・January 31, 2016< RESTOCK! > USA ANTIQUE SPOON RING

bs11371.jpg

・USA ANTIQUE SPOON RING
SIZE : 11号 16号 20号
¥2000+TAX
( MADE IN USA )

久方ぶりに再入荷。
お問い合わせがある度に
オーダーしなければと
思いつつ、1年位出来て
いなかった。
ブランドも何もないアメ
リカのアクセサリー職人
にサイズを伝えて作って
もらっている。
いつもアンティーク感が
無くなる位にピカピカに
磨いてくれるので、磨き
仕上げをしなくていいよ
と言いたいが言えない。
時間とともに良い鈍い色
になるので、そこから
本領発揮ということで。


・January 30, 2016月極本1 ニューミニマル

bs11368.jpg


bs11369.jpg


bs11370.jpg

・月極本1 ニューミニマル 
限定2000部  ¥1800+TAX

当店でも取り扱い開始。
ベンリ師匠のお店も扱われて
いて、いなーと思っていた
所に営業を頂いた。ヨシッ!

当初は表紙の図案とタイトル
から混沌とした60年代
チックな啓蒙臭のある本
かと勘違いしていたが、
今の気風、気分にぴったり
な本だった。
世界中の小さな住まいで
自由に暮らす人々の生き方や
考え方、物事が紹介されている。
ワーゲンバスで暮らすメジャー
リーガー、車の上に設営できる
テント「LETENT」、旅をしな
がら営むアンティークショップ
の事など。とにかく自由で
素敵な風が吹いている。
信念を持って生きている人々
はとにかく輝いているなぁ。

ミニマルからは遠い雑貨屋業の
自分は色々思う所があるが、
それはそれとして、自分なり
の幸せのカタチを探して
生きようとフンドシを締め
なおそうと思った。
タマタマギュンッ。押忍。


・January 28, 2016昆虫博士

bs11362.jpg



bs11363.jpg



bs11364.jpg



bs11365.jpg

大人気のこのみさん制作に
よるヒトコトワッペンの
補充分がドイツから届いた。
毎回、検品の時が楽しくって
たまらない。今回は昆虫博士
がツボなり。

昨日、H元副住職推薦の
トムヤムペーストを入手。
ナンプラーとスイートチリ
ソースが切れていたので、
それと一緒に購入した。
夜ご飯がまつやのとり野菜
みそ鍋だったのだが、それと
ミックスしてみると、
ママママイウ〜だった。
今日の昼ご飯はさっぽろ
一番塩ラーメンだったのだが
それにもトムヤムペースト
を投入したら、これも
ママママイウ〜。
この味の国際結婚に
しばらくハマリそう。



・January 26, 2016BOBBY LYLE

bs11361.jpg

朝、お着替え等全ての事
を終えてから陽ちゃんと
しっぽ取りオニごっこをした。
チラシを細長く切り、ズボンの
ウエストの所にはさんで、
しっぽの出来上がり。
保育園ではよくしっぽ取り
リレーというのをやっていて、
陽ちゃんはこれが大好きなのだ。
15分程追いかけ合ってプレイ
すると、マノちゃんが途中参戦。
陽ちゃんレベルとなると僕も
本気で走らないといけないが、
マノちゃんはまだ楽勝。
チコチコ逃げる彼女を何度も
追いつめてやった。
今日は久々にワークコート
を着ていたのだが、マノ
ちゃんが、「パパ、ふくが
ひらひらしてかっこいい」と
唐突に言った。彼女にはヒーロー風
に見えたのかもしれない。
今シーズンはコートの気分じゃ
ないのでほとんど着てなかったが、
これを機にひらひらさせよう。

写真は久々の70年代
クロスオーバーなアルバム。
ボビー・ライルの「THE GENIE」。
77年産なので同級生アルバムで
あり、ダサジャケ内容良しな作品。
基本80'Sソウルばかりだった
のでこういうの久々に買った。
自分が90年代にフュージョンを
聴いていた時には、当たり障りな
いけれどしっかり演奏する地味渋い
ピアニストって印象だったのだが、
このアルバムを聴くと、昔はあなた
格好良かったのねぇとびっくり。
3曲目のPISCESと6曲目の
NIGHT BREEZEがスンバラシイ。
メロメロメロウなエレピが炸裂
していて溶けてしまいそうになる。
2曲目の歌ものMAGIC RIDEは
15年程前に聴いたDJ SPINNA
のミックスCDに収録されていた
ものだった。元の収録アルバムに
15年かけて出会ったと感動。
なんだかこれで気に入っている曲
が自分のものになったような感じ
がする。アルバム買わなきゃ派で
すねん。


・January 25, 2016monday morning

bs11359.jpg



bs11360.jpg

大雪かと心配したけれど、
雪は積もらずで、本日月曜
通常オープンです。

農業用の池もちょっと
凍っていた。
保育園前の陽ちゃんと
2人で氷を棒で割りまくり、
石を投げまくりして楽し
かった。


・January 24, 2016sunday morning

bs11358.jpg

日曜午前中の風景。
寒いけれど雪が積もるの
だろうかという晴天。
でも、前の道を走る車の
数は明らかに少ない。
外出を控えている感じ。
ベンリ師匠に晴天ですわ
写メをしてみると、金沢
大荒れとの返信があった。
なんかすみません。

明日、大雪だったらば
お店を臨時休業して、
その代わりに水曜開店
作戦をする予定。


・January 23, 2016COASTER

bs11356.jpg

ついつい仕入れてしまう
コースター。
春よ早く来いという願いも
込めて寒さ厳しい時期に導入。

でも、良いですな。
このリキみの無いシャレオツ
で軽やか楽しい感じ。
アメリカのデザイン小雑貨。
1枚¥432。


・January 22, 2016cat

bs11355.jpg

お客さんが少ない平日に
当店まで2回も足を運ん
でくれたネコ太郎。
入店はしていないけれど。
白い首輪がついていたので
近所の飼い猫だろう。

庭に何かがいるようで、
お尻を振った後に捕まえ
ようとダイブをしたのだが、
残念ながら獲物を捕まえら
れなかった。
庭や畑の横はこの所、モグラ
野郎の通った跡が出来ていて
ぼこぼこになっている。
なので、モグラでも捕まえて
くれるのかと期待したのだ
けれど。ハントに失敗した
彼は耳を斜めにして、とても
バツの悪い表情をしていた。
ダイブする前にはタイミング
を計ってはいたのだが、行く
のか行かないのかどっちや
ねんという場面が多く、
なんというかキレが悪い
かんじだった。飼いならされ
ていて動物的な感覚が
鈍っているのかもしれない。

表に出て「残念やったな。」
とネコ太郎に言うと、獲物
を捕まえるダイブよりも
かなり早い動きで畑の向こう
へ一目散に逃げて行った。
キレキレやないか。
しかし飼い猫はノラとは
明らかに違う優しい顔を
していて愛らしい。
家に戻ってから、皆に
ネコ太郎の事を話すと、
最近よく見かけるそうだった。
子供達は見たい見たいと
騒いでいた。


・January 21, 2016Frannel check coat

bs11354.jpg

昨日は初雪。
少しだけ積もって
午前中だけ白銀の風景
だった。道路が白くなる
ほど積もると、スタッド
レスに変えておけばぁと
激しく後悔するが、
雪が無くなってしまうと
そんな気持ちは一瞬で
どこかへ行ってしまう。
雪の日が年間2、3日
の三田あるある。

昼過ぎにご常連のSさんが
来られた。お仕事の途中で
近く迄来られたのだそう。
Sさんからイーグルスの
グレン・フライ訃報の
お話が。あと、2年前に
フルメンバーで来日した
コンサートを見られたと
の事だった。
帰られた後、すぐにパソコン
でイーグルスの「I can't tell 
you why」を聴いてしまった。
超名曲なり。イーグルスはうち
のオヤジも好きでよく聞いてい
たので自然と耳に入っていた。

この所、毎晩、未来少年
コナンを陽ちゃんとふたりで
熱心に見ている。
陽ちゃんはジムシーがタバタバ
を吸ったり、お酒を飲んだり
するシーンを見て、
「ジムシー何歳なん?」
「え!?お酒呑んでいいのん?」
と聞いてくるのでとても可愛らしい。
昨夜はサルベージ船の所を
見たが、コナンの中の最低キャラ・
テリットの野郎に腹が立って
仕方が無かった。コナンを
何度も見ているが、その度に
何度も腹を立てている。
って、陽ちゃんとあんまり
変わらないかしらん。

写真はハツトキのフランネル
チェックコート。
久々に壁を使ってディスプレイ
をしているのだが、素晴らしい
柄と素材感というのを改めて
感じてしまった。こんな柄と
素材感のベストがあれば
欲しいなぁ。


・January 19, 2016Ficus benjamina

bs11353.jpg

ベンジャミンの木が落葉
しはじめた。
毎年きゅうっと冷え込む
時期に落ちている。
今年はなんとなく一枚一枚
拾って水差しにいれて溜めて
みることにした。今は緑が
綺麗なので、このガラスの
いれものに緑が一杯になる事
を想像すると清々しいような
素敵な気持ちになるのだが、
溜まるより前に乾燥して縮み、
そして茶色に変色してしまう
だろう。水差しは木村硝子店
のもので、綺麗だなと思って
仕入れてみたがひとつも売れ
ていない。

保育園のお迎えの時間は
早番の先生方がちょうど
帰られる時間なのだが、
いつも車ですれ違うときに
「さようなら。」と言いな
がら頭を下げている。
先生方もお迎えの親御さん
たちだと分かっているので
挨拶をして下さる。
昨日もいつもの如く、頭を
下げ神妙な空気を出して
ご挨拶をした。
すれ違った先生は自分の
神妙感が全く伝わっていない、
とても楽しそうな笑顔で大きく
手を何度も振られた。いつもと
は違うフレンドリーな距離感
に?が沢山頭に浮かんでしまった。
恐らくは、自分と同じ車種、
車体カラーを乗られている同僚
の先生と間違われたのだと
思ったのだが、これから呑みに
行くのでテンションが上がり、
楽しくてついそうなったの
かしらんとか、園の政策で
フレンドリー応対強化指令が
あった等、別の理由を色々想像
してみるとなんだか明るい気持
ちになった。


archive

PAGE TOP