・December 31, 2016大晦日 遊園地納め

bs12188.jpg


bs12189.jpg


bs12190.jpg


bs12191.jpg


bs12192.jpg


bs12193.jpg


bs12194.jpg


bs12195.jpg


bs12196.jpg


bs12197.jpg

大晦日。
昨日、陽ちゃんとマノちゃんと有馬富士に登って
良い景色を見ながらおにぎりを食べよう!!と
もの凄く盛り上がったのだが、急に遊園地納めを
思いついてしまい、子供達にセントラルパークどう?と
聞いたら行きたい!となったので車飛ばして姫路へ。
本当は29、30とどこか近場へ温泉でもと思って
いたのだが、結構お金がかかりそうだったので諦めた。
夏でも痛感したが、陽ちゃんの小学生料金が結構
高いのよね。セントラルパークも入場料とフリーパスで
大人が¥5000位で、小学生でも¥4000位かかった
ので少し戸惑ってしまったが、大晦日パワーで押し切った。
人が多いかなと不安だったが、とても空いていて良い感じ
だった。大晦日のテーマパークって案外こんな感じなの
かしらん。

スリル系以外で色々楽しく遊んだのだが、陽ちゃんとマノ
ちゃんに見てもらいながら、奥さんと2人で海賊船に乗った
のが、初のパターンでちょっと感動。2人仲良く植え込みに
座って僕たちに手を振ってくれた。
あと、フリーパスが効かないトレジャーハントがとても
熱かった。これは砂の中に化石か鉱石が入っていて、
砂ごとザルの中に入れ、水につけて砂だけを流し採取する
というやつ。どうせ2、3個しか入っていないのだろうと
思っていたが、ざくざく入っていてびっくり。トータル5回
もしてしまった。リストと照らし合わせながら、これはアレ
だとワイワイ言いながら袋につめた。陽ちゃんもマノちゃん
もとても楽しそうだった。自分もいよいよ、オレの化石をゲット
するぜ!と鼻息荒くやりはじめたのだが、横で見ていた奥さんが
急に「琥珀やぁ〜!!!」と大声を出し自分より先にハントした。
それまでお金がもったいない的でしぶしぶ感があったのだけれど。
自分の喜びのそれも最初のやつを取られてしまったようで切なかった。
でも琥珀はアンバーの半透明の塊でとても綺麗だったな。
思ったより軽かった。あと、ハントの最中には奥さんの京都実家隣の
Kさん一家と遭遇してびっくり!

17時頃に三田に戻った。
マルハチで買い物をして、100円均一で化石と鉱石を分けて
入れるケースを買い、そして三田駅前の花屋さんでお店用の
お正月飾りを買った。この花屋さんは老舗で40年程前に、
ばあちゃん(自分のオカン)が若かりし頃にバイトをして
いたお店だ。お店のおねえさんは当店の事をご存知だったよう。
ちょっと嬉しかった。前は信用金庫のお姉さんが知って下っていて、
これも嬉しかったな。あと伊丹産業でガソリンを満タンにした。
大晦日らしいガソリン満タン仕上げで終了。


・December 29, 2016本年度の営業終了

bs12186.jpg

2016年度の営業も終了。
本年も沢山のお客様にご来店頂きまして誠に
ありがとうございました。
新年の営業は1月3日(火)11時OPENとなります。
宜しくお願い致します。

今日は大阪からTさん、川西からTさん、地元のSさん、
Kさん、それからrojiの佐竹さんがご来店下さった。
本年大変お世話になったお礼と来年も宜しくお願い致し
ますとご挨拶が出来て良かった。連日、ご常連の方々に
ご来店頂いている。
昨日は関東からYさんご一家が来られた。帰省の際には
必ず立ち寄って下さる。ご夫婦のお好きそうな物を
仕入れさせて頂いたが、ハートを貫く事が出来て
良かった。半年に一回どうでしょかと楽しいチャレンジ
をさせて頂いているよう。上のお子さんが戦車に興味が
出て来ていらっしゃるそうなので、夏に向けて戦車関係
の面白いものを探さねば。ぐんぐん。

冬休み、京都の予定だったのだが諸事情で京都の
年越しは無くなった。まぁ、三田ではんなりしよう。

bs12187.jpg


・December 28, 2016明日29日(木)は15時閉店です。

bs12185.jpg

明日は年内最終営業日。誠に恐れ入りますが短縮営業
とさせて頂きます。

●12月29日(木)営業時間:11時〜15時


来年の年賀状は、初めてデザイナーに依頼して
作ってもらった。いつものF君に依頼した。
なんとなく河野鷹思風というお題を出してしまい、
逆に苦しめてしまったが、最終的には河野鷹思を
無しにして、F君らしい洗練された雰囲気の物に
なって良い感じだった。今度から何風は無しにしよう。
年賀状書きは店の商品でもあるOHTOの水性ボールペン
GIZAをおろしたのだが、書きやすくてめちゃ良かった。
おじさん臭いデザインも良いんだな。

先日は西宮山口町のカフェ・フクモナさんから
素敵なパーティにお誘い頂き、これまたF君と参加させて
いただいた。基本のお料理は用意して下さっているので
お酒と何か1品持って来てくださいというなんだか楽しい
ルールがあった。小松菜のガーリックオイル煮を作ろうかな
とか、オイルサーデンにたまねぎを入れて缶ごと火にかける
やつとか色々想像したが、京都から最終兵器であるヒロの究極
の焼豚を取り寄せた。お酒は赤ワインと芋焼酎と米で出来たワイン?
みたいなのを持って行った。
フクモナさんのお店に着くと、モナコさんはお酒を呑みながら
楽しく料理を作られていたようで、なんというか素敵な大人の
女性の風が吹いていて、今夜は最高だと心の底からじわじわと
喜びが溢れ出て来てしまった。
厨房に入らせて頂き焼豚を皿に盛ったのだが、使い込まれた
沢山の調理器具、お皿やコップが整然と並んでいて、とても
格好良かった。この空間があってあの美味しい料理ができる
のかぁと感慨深い気持ちになった。厨房から眺める客席は
大きなウィンドウと相まって最高だった。これはお店の人
だけの特別な風景だ。

ご主人のフクゾウさんとは、はじめて沢山お話をさせて
頂いたが、学生時代の京都の音楽話がとても面白かった。
アシッドジャズを大学生の良い時期に聴かれた世代。
金沢の森忠師匠世代だ。僕なんかは中学生だったので、
拾える音は限られていた。しかも三田だし、今みたいに
インターネット無いし。パーティには英国人のAさんも
参加していたので、フクゾウさんと僕はロンドンのジャズ
カフェしらないかい?アシッドジャズだぜ!オマーだぜ!
ソウルⅡソウルだグランドビートだぜ!って酔っぱらい
オヤジ絡みをして楽しかった。僕はジャズカフェに行った
ことないのだけれど、フクゾウさんはオマーのライブを
とても良い席で見たのだそう。

パーティには田尾寺のパン屋BENCHiさん、
中高の後輩で当店ご常連のH君と奥さんのMちゃん、
先に出て来たけれどホームステイ中の英国人Aさん、
エスケールの料理長・Kさん、フクモナさんのご常連Aさん
が参加し総勢10名で2時過ぎまで盛り上がった。
料理もフクモナさんらしい野菜を使った前菜的なものから
持ち寄った缶詰、お寿司、アサリの酒蒸し、卵黄の
醤油浸け、ローストポーク(過去最高に美味しい豚料理でした!)、
ケーキ2種などなど、全てが美味しくそして楽しかった。
お招き頂きありがとうございました!!


・December 26, 2016昨日はメリークリスマス!

bs12183.jpg

クリスマスの日の朝は陽ちゃんいつもより早く起きていた。
一緒にプレゼントチェックに行くべく、マノちゃんを
起こそうとトライしていたが、ねむねむさん状態だった
ので3回程撃沈していた。優しく語りかけたり、キーキー
言ったりして面白かった。
マノちゃんは7時頃に起きてくれたので全員でツリーの
ところへ行くとサンタさんからのプレゼントが置いてあった。
陽ちゃんは念願のゲーム機、マノちゃんはお姫様の
パソコンみたいなやつ。あなたたち良かったねぇ。
そして今年はなんと奥さんにも。ニューバランスの
スニーカーが届いていた。流行ろうが落ち着こうが
やっぱり良いものは良いなって感じ。オレも欲しい。
この1、2年の奥さんは僕とファッションが重なって
きている。思うにオリジナルデニムを履きだしてからだ。
今年なんかはスウェーデン軍のパンツ2種もヘビロテされて
しまったので、朝にマネした&されたと言い合う事も多かった。
ま、言ったり言われたりするのは楽しかったのだけれど。
良いコミュニケーションだよね。ペアルックおすすめします。

23、24、25日は大変多くのお客様に足を運んで頂いた。
雑貨屋冥利につきます。誠にありがとうございました。
ぶっちゃけると昨年は雑貨屋をやめようかとおもうような
売上だった。なので、それから考えると涙が出るほど嬉しい。
感動。ありがとうございました。
あと今日は開店から本年度のバーン納めをして下さった方
が多く、お店をして良かったなぁと奥さんと2人で言い合った。
三田愛のYさんご夫婦、宝塚のIさんご一家、三田のOさん、
加西のUさんご一家、神戸のYさんご夫婦、6cの多喜さん
ご一家、Bespoke wood worksの黒岩さん&Kちゃん。
皆様には今年も大変お世話になりました。来年もどうぞ宜しく
お願い致します。

写真は京都のヒトテマさんに頂いた西宮アミーンズオーヴン
のシュトレン。実は初めて食べたのだが、あなたこんなに美味
しかったのっ!!と思わず身体をくねらせ、つい奥さんにメール
してしまった。シュトレンに馴染みのない人生だったの。
パンチのある甘さの中に伊予柑ピールが効いていた。これは大事
に切って毎日食べよう思うなぁ。来年は2種くらい買って食べ比べ
をしてツウな風吹かせよう。ありがとうございました!


・December 24, 201640's vintage french army sweater

bs12179.jpg


bs12180.jpg


bs12181.jpg

・40's french army sweater (Deadstock)
SIZE : KIDS 130〜140位
PRICE : ¥4800+TAX

イブだけれどクリスマス感の無い商品をご紹介。
当店らしいぜ。ぐんぐん。
陽ちゃん着るかなーって思って仕入れた素敵な
フランス軍のセーター。っていうのはうそ。
入荷してびっくり。小さかった。
84というサイズはジャケットなんかで見た事が
あったのだけれど。70年程倉庫で保管されるうちに
何かがあったのかしらん。

シンプルで格好良くてこれぞ軍物という佇まい。
目がしっかりと詰まっていて、ブラウンの色目も良い。
虫食いも無くとても綺麗な状態。
三角形のタグは上部の白い余白がなんだかオシャレだ。
試しに陽ちゃんに着せてみると少しだけ大きかった。
ちょうど良いから着てみない?と彼に言ってみると、
「チクチクするから絶対にイヤ」と言われてしまった。
これは想定済みなり。
袖の先を石田純一結びにして、壁にかけてみたら
小さなサイズ感と相まって良い雰囲気だった。
赤ちゃんサイズだと小さすぎるので、飾るには
絶妙なサイズなのかもしれない。
オシャレキッズに勿論、ディスプレイ要員でどうでしょ?
3着在庫あり。

昨日から陽ちゃんはなんだか元気が無い。
今朝は心配になって体温を計ったら平熱だった。
マノちゃんを保育園に送って、戻る車内でまた
影を帯びたような雰囲気だったので、奥さんが
どうしたの?と聞いてみたら、「明日が待ち遠しくて。」
と一言。そのあとに「本当に欲しい物をサンタさんが
持ってきてくれるか、ようちゃん心配やねん。」と
神妙な顔をして言った。
一週間前には「サンタさんなんかいないやろ?」
「パパやろ?」「パパがお金だしてるんやろ?」と
唐突に言ってきた。それで僕は「サ、サンタさん
は居るよ。めちゃくちゃ仲良いもん。そんな疑って
いる子の所にはサンタさん来ないよ」と答えた。
陽ちゃんは「ふーん」とだけ言ってどこかへ行くという
ような事があったのだが、そのあたりから6歳の子供の
心に期待と不安が入り交じっていたのだと思う。
そんな複雑な時に申し訳ないが、イタズラ心に火が
ついてしまい、すでに持っている仮面ライダー鎧武の
「火縄大橙DJ銃」をサンタさんが間違えてもってきた
らどうする?と聞くと、陽ちゃんはもの凄い力強く
「バカがっ!!!」と言った。タイミング、スピード、
声の調子、全てが完璧なツッコミだったので笑って
しまった。普段使わない言葉を即座にツッコミとして
使用したのもポイントが高い。やるな。
とりあえず、今夜はぎゅっと抱きしめて、きっとサンタ
さんは、陽ちゃんの欲しい物を持ってきてくれるよ
大丈夫だよと耳元で囁いてやろう。
ちなみにマノちゃんはそういう複雑な感じは全く無し。


・December 23, 2016wine glass

bs12178.jpg

・USA VINTAGE WINE GLASS ¥2000+TAX

隙があれば必ず仕入れているワイングラスが入荷。
クリスマス前に間に合って良かった。というか遅いよね。
色々なサイズがあるのだけれど、これぞワイン用という
サイズ感。ビールには少ない感じ。
トランプ政権誕生でちょっと円安になった頃に仕入れ
たのでこの値段になってしまった。
強さと色気が絶妙な雰囲気で合わさっていて、いつも
良いなーと思う。これで安ワインをガブガブいったら
最高やね。

今日はイブイブ。この23日は雑貨業界では一年のうちでも
頂点といってもいいような日だ。
当店は開業以来、そういう流れがなかったのだけれど、
今年はこれまでで一番良かった。
毎年そんなあれなのでギフト提案的な仕入れをしていな
かったが、沢山ラッピングをさせて頂きとても嬉しかった。
ありがとうございました。
来年のクリスマスにはオリジナルのラッピングペーパー等
を使って、他に無い特別なギフトラッピングができるよう
にしたい。


・December 22, 2016A PARTRIDGE IN A PEAR TREE

bs12177.jpg

・A PARTRIDGE IN A PEAR TREE(1949年) /  Ben Shahn
¥4500+TAX     →SOLD OUT

ヨーロッパで16世紀頃から伝わる童謡クリスマスキャロル
をモチーフに画家ベン・シャーンが絵を描いたとても素敵な
作品集。

12月25日のクリスマスから1月6日のキリスト教の祭日
「Epiphany」の12日間を指していて、歌詞は毎日愛する人
からクリスマスプレゼントをもらえるというような素敵な内容。
1日目はヤマウズラ、1日目はキジバト2羽、3日目は
フランスのメンドリ3羽・・・というような感じ。
当店のインスタグラムで4日目の小鳥4羽までをナタリーコール
の歌に合わせて撮影したものを本日アップ。ナタリーの艶やかな
歌声とゴージャスでスウィンギンなアレンジが素晴らしい。

いつもは先にブログをアップしてインスタで報告
という流れだけれど本日は初の逆パターン。


・December 21, 2016Snowball Battle

bs12172.jpg


bs12173.jpg


bs12174.jpg


bs12175.jpg

・Snowball Battle ¥1100+TAX

やっぱ好きだなアメリカ・KIKKERLANDのアイテム。
ポリプロピレンで出来た溶けなくて痛く無い雪玉10個が、
黒のメッシュバッグに入ったもの。

これがあればいつでも雪合戦ができてなんだか楽しそう。
パーティーでやっちゃえやっちゃえ。
あと、単純にメッシュバッグに白い球体が入った
見た目も良い感じ。お店のどこかにぶら下げて陳列したら
素敵そうって思ってしまった。
季節感を出す?インテリアにも良いかも。
いつでも雪合戦が出来るこの安心感。いらない?


・December 20, 2016まきの手帖

bs12171.jpg

高知県の牧野植物園からフリーペーパーが送られてきた。
実は開業前に商材として、牧野植物園のポストカードを
お取り扱いしたくてお願いしてみたものの、卸売りを
されていなくて残念なんて事があった。なので今回この
フリペが届いてなんだか嬉しいなっ。沢山送って下さった
ので只今配布中。

昨夜は商材として仕入れた天体望遠鏡を試してみた。
これはグッドデザイン賞を受賞していて、スマホと
連動して星を探すなんて画期的な事が出来て、値段も
そんなに高くないというので、思わず仕入れてしまった。
予想では惑星の色位わかるのでは!?なんて思って
いたが、全く無理だった。遠いですよね。
あと、土星の輪っかが確認出来ると聞いて楽しみにして
いたが、今は見えない時期だった。残念。
でも肉眼で見るよりかは遥かに多くの星が見えた。
星が集まっているゾーンを発見した時はちょっと感動。
陽ちゃんに見せてやると、感動はあまりなくて、冷静に
星の数をかぞえていた。マノちゃんにいたっては
上手に見る事ができず、泣いていた。覗き方にも
コツがいるもんね。

今までで見た星空で一番綺麗で感動したのは、中2の時
に篠山・三岳のふもとで夜中の3時頃に見た星空だ。
ワンゲル部の合宿で12月頃だったと思う。星だらけで
びっくりした。星が落ちてきそうだと思った。
二番目は中3の時で大峰山で見た星空。これは真夏の
3時頃。この時は流れ星祭りで一生分見たんじゃないか
と思う位、流れ星った。テントから出て、地面にマット
を敷いてヤロウ3人で寝転びながら眺めた。これは
下山前夜で朝寝坊しないように朝まで起きてようぜっ
ていう、なんか若さあふれるやつ。星が流れ星になる
直前、星はフルフルと震えるんだぜ。それにしても
思春期と星空は何か特別な関係があるのかもしれない。


・December 18, 2016Truck Tray

bs12162.jpg


bs12163.jpg


bs12164.jpg


bs12168.jpg


bs12165.jpg


bs12167.jpg

・simple wood product / Truck Tray
タイヤカラー:オレンジ 黄色 黄緑 青 灰色
¥3500+TAX

とてもとても素敵なトラック型トレイが到着。
大阪でsimple wood productとして活動をされて
いる家具職人・江見新さんの製作によるもの。
今回、なんと江見さんが電車にのって直接納車
に来て下さった。
Truck Trayの定番型はタイヤが白なのだけれど、
今回、カラフルな色で別注をさせて頂いた。

江見さんの事は随分前に当店ホームページのデザイン
をして下さったブックロアの中島さんから聞いたり、
アトリエナルセの月型ブローチの製作をされていたり
して存じ上げていたのだが、9月の東京での展示会で
ブースを発見しご挨拶をさせて頂いた。
江見さんは当店に来られた事があったそうで、その時
数時間滞在しましたとおっしゃってびっくりした。
ブースにはトレイやアクセサリー等がご自身で製作された
テーブルに綺麗に乗っていて、佇まいや空気感がとても
とてもステキだった。静かさの中に優しい光りがある感じ。
販売価格も抑えてあって、商談しながらも僕の雑貨屋の
しっぽはぶんぶんふりふり状態だった。
その時に一番ハートを鷲掴みにされたトラックトレイを
オーダーしますとお伝えしたのだが、いつもの如くあっ
というまに時は流れ、オーダーできたのは11月だった。

このトレイは玄関に置いて鍵等を乗せておくイメージ
で製作されたそう。
運転席部分はナラ材、荷台はパインの集成材、タイヤは
メラミン素材、ライト部分はブローチ用のピンが使用
されている。形と素材とのバランスの妙味というか。
それぞれがそれぞれを引き立たせている。
個人的には集成材の切り目に有るかすれたような木目が
好きだ。好きな絵描きが描いた線のように感じる。
タイヤも色鮮やかで元気楽しい感じ。当店らしいかな。
箱もついているので、ギフトにも良い感じ。
シンプルさの中に静かで確かな存在感があって、
他の誰にも出来ない江見さんだけの製作物だと思う。
これは江見さんがまとう空気感そのままだ。
玄関はもちろん色々な場所にこのトラックトレイが
あるだけで、きっと素敵な風景、空間になると思う。
ちなみに当店がこのトラックトレイのお取り扱い店
の第一号。とても嬉しいな。

江見さん、この度はありがとうございました!

bs12169.jpg


bs12170.jpg


bs12166.jpg

archive

PAGE TOP