコロンボさんが
路面店に移転された時に、オーナーの綿瀬さんから内装の
ことを色々お聞きした事があった。その中でも特に鉄の窓枠
の事を熱く語られていた。窓枠は確かに、繊細な中に
強さを感じるようで、在りそうで無い雰囲気を醸し出していた。
猪原さんが初めて当店に来られた際に、どういう話の
流れだったか、その窓枠の方というのが分かり、おおっ
と思ったのを覚えている。今回、朝陽さんから製作施工を
猪原さんでというプランをお聞きした時は嬉しかったと
同時に、おふたりの繋がりが意外だと思ってしまった。

朝陽さんに2人の馴れ初めを聞いてみたら、これまた
コロンボさんの窓枠ネタが最初とのことでびっくり。
朝陽さんにも語っていたのね。綿瀬さんには何年もお会い
していないが、マウンパを着て猫を愛でる姿が頭に浮かんだ。
朝陽さんはそこで初めて知り、それから猪原さんにアンティーク品
の修理等、色々お願いした事がありますとおっしゃった。
2人とも人柄がとても似ていて、おじいちゃんみたいというと
失礼かもしれないが、打ち合わせは静かに淡々と時間が過ぎていった。
対照的にバーン雑木林の鳥達がにぎやかで、その対比が良かった。
当店は明るくて強くて、気軽なバーンとした感じと、
あとはしっとり繊細で情緒のある部分も必要だと思って
いるので、このお二人の化学反応はそれらを足したような
ものとなると思うので、楽しみでしかない。
あと朝陽さんには駐車場の看板のお話も。少し予算が超えた
ので、現状のものから修正するのと、あれはっ!と思い出した
ものが倉庫にあったので、それを利用するプランをその場で
お願いした。農家の遺物なのだが現物を朝陽さんに見て頂い
たら、好きなお色と形だったので、嬉し楽しそうにチェック
をされていた。その場でこんなのどうですかというお話もあった。

久々の独身気分なので、昼飯はゆうやに行こうと思ったが、
奥さんから言われた「久々に独りのお昼ご飯でも楽しんでね」
というフレーズが頭をよぎったので、せっかくなのでと
独り固形燃料部をする事に決めた。キビトパンでパン
(炭水化物)、近くのマルヤスでハラミと上ホルモン(肉)
を買って、いつものように手慣れた手つきで焼いた。
ランチに固形燃料は焼けるのに少し時間がかかるので
もどかしかったが、その分、最初に食べたハラミがあまりにも
美味し過ぎて気絶しそうになってしまった。10年以上
前に駅前に店があったころに肉を買った事があったのだが、
その時とは比べ物にならない位、肉がおいしくてびっくり。
小鍋は丁度商品としても入荷してきたところだったので、
商品のブツ撮りもしてインスタにアップした。遊びと
仕事の融合。

15時頃、陽ちゃんを迎えに小学校へ。
水曜は放課後こどもクラブ。昇降口から大き目のようちゃん
が出てきたのだが、楽しそうにしていて可愛らしかった。
すぐに帰ろうと思ったが、相棒のS君とそのままなだれ込む
ように遊びはじめたので、少しだけ遊ばせた。
運動場で遊んだり、幼稚園の遊具で遊んだり。
幼稚園では園児にまじっていたので、2人だけ
馬力が違うのが居て無茶しないかドキドキした。

17時頃にバスで三田駅へ。夜ご飯はGWお疲れ会で
トリドール。息子と2人バスは初めてで楽しかった。
ようちゃんは「うんこドリルってしっている?」と車内で
聞いてきた。「ちくびドリルならしっているよ」と
言いながら彼の乳首をドリッてみたら、クールにやめてと
言われてしまった。公共の乗り物での振る舞いやん。
うんこドリルは何かのネタかと思ったのだが、そういうものが
あるのだそう。後で調べたらベストセラーになっていた。
これ、ちょっとしたアイディアなのだが、考えた人は凄いな。
三田駅で奥さんとマノちゃんと合流。阪急電車は座れなかった
ようで奥さんお疲れ気味だった。マノちゃんは行き帰りの電車、
家では終始かしこかったそう。さすが。彼女は本当にしっかり
している。ヤオイソにも行ったそうだった。うらやましい。
トリドールは年末以来だった。その時食べた鴨が美味しかった
ので、また食べようと思ったが終了していた。
だし巻きたまご、唐揚げ、釜飯等、食べたいものを色々頼んだ。
陽ちゃんはいくつかメニューを読めるようになっていて、
「とりみ」をオーダーしたいと言っていたが、その数分後に
急に満腹になっていらないと言っていた。次回は、彼にオーダー
をまかせてみようかな。お酒は生大、チューハイレモン、ハイ
ボールとおとなしめに飲んで、ささっと切り上げた。
17時過ぎの一発目の生大が一番美味しかった。

bs12664.jpg


bs12665.jpg

•OIGEN ちょこっと鍋 (鍋2個セット)
 ¥4500+TAX

bs12666.jpg


・May 16, 2017coffee canister & spoon

bs12659.jpg


bs12660.jpg

・coffee canister & spoon
SV ¥3000+TAX
GR  BL ¥3500+TAX
粉 : 約200g 豆 : 約180g
(Made in Japan)

おっ!これ良いな!で鼻息荒く速攻で仕入
れてしまったステンレス製のキャニスター。
当店が定番で扱っている黒の琺瑯カトラリー
と同じ新潟のメーカーによるもの。新作。

金属のキャニスターはもうひとついいものと
出会えなかったのだが、これで金キャニ欲は
満たされた感じ。
木蓋の密封感も良いし、シルバーはもちろん
マットカラーのグリーンとブルーも渋いな。
あと、ダメージ加工が施されたスプーンも
ついていてばっちり。
コーヒー以外にもキッチンで、調味料をいれて
使っても素敵そう。

bs12661.jpg


archive

PAGE TOP