・January 31, 2017original wood mirror

bs12244.jpg


bs12462.jpg


bs12245.jpg


bs12463.jpg


bs12247.jpg


bs12246.jpg

Bespoke wood works × Barnshelf
'' wood mirror '' 
size : H46 × W36 × D5
price : ¥18000+TAX
縦横で壁掛け可能

Bespoke wood worksの黒岩さんに製作して頂いた
当店オリジナルの壁掛用ウッドミラー。
美しさと強さが共存しているような佇まい。
鏡から素敵な光りがこぼれおちてくるようだ。
素晴らしい仕上がり。

黒岩さんとは昨年急速に親しくなった。
いつだったか当店にあるアンティークの額に感銘を
受けて製作したフレームを持って来られた事があった。
椅子などの家具、シェーカーボックスを製作されている
のは知っていたので、意外ですねぇと言うと、黒岩さん
の口から「額が好きなんです」と深みのあるトーンで
言葉が出てきた。
正直、額は売れにくいものだと思うのだけれど、それを
好きだと言って色々製作されているのが素敵だなぁと思った。
それに夢があるというか、額は心を豊かにする物だから
なおさらそんな風に思ってしまった。
その時にポストカード用のフレームをご好意で頂いた。
しばらくお店で飾って使っていたのだが、ある時にふと
オリジナルミラー企画が頭の中におりてきた。
すぐに黒岩さんにコンタクトをし、快諾を頂きオリジナル
企画がスタートした。

閃いてから約3ヶ月ほど、丸形や厚み、ミラーのサイズ感、
仕上げ等、細かく修正を経てこの度出来上がった。
どこを切り取って眺めてみても気持ちを入れて製作して
下さったのが強く伝わってくる。ウッドワーカーとしての
誇りや熱がミラーに宿されている。
美しい物を作ってくださるという確信があったので、
打ち合わせでは「格好良さ」というフレーズを何度も
言わせて頂いたが、見事に物にフィードバックして
下さった。このミラーがその空間にあるだけで引き締まる
というか。本当に素敵な空間になると思う。自分を写して
使わなくても心が豊かになるようだ。

また一つ、当店だけのオリジナルアイテムが出来上
がってとても幸せ。店作りを頑張ろうという気力
も湧いてくるよう。
黒岩さん、この度はありがとうございました!

bs12459.jpg


bs12460.jpg


・January 30, 2017kyoto

bs12243.jpg

ブログ更新ちょっと日にちがあいてしまった。
土曜日は久々にYさんと雑会。Yさんはバーンファン
なので良い事たくさん言ってくれた。冷静に店の
陳列を分析していて、ハッ!と気付かされた事が
あった。あとやっぱり三田愛がマックスなので
変態が育つような店も必要ですねというハナシも。
本と音楽、映画。変態は良い意味での変態。
雑会はこのところ気に入っている「和来」からスタート
して、「鳥ちゃん」、「千ひろ」、「自由、夜」
を軽やかに流した。最後の「自由、夜」は立ち飲み屋さん。
レモンサワー片手にマスターから色々音楽を教えてもらい
1時間以上あれこれ聞かせてもらった。酔っぱらって
いたので、ブルーグラスが素敵だったのと、ドラムは
青山純が凄いとおっしゃっていたこと、三田でのサス
ティブルな酒作りのハナシなんかが頭に残っている。
マスターのヨウスケさんは今三田に居る人で一番濃い
人だろう。Yさんは立ち飲み屋で椅子を出して
もらいそこで寝落ちしていた。

今日は奥さんに店番をしてもらい、朝から独り京都へ。
前職時代の最後に選書で関わった四条河原町マルイの
FUTABA+へ。今月一杯で閉店するのだ。
友人で店長の清野君、それから副店長の長谷川さんも
居て良かった。色々話したかったが、こみ上げてくる
ものがあってうまく話ができなかった。普段は清野君と
くだけた感じで喋るが敬語になってしまった。長谷川さん
とも色々喋るとあぶなかったので、ほとんど喋れなかった。
京都の繁華街の真ん真ん中で本が好きな人達が自由に
本棚を作って文化を発信していた良い本屋だった。
最後に全部の本棚を眼に放り込んで、ずっと欲しかった
北園克衛のエッセイ集、無くしてしまって買い直しの
天野忠「古い動物」、新刊のリボンマスコットコミックス・
姫ちゃんのリボン短編集を購入し、清野君を記念撮影して、
「またな」と言って店を出た。

その後は河原町通りを北上してBALの館長仕事をしている
友人Uに会って、先斗町で唐揚げ定食を食べ、軍物屋を
のぞいて14時頃京都を出た。Uは僕がヒゲ面になって
いたので驚いていた。18歳からの付き合いなのだが、
当時はつるんつるん、キュピキュピボーイだったから
無理もないだろう。オシャレな商業施設は美人さんも多い
だろうから、鼻の下が伸び切っているかなぁと思ったが、
真面目な男なのでそんな感じは無かった。
帰りの車内ではCreative Sourceの「Funky Luvah」を
何度も何度も聴いた。これ出だしが古くさいから一回も
ちゃんと聴かなかったが、めちゃくちゃ格好良かった。
サックスの演奏が絡んでからが無敵。ビタッと決まる
ドラムとソウルフルな歌声、クールなコーラスも素晴ら
しかった。珍しく70年代黒人音楽。


・January 26, 2017Barn's BUNKO POUCH

bs12239.jpg

・Barn's BUNKO  POUCH 
(US ARMY POUCHと文庫本(古本)のセット)
¥1300(税込)

少し前のブログにちょこっと書いた、海外から
仕入れたデッドストックのアメリカ軍のポーチ。
日本ではあまりみかけないやつだったので買った。
アメリカ軍らしいODの薄いコットンサテン生地
が使用されていて、ショルダーストラップはバッグ
本体の側面にぐるんと縫いつけられている。
蓋部分には留め具は無く、出し入れフリーな仕様。
ふとカウンターにあった文庫本をいれてみたら
最適なサイズ感でイナズマが走ってしまった。

当店のおすすめ文庫本を10冊セレクトしてそれぞれ
包装紙で包み、本のタイトルが分からないようにして、
ポーチとセットにした。
何の本が当たるかは買ってからのお・た・の・し・み。
ギャンブル感、アメリカ軍の無骨感、文庫本の軽やか感
が混ざってなんとも楽しい。
しかしこのポーチは何用だったのだろう。
斜めがけにして携帯し、サッと取り出せるような
物用だとは思うけれど。

このポーチに好きな文庫本をいれて、どこぞで
コーヒーでもやりながら読書したらば、それは
それは素敵な時間になるだろう。

bs12240.jpg


bs12241.jpg


bs12242.jpg


・January 24, 2017Restock! B-40 Denim work trouser

bs12234.jpg

・Barnshelf Original B-40 Denim work trouser
size : XS  S  M  L  XL
price : ¥12800+TAX
(Made in Okayama)

お待たせしました!
当店のオリジナルデニムパンツが再入荷。
1年ちょっと振り、これがなんと4回目の生産。
嬉しい嬉しい嬉しい。
お店に初めて並んだのは14年の12月。
当時の紹介記事はこちら↓

リリース当初は売れるのか不安だったが、
大変ご好評を頂き、当店のような小さな個人商店として
はびっくりするような本数を販売させて頂いた。
店頭のみでの販売だったので、物を売る当店の
自信や誇りにも繋がっている。

参考にしたのは40年代のアメリカ軍のデニム
パンツなのだが、2年愛用すると本家にも負け
ないような良い味が出たかもしれない。
以下はそのデニムパンツの写真。

bs12235.jpg


bs12236.jpg


bs12238.jpg


bs12237.jpg


・January 23, 2017THE POTATOGRAPH

bs12232.jpg

最近ツボのイラスト。
ポテトグラフってなんだか素敵だな。
40年代のイギリスのVEGETARIAN RECIPES
という本に載っていたもの。これがなんと唯一の図版。
レシピは文字しか載っていないのだが、逆に想像力を
かきたてられて新鮮というか。
日本のレシピ本は丁寧すぎるのかもしれない。
食べものネタといえば、最近は薬味の「かんずり」に
どはまりしている。存在は知っていたが、真っ赤なので
鬼のように辛いのかと思って敬遠していた。昨年行った
焼き鳥屋にピッと乗っかっていて食べるとうまいのなんの。
辛さの中に爽やかさと奥行きがあって。同じような薬味では
これまで柚子胡椒派だったのだが、これからはかんずり派に
なりそう。柚子胡椒の明るくて元気な感じも良いが、今は
かんずりにある奥ゆかしさの虜になっている。

朝、テレビをつけていると芸能ニュースが聞こえてくる。
若手俳優が結婚したとか弟が誰だとか言っているのだが、
その俳優自体を全く知らないので、ちんぷんかんぷんで
白目になってしまう。というか、もはや一切興味が湧かない
ので、僕らもいよいよこのレベルに来たなと奥さんと話をした。
髙橋一生ってやつは第2の加勢大周と同じ名前やんなぁ
そんなんでええのん?なんて言っていたら、坂本一生と
間違えていて赤っ恥をかいた。今の20代はあの事件を
知らないだろう。

今日はジスイズレイゾウコデーという感じ。もの凄く
寒くて痛い感じ。雪は降ったりやんだり。積もる気配
はなかった。明日は取引先の営業さんが来られる予定な
のだけれど、積もったらアウト。スタッドレスをはいて
いないそう。これを海外から引いてもらえませんネタが
あるのだけれど。どーんと日本で広まれば良いやつ。


・January 21, 2017saturday

bs12231.jpg

書店の取次から案内が来た。
保証金無し、小ロットから取引ができるシステムが
ありますのでどうでっか?という事だった。
そんな夢のような事ができるような時代に
なったのだなぁとびっくりした。
利益の事を考えたらなかなか難しいので、本の事を
カバーできるような業務形態が実現できそうならそれを
使わせて頂いて、いつか平台平積新本ドーンをバーンと
やってみたいな。オープン時はそんな事やっていたのだ
けれども。本が売れない事はなかったけれど、なかなか
回転させる事ができなかったので、マンネリ化してしまい
徐々にフェイドアウトしてしまった。今からやってみると
また違うのかもしれない。しかし今から考えると当時
その新本だけの仕入れ金額はびっくりな金額だったが
よくお金を払えたなぁと思う。開業ノリでいってしまった
あるある。

アメリカ軍の今まで見た事が無い小さなポーチを
ノリで海外から仕入れてしまった。蓋にボタン等なくて
出入口がフリーでどうしたものかと思っていたが、
ふいに文庫本を入れたらば、ものすごくぴったりで
めちゃ素敵だった。これキター!ってイナズマが落ちたね。
文庫本ポーチとして売り出してみよう。文庫本を装備、携帯
しませんか的な。でも問題は今良い文庫本が無い事。

今朝はマルさんにお願いしていたコーヒー豆を取りに
行った。ラジオからはシャカタクの良い感じのが流れて
いて、曲名を覚えたつもりだったが、ああ残念思い出せない。
朝の時間帯でふいに耳に入ってくるシャカタクはとても
素敵だった。
その後は久々にキビトパンへ行った。キヨさんからは
FMのピーター・バラカンさんの番組の選曲がピカイチ
という事を聞いた。キヨさんがそう言うからには間違いは無い。
来週聞かねば。バラカンさんといえばダニー・ハザウェイの
ライナーノーツのイメージだけだと気付いた。文章はカタ
かったな。あと、ベーシスト、ジャコ・パストリアスの映画が
最近上映されている事も教えてもらった。
ジャコパスのデビューソロアルバムといえば昔駅前に
あった平瀬楽器店で高校生の頃に買ったのを覚えている。
アシッドジャズを卒業してフュージョン小僧時代だ。
94年かな。ベーシストのソロ作なのでなかなか重たい印象だった。
ハービー・ハンコックのピアノとヒューバート・ロウズのフルートが
とても格好良いCHACHAという曲ばかり聞いていた。ジャコ関連は
ライブ盤やレア音源、トリビュートもの、在籍したウェザーリポート等
も買ったがもうひとつ惚れ込めなかった。でも自分も40前なのでそろ
そろいける口になっているかもしれない。もっかいいってみよかな。
コーヒーとパンのハシゴと音楽。


・January 20, 2017SETTO DWP HOODED COAT

bs12228.jpg


bs12225.jpg


bs12227.jpg


bs12226.jpg

・SETTO  DWP HOODED COAT
col : IVORY  /  BEIGE
size : F cotton100%
price : ¥24000+TAX

入荷日には店出しの前に売れてしまい、
リピートしたらまたその日に売れ、なかなか
撮影が出来なかったSETTOの新作コート。
これはめちゃくちゃ素敵だ。
ミリタリーベースのポンチョ型のコート。
張りと柔らかさが絶妙に相まったSETTOオリジナル
のコットン100%の生地が使われている。
縫製はパイピング仕様で丁寧に仕上げられていて
こだわりを感じる。

当店はアルゼンチン軍のポンチョ型のコートを
一昨年作ったのだけれど、襟とフードが一体化
した型もやっぱり良いやねぇ。
着用モデルには今日たまたま遊びに来てくれた
Tさんを口説き落としベージュカラーのコートを着て
もらい撮影させて頂いた。身長は150センチと少し。
ざっくりとボリューム感のあるコートを纏う姿は
自然な感じでとてもよく似合っていた。
歩く姿に動きを感じられ、着用者からは嬉し楽しそうな
雰囲気がこぼれ落ちていた。

そしてこのコートは男性も着用可能なサイズ感
で製作されている。ただ袖が少し短くなるので
袖付近の作り込みは腕の見せ所。着こなし次第で
良いポイントになりそうだ。当店では夫婦で兼用しますと
購入してくださった方もいらっしゃった。
春までは中にインナーダウンやセーターを着て、
そこからカットソーやシャツでぜひ。
足元は何でもOK牧場。

bs12230.jpg


bs12229.jpg


・January 19, 2017NEW. ALAN

bs12221.jpg


bs12222.jpg

・NEW.   ALAN  ¥12000+TAX

17SSシーズンよりブランド名「NEWMAN」改め
「NEW.(ニュー)」の新作「ALAN」が到着。

知的で柔らかい雰囲気のサーモントブロウタイプ。
ミリ単位の調整で仕上がったデザインは、独特の個性
を感じさせながらもかけてみると驚くほどフィットする。
こんな表現で恐縮だが、オジさんと未来が融合した
ような印象だった。当店では全色展開です。おすすめ。

ブランド名はMANが取れたことで、より自由度が上がって
そしてなんだか軽やかでオシャレな雰囲気。
過去のモダンで洗練されたアイウェアに敬意を
払いながら、今の時代にフィットさせた素晴らしい
物作りが今後も楽しみだ。

ちなみに同じ名前の当店オリジナルグラスALAN
も久方ぶりにオオタ硝子研究室に製作をお願いした。
春頃に届く予定。必殺ALANかぶせ。

bs12223.jpg


bs12224.jpg


・January 18, 2017wednesday

bs12220.jpg

店休日。このところ2夜連続でマノちゃんがぼくの
布団に来ていて一緒に寝ている。アルティメット
マグマシステムと名付けた敷き布団の仕様がふかふか
温かで気に入ったらしい。敷き布団2枚、キルティング1枚、
毛布1枚を重ねたものがUMSだ。マグマを感じるよう
な暖かさやでと陽ちゃんに言ったことからこの名がついた。
子供と一緒に寝ると寒くないかな?と何度か夜中に目が
開いてしまうが、小さな身体から感じられる体温に身も
心も温められるので最高だ。

アサイチで三田神社へ。前厄のお祓いをして頂いた。
もうそんな歳なのね。三田神社は中高の頃なんかはほぼ
毎日部活で筋トレ&サッカーをしに行っていたし、村の
神社もお世話になっている。お店の開店前にも清めて頂いたし、
七五三や子供が産まれてすぐのあれもして頂いたように記憶
している。何かとご縁がある。奥さんとマノちゃん
と3人でお祓いをして頂いた。節目。押忍。
その後は買い物をしに大型ショッピングセンターへ。
学用品、子供達の足りていないあったかい服を買った。
ユニクロでは初めてチェックのシャツを買ってしまった。
ユニバレへっちゃら。ネル素材でRRL感マックスの
渋い柄だったので思わず。1300円。
あとナンプラーが切れていたのでカルディへ。いつもの
ナンプラーをやめて、ベトナムのヌクマムにしてみた。
初マムだ。どんな違いがあるのかしらん。

家に戻ってからはマノちゃんと最後に雪遊びしようと
共生センターへ。昨日も行ったのだが凄く雪が減って
いたので三田の奥座敷・母子へ行ってみた。雪はそこそこ
残っていたが、除雪された雪が道の両端で壁になって
いて寄り付けなかった。仕方ないのでまた共生センターに
戻って無理矢理遊んだ。雪はべちゃべちゃ。でも
まとまりやすかったので雪玉や雪だるまをいくつか
作る事が出来て2人で楽しく遊べた。
20代の男子2人組が懸命に雪だるまを作っていたり、
独りで台詞のようなものをベンチで唱えているオジさん、
犬の散歩をしている人達なども居たが残雪のある
雪野原は全員を優しく受け止めていた。
良い角度、規模の土手を発見したので、またもし今期
雪が積もる事があれば、そこでソリ遊びをする事に
決めた。今回、誰もそこで遊んでいないようだった。
やっぱり共生センターは穴場なり。


・January 17, 2017ハナちゃん

bs12218.jpg

昨日、奥さんとマノちゃんが残雪を集めて作った
雪だるま。その名も「ハナちゃん」。マノちゃんが
命名してくれた。一応クマ。口の枝はマノちゃんが
拾ってきたものを使用したのだが、それがポイント。
とても良い形をしている。くいっとあがって良い。
ウィンドウ付近で仕事をしていて、ふと窓の外を
見るとハナちゃんが笑っていてもの凄く和んだ。
今日は昼間晴れて陽の光りをあびたのでかなり溶けて
しまった。もう顔の表情がよみとれない。溶けた雪だるま
は切なくてちょっとホラー感があった。
写真は昨日撮影した一番元気な時のハナちゃん。

今日は昼過ぎにHマダムが来られた。
ソールスタインバーグ風の横山隆一の60年代の画集を選んで
下さった。きっと気に入って下さると思い用意していた
ので嬉しかった。マダムは線画が大好物。
同じ時間帯にはフクモナのお二人も来られた。おみやげに
ベンチさんのパンを色々頂いてしまった。イチオシの角煮パンを
すぐにバックヤードで頬張ったが凄かった。豚の角煮95%で
残り5%がパンて感じ。味もとても美味しかった。このパンとは
中学生位の時分に出会いたかったな。また買いに行こう。
ありがとうございました。
夕方手前には大阪からYさんが来られた。良い髭を持った
20代の青年だ。定期的に足を運んで下さっている。
最近は僕も髭面にしているがやっぱり足りていないので彼の髭が
とてもうらやましい。30後半でようやく生えてきた感じがする。
Yさんは開高健の釣りの本を選んで下さったので、ヤスヒコの
アウトドアライフ入門をおまけにお渡しした。これはたまに出る
必殺バーンおじさんの余計なおせっかいってやつ。
下の写真はお店の本棚に居る花さん。雪だるまのハナちゃん
繋がりで無理矢理紹介。武田百合子の娘さん。正面の本の
表紙画は安西水丸さん。

bs12219.jpg


archive

PAGE TOP