・June 30, 2015<新入荷> このちから 02

bs10902.jpg

・このちから 02 ¥350(TAX IN)

「こどもと丁寧に豊かな
暮しを」をテーマに、季節
ごとに提案していくリトル
プレス。
今号では春号から引き続い
ての米づくりレポートや
夏の遊びの提案、母と息子
と学ぶ性のお話や食の科学
など内容もりだくさん。

デザインと編集を担当する
芹川さんは、当店の電気工事
をして下さった「わ」こと
和崎さんの奥様。そんで
もって遊び仲間の鯖江部
Tさんのマブダチでもある
ので、なんだかとても
スムージーな繋がりで、
この度お取り扱いをさせて
頂いた。

表紙にある「このちから」
というタイトルの右横には
「子育ては自分育て」とい
うサブタイトルが入れられ
ている。この所、陽ちゃん
にはドラえもん任せな所が
あったので、ちょっとハッ
としてしまった。もう少し
子供とぶつかり稽古をしな
ければいけない。どすこい。

このちから


・June 29, 2015ズッキーニ

bs10898.jpg

この所、陽ちゃんは
家の周りで穫ったカエル
やオタマジャクシなどを
保育園に持って行っている。
先生やクラスメイト
達が興味深げにそれらを
見てくれるので、陽ちゃん
は嬉しそうにしている。
ぱーっと嬉しそうにするの
ではなくて、控えめに喜ん
でいるのが彼らしい。

今日は昨日池で穫った
エビと、あとはなんと
ミミズを持って行った。
エビは数で勝負して
いて地味に見応えが
あったのだが、ミミズ
は土の中に居るので、
持って行ったケース
はただ単に土が入っ
ているだけのものに
なっていた。仕方なし。
今期は彼の中でカブト
ムシを持っていく事が
大きな目標になっている。
梅雨が明けてからが勝負。
バナナ&焼酎で甘い罠
をしかけてやろうかしらん。

パタンナーのNさん
からご連絡。
新作のパンツ、生地の
裁断に入ったのだが、
予定の本数が取れない
との事だった。
多めに数をつけていた
XSとSサイズの数を
削った。残念だが、
いよいよ生産が開始
したのだなと思うと
嬉しかった。岡山方面
へ向けて念を送った。
皆様宜しくおねがい
します。

アトリエナルセの文子
さんからメール。この間
からの件。丁寧に部屋の
サイズや写真などを
送って下さった。
リビングの風景はリラッ
クスしてテーブルで新聞
を読んでいたんだなと分
かるような、家と人の温か
な関係を感じる素敵な写真
だった。お世辞抜き。押忍。

週末にご来店下さった
Nさんご夫妻からフルーツ
大福をお土産に頂いて
しまった。美味しくて
美味しくて気絶しそう
になった。イチゴ、
スイカとたて続けに
赤いのを食べた。
ありがとうございました。


・June 26, 2015<新入荷> EDWARD BAWDEN COLOURING BOOK

bs10897.jpg

bs10895.jpg

bs10896.jpg

・EDWARD BAWDEN 
COLOURING BOOK  
¥1500(TAX IN)

イギリスにこんな画家が居た
なんて知らなかった。
先日、MOTIFという60年代
に出版されたシリーズものの
美術書を入手したのだが、
これの表紙と中身の特集が
EDWARD BAWDENだった。

川上澄生のような和のイメージ
がありつつも、それをシンプル
&モダンにさせて、プリミティブ
な要素を足したような雰囲気だった。
一発で好きになってしまった。
調べてみると現行品で楽しそ
うな塗り絵が出ていたので、
イギリスから輸入をしてみた。
モノとしては塗り絵なのだが、
正直塗る所が少なくてびっくり
してしまう。しかし、大胆に
レイアウトされた絵は生き生き
としていて、とにかく魅力的。
ブックスタンドを使って
本を開けて飾っておきたいな。

ちなみにMOTIFの編集は
RUARI MCLEANという
人なのだが、調べてみると、
あの本もこの本も・・・
という具合で自分が知って
いるいくつかのタイポ
グラフィー関係の本を手が
けていた。ヤン・チヒョルト
との関係も深かった。
チヒョルトは個人的に好きで、
Barnshelfのロゴ決めの時に
自分これが好き資料として
チヒョルトの手がけた物を
デザイナーの山崎さんに
お渡しした事もあった。
好きという眼が拾った
ものから色々繋がって
楽しい。


・June 25, 2015<新入荷> NEWMAN "CELLER" & "BELL"

bs10894.jpg

・NEWMAN  
"CELLER"   " BELL"
¥10000+TAX

NEWMANの新作サン
グラスが到着。
写真の上2点がCELLER
で下の2点がBELL。

50年代のアメリカン
な雰囲気が漂うデザイン。
どちらも非常に良い形。
男子も女子も夏が来る前
にサングラス至急ゲット
指令発令。押忍押忍。

************

一昨日の夜はNEWMANの
Mさんと三田で一杯。
鳥ちゃんにご案内した
かったのだが、まさか
の店休日だった。
なので最近開店して、
とても気になっていた
肉バールの「肉男(ミートマン)」
に突撃した。普段は居酒屋
にしか行かないので、バール
の雰囲気に少々慣れず、
お尻の穴がむず痒かった。

ローストビーフをオーダー
したのだが、めちゃウマ
だった。みなぎる系の
あの感じ。あと、「肉屋の
ポテサラ」も最高だった。
大きなベーコンが2枚
ベロンと乗っかっていて、
ポテトは粒子が細かく
滑らかタイプだった。
あまりに美味しかったので、
お代わりをしてしまった。
この頃になるとお酒も
良い具合にまわり、リラッ
クスしていた。アルコール
に浸り、店の雰囲気に慣れ、
Mさんとの会話も弾み、
リピートのポテサラが届いた
あたりの奇跡的なタイミング
でAORの超名曲、ジノ・ヴァ
ネリの「I Just Wanna Stop」
が大音量で流れた。何年振り
かに聴いたジノの歌声に
猛烈に感動してしまった。
地元三田でジノ・ヴァネリ
とポテサラとアルコールが
出会うとは思わなかった。

2軒目は竹とりへ行った。
マスターからお久しぶり
ですという言葉を頂き
めちゃんこうれしかった。
鳥ちゃんに浮気して
すみませんて感じ。
「おいしいの」という
オーダーで日本酒を
2杯お願いした。肴は
スルメイカの酒盗と
だし巻玉子。お酒の銘柄
を忘れてしまったが、
スタッフの方が瓶を
開けた瞬間、鮮烈な
日本酒香が漂った。
香り高い良いお酒だった。
しっかりとした芯が
あって、そして柔らか
さもあって旨かった。
2杯呑んで時計を見ると
大阪へ帰るMさんの終電
時間が迫っていたので
そこで切り上げた。
Mさんとは仕事の事は
勿論、ここに絶対に書け
ない素敵なハナシも出来
て楽しかった。
最後はMさんがハグをし
たいというので、三田駅
のロータリーでおっさん
ふたりはハグをして別れた。
ナイス酔っぱらい。


・June 23, 2015鉄棒兄妹

bs10892.jpg

本日は箸休め的な
ブログで。押忍。


・June 22, 2015SHUKYU Magazine 1

bs10889.jpg

・SHUKYU Magazine 1
¥1300+TAX

新しいサッカーの雑誌
「SHUKYU Magazine」
のお取り扱い開始。
ご縁を頂いた。
洗練されたエディトリ
アルデザインで写真と
テキストが構築されて
いて、とても洒落た
雰囲気。でもお洒落
だけじゃなくてサッ
カー愛、雑誌愛も有
って、読み応えたっぷり。
面白い。

今号はルーツ特集。
31年に発行された
「蹴球」という機関誌
の事や60年以上サッカー
ジャーナリストとして
活動する賀川浩さん
の事が取り上げられている。
また、The Simple
Societyや平山昌尚らと
サッカーをテーマにした
アートのページも収め
られている。

*************

この間の土曜はお店の
営業前に陽ちゃんと
外で遊んだ。サッカー
ボールがあったので
ボール蹴りを1時間程。
5歳ともなるとちゃんと
こちらに蹴り返して
くるので、ボールの蹴り
合いがなかなかさまに
なっていた。
ボールさえあればどこ
でもできてこれは
楽しいなと汗をかき
ながら改めて感じた。

僕は中高時代はワンダー
フォーゲル部だった
のだが、ランニング&
筋トレの後は天神公園で
サッカーを2時間程して
いた。ポジションやパス
なんかの概念は無くて、
ゴールに向かっていって
シュートをするだけの
ものだった。
高1の時にJリーグが
開幕したのでワンゲル流
サッカーも影響を受け、
パスやコーナーキックが
導入され、少しはサッカー
らしくなった。
一時期は山に登るよりかは
サッカーの方に熱が入って
いて、おかしな事になって
いた。サッカーといえば
これくらいのネタしか
おまへん。押忍。

あ、妹が高校生の時に
ガンバの永島選手のサイン
をもらったことがあって、
素敵な人だったわと目を
ハートにして語っていた
事があった。そんな妹は今、
台湾人アイドルに夢中。
押忍。

サッカーつながりでは
こんや建築洋書も只今
お店に有りまっせ。↓

bs10890.jpg


・June 20, 2015CHURCH CHAIR

bs10888.jpg

クリスチャンではない
のだけれど、なぜだか
幼稚園は屋敷町にあった
聖母の園の幼稚園という
カトリックの所へ通わ
された。幼稚園には
とても立派な教会があって、
何かの節目にはそこへ連れて
いかれお祈りをした。

暗くて静かでとても
静謐な空気が漂って
いて、子供の心でも
そこが特別な場所だと
いうのは感じ取っていた。
長椅子がずらりと
並べらた先には、十字架
にはりつけられたキリ
スト様がいて、これが
なかなか怖かった。
僕はいつもキリスト様
の後ろにあるステンド
グラスを見て目をそら
していた。
運動場の上には神父さん
の家みたいな建物があって、
玄関の先にはザクロの木
が植えられていた。秋に
なると実が弾け、美味し
そうな赤い果実が見えて
いた。ある時、神父さん
がそれを園児達に分けて
くれた事があったのだが、
念願の実の味はあまりに
すっぱくて、皆ぺっぺっ
とはきだしていた。

さて、そんな幼稚園に
通った敬虔な店主の店に
アメリカから教会椅子が
届いた。前置きながっ。
教会椅子は背もたれの
後ろに聖書置きがある
タイプがよく知られて
いるが、これは折りた
たみ式なり。
30年代の物らしく、
風合いの出た木の表情
がとても良い。
ステンシルで描かれた
教会の名前、そのサイド
にある赤いペイントも
素敵ポイント。いくつか
入荷しました。売れます
ように。アーメン。


・June 19, 2015夕方ビール系

bs10887.jpg

いつのまにかルパン三世の
第三シリーズが朝のサン
テレビで放映されていた。
去年からルパン祭り。
第三シリーズを初めて
見たのでテンションが
あがってしまった。
84年に放映されたもの
なのだが、80年代真中
のライトな感じの色使いが
とても洒落ていた。
大野雄二によるエンディング
テーマはソニア・ローザが
つたない日本語で歌っていて、
かすれた歌声がAOR感の
あるアレンジに合っていて
素敵だった。いわゆるひとつ
の夕方ビール系AORなり。

夕方ビール系ってなん
だか良いな。
AOR好きのおじさん達を
集めて、それぞれワシは
これや!という1曲と
ビールを持ち寄って、
皆で聴いて呑んだら
楽しそう。変態やね。
色んな曲があるが自分は
やっぱりPagesの「come on home」
と金麦をチョイスする
だろう。オレのおこだわり。


・June 18, 2015can cup

bs10885.jpg



bs10884.jpg

10年程前、缶詰の外側に
張り付いている外装パッケ
ージを剥がし、銀の円柱を
いくつか棚に並べて飾り、
アート風だぜって悦に入っ
ていた事がある。
銀の鈍い光と真ん中にライン
が入っただけのシンプルな
形は、長期保存可能という
缶詰の安心感と相まって
とてつもなく好きだ。

今まで意外や意外ありそう
でなかった?缶詰型のマグ
カップを発見したので、
速攻で仕入れてしまった。
キャンプで使うのも良いし、
ペン立てや箸立てなんか
にも良さそう。価格も
安くてサイコー。

・can cup ¥880+TAX


・June 17, 2015sunglass

bs10886.jpg

店休日の今日は奥さんと
陽ちゃん、マノちゃんを
連れて初めて「ゆうや」に
突撃した。子供達がドキ
ドキして、おとなしくして
くれるかと思いきや、自由
に色々やってくれたので、
なかなか大変だった。
でもやっぱり旨かった。

買い物に行った商業施設
ではランドセルがあって、
陽ちゃんが試しに背負った
のだが、その姿を見た瞬間に
心がギュンとなった。
ランドセル姿がこんなにも
グッとくるとは思わなかった。
イオンの特設売場で涙を
流す所だった。
来年から小学校にあがる
ので、お店もそれに対応
するべく店休日をどうするか
奥さんと話合っている。


archive

PAGE TOP