・November 30, 2015ジョウビタキ

bs11247.jpg

本日の一枚。
今朝は国道176号線の広野
あたりだけ霧が出ていた。
陽ちゃんが写真を撮りたい
というので、信号待ちの時
に彼がパシャリ。

このところ、ガレージに
茶色の小鳥が入ってきている。
見た目がとても愛らしいので、
当初は巨神兵よろしく少し
温かい気持ちになっていた。
だが、マノちゃんや陽ちゃん
の靴の上にフンを落としている
事が度々あった事から、
どうやらガレージのあるポイント
をトイレとして使っている事
が分かった。
それで、ガレージをなるべく
閉めるようにして、あとは爆撃
するポイントを外すように靴を
置いていたのだが、今日ついに
僕の靴もやられてしまった。
靴の中に結構な量の紫色の
ペーストが。しかも2足。

小さな鳥のフンごときでは
あるのだが、久々にコノヤロー
とシャウトしてしまった。
鳥の名前を調べてみると、
ジョウビタキという名前だった。
茶色はオス。非繁殖期の冬は
日本で過ごすようで、どこに
でもいる冬鳥らしい。
鳥なんかは普段眼に入って
いても、名前がどうとか思い
もしなかった事なので、
今回フンを落とされて鳥の
名前を覚えられて良かった
のかもしれない。


・November 28, 2015CANASA LAMP SHADE

bs11246.jpg

・CANASA LAMP SHADE 
( E17ソケットコード込 )
¥10500+TAX

CANASAの素敵なランプ
シェード。繊細な色と形。
美しい物を生み出す彼女
の感性とハンドワークは
素晴らしいの一言。
先日は来年の作品展に
向けて馬力出して製作に
励んでいますと連絡を
頂いた。リクエストした
色の釉薬の事も書いて
あったのだが、楽しみな
がらチャレンジして下さ
っているようで、こちら
も嬉しく、そしてとても
楽しみ。

土曜。いつもだったら
朝は陽ちゃんの耳鼻科。
先週でめでたく卒業?
3年程通いましたでぇ。
身体も成長してきて、
鼻水関係が耳の方へ
流れにくくなってきたの
だろう。

三田に戻ってきた年の
冬におたふく風邪に
かかって、その流れで
ん?なんだか調子悪い?
聞こえにくそうから、
中耳炎が判明した。
その頃の彼は今のマノちゃん
より小さかった。
診察椅子に座る時は
奥さんか僕の膝の上に
乗せて診てもらっていた。
4歳頃からは独りで座れる
ようになり、5歳頃には
俺の勝手知ったる診療所感
も出て来て、最近では診察
の際に器具が冷たいなぁや、
大きいなぁと言ったりして、
先生達を笑わせていた。
なんだか感慨深し。
でも、鼻水が出たら速攻
で診て頂こう。メンテ
メンテ。


・November 27, 2015ポテト・ブック

bs11244.jpg


bs11245.jpg

●河出書房新社 ポテト・ブック
マーナ・デイヴィス著 伊丹十三訳
¥2200+TAX

この本が復刻していた事を
知らなかった。
素敵なポテト料理のレシピ
ブック。1年程前に
出ていたなんて。ああ。

古本の魅力に気付きはじめた
20代前半頃に出会った本。
古めかしい雰囲気ながら
温かみがあって、正方形の
版型も当時の自分には珍しく
思えて、新刊本には無いぬく
もりのようなものを感じた
事を覚えている。
最後に古本屋の本棚で見かけ
たのは、今は無き六甲の
宇仁菅書店の食べ物本コーナー
だった。

矢吹申彦の素敵な装丁、版型、
内容、伊丹十三の翻訳、錚々
たる面々による挿絵・・・と
好きな要素が沢山重なっている。
今回は矢吹さんのエッセイが
追加された以外は何から何
まで元版と完璧に同じ仕様。
見返しのところにはカヴァ・
イラストレーションと入って
いるのだが、このカヴァとい
うのが良い感じ。中の文章に
はオーブンの事がオヴンと書
かれていて、これぞ伊丹十三
が関わった本って感じがして
たまらない。
内容もよくぞここまで沢山の
料理があるなと感心して
しまう。ポテト大国アメリカ
の文化を存分に感じられる。

当店ではこのところギフト用
としても動いていて嬉しい。
ルスカの大皿も久々に入荷
したので、セットにして
ギフトにするというのも
素敵そう。サイズ感、雰囲気
が何だかぴったりな気がする。
アメリカと北欧。バーンギフト
提案。押忍。


・November 26, 2015引き続き

bs11243.jpg

購入を悩まれた方、
作品展に足を運ぶ事が
出来なかった方など、
全このみファンに朗報。

彼女の作品を引き続き
お取り扱いをさせて頂く
事になりました。
当店も嬉しい嬉しい。

このみファンショップ
として邁進する所存です。
押忍。


・November 25, 20152 weeks in a row Umeda

bs11242.jpg

2週連続で梅田。
天気悪し。
hatsutokiの展示会を
木曜日に予定していたの
だが、急遽前倒しにして
奥さんと行ってきた。
彼女が一緒に行って服を
見る方が絶対良いので、
そうさせてもらった。
場所は中津。梅田駅から
グランフロントを抜けて
ちょちょっと行けば
すぐ着いた。

来期は「water color」という
テーマになぞった、淡く
繊細な色や素材感だった。
一段とまた素敵になっていた。
洋服が村田さんの理想とする
世界に近づいていっているの
だろう。それは逆に雑貨屋で
扱える領域なのかと色々悩ん
でしまった。
でも新作のラインはとても
素敵で、当店常連のある方
ならきっととてもお似合いに
なるだろうなぁと奥さんと
話をした。そこはトライして
みたいなぁ。

展示会後は近くの人気の
カレー屋さんに行こうと
したが、開店直後でも
順番待ちをしていたので
諦めて適当な所に入って
ご飯を食べた。その後は
ビーンにコードヴァンの
靴を見に行ったのだが、
扱い無しでチーン。
向かいにある画廊には
香月泰男のタヒチシリーズ
の版画がかけられていて、
すかさず下世話に値段
チェック。額の仕様は
違うのだが実は同じ物
を所有しているのだ。
いやらしい男やで。

帰りは北新地の駅から
電車に乗って帰った。
近くにある居酒屋・起世
が開いていればちょっと
寄りたかったのだが、
残念ながら夕方からの
営業だった。
ここは前職時代に梅田
での月1会議の終わりに、
ぱーっとよく行ったところ。
会議からの居酒屋でデトッ
クス感が半端なかった。
三田愛吞ん兵衛のYさんに
紹介しなければいけない
居酒屋その1。


・November 24, 2015mist

bs111241.jpg

最近、結構な頻度で朝は
ガスがでている。
今年は温かいので気温差
でガスの出番が多いの
かもしれない。昨年の
今頃は出張キビトパン
をしたのだが、隣の
バーンフォレストの
木々達は落葉していた。
パンの香りと、ひらひら
と舞い落ちる落葉の光景
はとても素敵だった。
今朝、開店時に木々の
様子をみてみると、少し
色づいてきているよう
な状態だった。今年は
温かいやね。

3連休にはパタンナーの
Nさんが東京から戻って
来られ、お店に寄って
下さった。今回、生地見本
を沢山持ってきて下さった。
これはパンツではなくて
上の服のカットソー関係
のもの。唐突にお願いを
してしまったのだ。
生地見本を参考にしてオリ
ジナルのものを作る方向性
なのだが、色彩感覚なんか
も必要なので簡単そうで、
とても難しそう。
あと、もひとつ唐突なのだが、
チノクロスを使ったパンツも
作りたくなったのでご相談を
させて頂いた。これはNさん
も提案したかったそうで、
テンポ良く話が進み、生地と
形等もその場でとんとんとん
と決まった。チノパンの事を
ベンリ師匠に話すと、パンツ
師匠と命名されてしまった。
次も買ってくださるかな。


・November 23, 2015最終日

bs11240.jpg

このみ画伯の初の絵画
個展も本日で最終日。
あっという間でちょっと
センチになってしまう。

多くの方にご覧頂いたが、
彼女の素敵な世界は、本当
に多くの人の心を捉えて
離さないというのを改め
て実感した。お客様の楽し
そうな会話や感激の言葉を
沢山お聞きした。
自分も最初に彼女の世界に
触れた時の、あの心がきゅーっ
とするたまらなく楽しい
気持ちは何年たっても変わ
らずで、開催期間中は彼女
の作品からエネルギーを
もらっているかのようだった。

また何か楽しい事を一緒
にさせて頂ければ嬉しいです。
ありがとうございました!
このみさん!
という勤労感謝じゃなくて
このみ感謝の日、閉店1時間
半前のブログ更新。


・November 21, 2015APOTHEKE FRAGRANCE

bs11233.jpg


bs11235.jpg


bs11236.jpg

・APOTHEKE FRAGRANCE
お香 ¥1500+TAX
キャンドル ¥2100+TAX 〜
ルームスプレー ¥2800+TAX

千葉県にて自社工場で商品の
調合、生産、パッケージング
までの全ての工程を手作業で
行うフレグランスブランド
「APOTHEKE FRAGRANCE」
が当店に新登場。
APOTHEKEはドイツ語で
「香料、薬草を調合する所」
を意味する言葉。

香りの種類があまりに多過
ぎて選定が困難を極めたが、
これだという香りのものを
選んでみた。
お香、キャンドル、ルーム
スプレー。どれもがとても
気分が良くなる香り。

モノから漂ってくる
雰囲気がなんというか
他とは一線を画している。
メーカーのクールで熱い
エネルギーをびりびり
感じる。
雑貨の大きな展示会や
オシャレ系展示会にも
一切出展しないという
姿勢も格好良いな。

当店では1年以上前に
取り扱いについて営業を頂き、
物作りへのこだわりや、
抑えられた販売価格等、
とても良いなと思ったが、
当時は細々数ブランドの
キャンドルを扱っていたので、
後ろ髪をひかれつつも断念した。
先日、再度ご案内を頂いた
のだが、香りアイテムが
商品としてほぼ無い状況
だったので、ぜひとも
お取り扱いをさせて下さい
とお願いした。このタイミ
ング感も良い感じ。

●APOTHEKE FRAGRANCE


・November 20, 2015himoerimaki

bs11226.jpg


bs11227.jpg


bs11228.jpg


bs11229.jpg


bs11230.jpg


bs11232.jpg


bs11231.jpg

・紐襟巻 himoerimaki 
¥9000+TAX

金沢の襟巻工場より
紐襟巻が到着。

工場長であり作家の
安井未星さんによる、
小ロットの家内制
手工業のアイテム。
尾張一宮で特別に製糸
されたウールの紐を
安井さん自身が染色し、
そして襟巻きの両端と
真中部分を織り上げ
作られている。

何本もの紐が重なる
襟巻きはとても個性的。
首に巻いてみると
様々な色が重なり合って
とても素敵だった。
一本一本の紐の動きも
感じられ、なんだか
軽やかな気分になる。
青三彩や玄、竜胆と
名付けられた色目も良い。
日本らしい淡く優しく
そして美しい色。

プロダクトを目指した
クラフトの形。
世代性別問わず誰でも
似合う襟巻きだと思う。
抑えられた価格も素晴
らしい。


・November 19, 2015MISURA PER SARTI

bs111225.jpg

・MISURA PER SARTI 
¥600+TAX
(made in Italy)

当店で地味に人気があった
イタリアの仕立屋メジャー
がなんと値下がり。
これはどないなっとんねん
レベル。でも、買いやすく
なるのは嬉しい。
単価下落上等。押忍。

今日はいつものイギリス
のラジオ局から山下達郎の
「ラブスペース」が流れて
きて驚いた後にすぐ嬉しく
なった。土岐英史の艶やかな
サックスの音色も良いやね。
このイギリスのラジオ局で
かかったというのが最高。
日本の誉れ。全世界の人が
聴いているだろうが、どや
イギリス人ってなった。
山下達郎の後は彼も大好き
なアシュフォード&シンプソン
が流れてきて、これも良かった。
このデュオの作品はこれまで
1枚も買った事がないから、
来月あたりに色々買って
みたい。


archive

PAGE TOP