・March 31, 2015WEISBECKER

bs10653.jpg

シャレオツなマスキング
テープが出たので仕入れ
てしまった。
フランス人アーティスト、
フィリップ・ワイズベッカー
のもの。紙テープの風合い
と作品がとてもとても
マッチしている。

使うっちゅうか、なんちゅ
うか、これはひとつポロッ
と買いたくなるお土産物
みたいな感じ。
1つ¥583(税込)


・March 30, 2015ピコ

bs10651.jpg

昨夜、マノちゃんは熱を
出した。微熱でたいした
事はないのだが、もう
わたしアカンみたいな
表情で奥さんに抱っこ
されていて可愛かった。
今朝、熱は下がって
いたのだが、昼から
また上がりそうな気配
だったので保育園を
休ませる事にした。

マノちゃんが休みの時は
なぜだかお店も暇で、
いつも店の前のベンチ
で彼女の相手をしながら
今日は閉めちゃうかぁ
なんて話をよくしている。
ところが今日はそんな
話も出来ない位、多くの
方にご来店頂いた。
ありがとうございます。
昨年は消費増税前で
売上げも良かったので、
今月は落とすだろうと
予測していたが、昨年
には無かったカード決済
分があったので、なんと
か戦えた。良かった。

昼前にTiny work shopの
奥野さんとお電話。
週末に旅立ったシェーカー
ボックスの報告をさせて
頂き、あとはある物の製作
をお願いした。快諾を頂き
とても嬉しかった。
これはバーン仲人という
ような感じのもの。
当店ならではの作家さん
同士の素敵なマリアージュ
やさかいに。
お・た・の・し・み・に。

写真はちいさな耕耘機。
名前が可愛いかったので
撮影してしまった。
ピコーってのばすと
そんな紅茶あったよね
って思い出してしまった。
鉄骨飲料、シャッセ
って飲み物も浮かんだ。
これも35歳以上わかる
わかるシリーズ??


・March 29, 2015sunday

bs10650.jpg

夕方、お客さんの波が
おさまったかと思うと、
良いタイミングで陽ちゃん
がやってきた。
土手を乗り物に乗って
爆走していた。
こういうのよくやった。
土手を駆け下りたり
上がったり、滑ったり、
座ったり、よく考える
とお世話?になったな。

その土手は今、ツクシが
沢山顔をだしてなんとも
愛らしい。店の隣の林か
らはウグイスの大きな
鳴き声も聞こえてくる。
春ですか。春ですね。


・March 28, 2015Barnshelf original coat blue

bs10649.jpg

今日は朝から保育園の
卒園式に出席してきた。
陽ちゃんは来年卒園なの
だけれど、在園児の親も
出席出来るという事だっ
たので、奥さんに店番
をお願いした。

滅多に着ないジャケット
を着つつも、来年の予行
演習のような感じで気楽
な気分だったのだが、
式がはじまり、園児達に
卒園証書を授与する辺り
から、感情が急にこみ上
がってきて、目の下の方に
涙が溜まり、あっという間
に涙のダムが決壊しそうに
なった。陽ちゃんを重ねて
しまったというのもあるが、
これは毎日送り迎えしてい
る中で保育園や先生方、卒園
する園児達への愛のような
ものが自分の中で知らぬ間
に大きくなっていたからだ
と思う。

園長先生からもらった
卒業証書を今度はお父さん
お母さん達へありがとうの
言葉を皆の前で言ってから、
手渡ししにいくのだが、
その姿にも激烈に感動し
てしまった。これ絶対
アカンやつやん。泣く
やつやんて心の中で
叫んでしまった。
あと卒園するクラスを
受け持ったM先生の感情
を抑えようとする姿からも
涙が込み上がってきて
しまい、とにかく終始涙を
抑えるのに必死だった。
来年、僕と奥さんは
顔面崩壊すると思う。

昨日の保育園のお迎え時
には、一時保育時代に
陽ちゃんとマブダチに
なったK君とお別れをしたり、
そのお迎えに行っている
時間には常連の学生さんN君
が最後の挨拶をしに来られたり、
さらには今年、京都から宮崎県
へ移住し、カレー屋をOPEN
させるフジヤマプリンの大槻
夫妻も最後に・・・と当店へ
足を運んで下さった。
別れの季節なり。
皆さんお世話になりました。
ありがとうございました。
素敵な新生活になります
よう。

写真は当店オリジナル
のポンチョ型のコート、
レディースサイズ。
先日、西脇で発掘した
ブルーの生地を使用した
もの。少しかすれたブルー
がとてつもなく素敵。
生地がロール状の時は
具体的に見えてなかった
ので、完成した姿にびっ
くり、トキメイてしまった。
これは今まで見た中で
最高の青コートかもし
れない。
製作数は生地の関係で、
なななんとレディース
サイズ1着のみ。
今回もE師匠の素敵な
ミシンワークが炸裂。
素晴らしい仕上がり。
コートの背筋、芯が
シャンとしているよう。
引き続き、別の生地
でも製作を依頼中。
こちらも楽しみ。
楽しみマックス。

(※誠に恐れ入りますが
当店オリジナルコート・
ブルーは完売致しました。)


・March 27, 2015CANASA × Barnshelf Garlic Pot

bs10646.jpg

bs10647.jpg

bs10648.jpg

今日もkibitopanへ
パンを買いに行って
しまった。3日連続。
銀行やスーパー等の
朝用事の流れで寄れ
るので凄く良い。
今日は病院、保育園、
郵便局、maruさん
へ寄ってから行った。
アンパンとフルーツ
ケーキを買い、アン
パンはその場ですぐ
食べた。この3日は
朝の活力をアンパン
からもらっている。

昨年の秋、奥さんが
CANASAの加藤さんに
こんなのあったらイイナ
で製作をお願いしたガー
リック用のポットが届いた。
春商戦に間に合った。
ピンポイントのお願い&
工房移転を控えてお忙し
い中、製作して下さった。

ポットの形、繊細な釉薬
の色目からはCANASA
らしいモダンで優美な
空気を感じられる。
夢のような美しい世界観
と現実的な生活道具、
それもニンニクの為の
入れ物という対角線場
に位置するようなもの
が結びつき、素敵な
存在感を放っている。

加藤さんは作品と同じ
ような空気を持つ方で、
お洒落で、すらーっとして
いてとにかくステキな女性
なのだが、一方でその
イメージを良い意味で覆す、
とても人間臭い一面もある。
なので、今回の作品はその
彼女の両サイドを感じられ
るようで、製作をお願いし
て良かったなと思った。
これはCANASAファン
ならではのちょっとマニ
アックな感想なり。

奥さんはひとつ試作品を
使わせて頂いている。
今夜のメニューは餃子
なので、ポットから
ニンニクを取り出し、
楽しく準備をしている
だろう。ガーリックポット
のおかげで、美味しい
餃子になるはず。
今夜はビールを沢山呑もう。

加藤さん、ありがとう
ございました!

・CANASA × Barnshelf Garlic Pot
¥4500+TAX


・March 26, 2015フエキくん

bs10644.jpg

春文具用にフエキくん
を投入した。
ボールペンとシャープ
ペンシルの2種。
「可愛い」の一言。


・March 25, 2015祝・開店 kibitopan

bs10645.jpg

祝開店!
おめでとうございます!

kibitopanがOPEN。
最高のパン屋さんが
三田に出来た。

開店時間に行くのは
忙しいだろうし、
迷惑やろうから・・・
なんて思っていたの
だが、近所の耳鼻科で
陽ちゃんの診察があり、
それが終了したのが
開店の10分前、
それにそもそも今日は
当店定休日やん。
ということで、
これはもうパンの
神様が行けと言って
いるぞと突撃。駐車場
に一番乗りしてしまった。

他のお客さんと待つ
こと数分、キヨさん
の「それでは開店
しまーす。」の合図
で開店。すかさず、
おめでとうございます!
と皆で拍手をした。
キヨさんのこの言葉を
聞けて本当に良かった。
お店が開店する一番
最初の最初に立ち会え
て感動。

その感動の後、キヨさん
の義兄さんともお会いし
たのだが、これがなんと
20年振りだった。
感動の2連発。
実は中高、バイト先の
先輩で、お世話になった
方なのだ。

写真は開店日を迎えた
パン職人の顔。
良い男の顔。
(ブログ掲載も了承頂いた
のでバーンといかせて
もらいました。)
本当におめでとうござ
います!

おいしいパンを食べま
くるぞー!
内装もめちゃ素敵
やぞー!


・March 24, 2015JOE SAMPLE

bs10643.jpg

ああ、知らなかった。
心にぽっかり穴が
空いてしまったよう。
ピアニストのジョー・
サンプルが半年程前に
天に召されていた。
日曜の朝歩きの時に、
アイフォンで別のピア
ニストの事を調べて
いて知った。
今日のブログは長く
なりまっせ。

ジョー・サンプルは
自分の父親に教えて
もらい、一番最初に好
きになったピアニスト。
なので本当に思い入れ
が深い。アルバムも
沢山持っている。
彼の音は数曲を除き
あまりDJ的な視点で
紹介される事が無いので、
彼が好きだという事は
自分が生粋のクロス
オーバーファンの証し
のようで、誇らしくも
あった。

クルセイダーズ時代や
ソロでの演奏も素晴ら
しいのだが、他のアー
ティストのバッキング
での姿、存在感が心に
刻まれている。
名盤中の名盤で、多くの
音楽ファンに知られて
いるとは思うが、
マイケル・フランクスの
「Art of Tea(75年)」
と「Sleeping Gypsy(77年)」
での演奏がとにもかくにも
ツートップ。この作品での
輝き方は、本当に本当に特別。
彼が居ないと成立しない。

自分個人で挙げていくと
アル・ジャロウの「Tenderness
(98年)」での全ての演奏、
角松敏生の「ALL IS VANITY(91年)」
収録の「夜離れ」でのピアノソロ、
マーカス・ミラーの「The Sun 
Don't Lie(93年)」収録の上記
同タイトル曲でのソロがぱっと
思い浮かんだ。
ちなみに角松敏生だけは
数年後にジョー・サンプル
だと分かって、びっくり&
感動したのだけれど。
どれも高校から大学生あたり
までのリアルタイムでの演奏。
今以上に音楽を聴く事が心の
拠り所だった時なので、熱く
心に刻まれている。この時代に
聴いた過去の演奏の中では、
クルセイダーズのライブ盤
「音楽会(81年)」収録
の「Carmel」がとても好き。
後半、多分、ジョーサンプル
の「アアー」という演奏中
のアツイ叫びもポイント。

ここ数日は追悼の意味
を込めて色々と聴いている。
所有していない「SPELL
BOUND(88年)」が
YouTubeにあがっていて
聴いたのだが、これが
めちゃんこ良い。
この年代の音は避けがち
なのでびっくりした。
先に挙げたマイケル・フラ
ンクスやアル・ジャロウ、
さらにはTAKE 6がゲスト
ボーカルで参加しているが、
この3曲どれも良い。
特にTAKE 6参加の
「You turn」はAOR感
があって最高。いきなり
名前を出すが、金沢の
モリチュウ師匠はこれ
聴いたら、たまらんや
ろうと思う。師匠の
あのファルセットボイス
をききたいな。
とりあえず、もうしば
らくはジョー・サンプル
が残した音を聴いて
追悼しよう。


・March 23, 2015bandana

bs10640.jpg

bs10641.jpg

bs10642.jpg

雑誌ecocolo最新67号
の企画から誕生したバン
ダナが到着。ecocoloと
ファッションブランド・
ENDS and MEANSの
コラボアイテム。

とにかく自由で心地の
良い風を感じるドロー
イングが素敵すぎる。
これはアーティスト・
内山玲奈さんの手によ
るもので、太陽や月、
木や石など、自然界の
目に見えないパワーの
流れを表現したもの。

お弁当を包んだり、
首にちょっと巻いたり、
色々楽しく使えそう。

・ecocolo × ENDS and MEANS 
バンダナ
カラー:グレー 生成
サイズ:49cm × 49cm
価格:¥2900+TAX


・March 22, 2015バイヤーこのみ

bs10638.jpg

bs10639.jpg

昨日のブログ写真、奥さん
から物言いが入った。どすこい。
2分位で作ったやつだった
ので「アカン」のだそう。
僕は実家感あふれる壁紙
と相まって、とても良い
感じだと思ったのだけれど。
どどどすこい。でも記事
は消さない。

さて、ドイツ滞在中の
このみさんから商品が
届いた。彼女の作品みたい
だけれど、これは彼女が
ドイツで見つけたもの。
バイヤーこのみの買い
付け品。オリンピック
もの。カラフルで楽しい
気分になる。新学期用
におひとついかがかし
らん。1つ¥800也。

しかしセレクトアイテム
からでもこのみさんの色
を感じるから「物」って
やっぱり面白いな。
物から人が見えてくる。
このみさんからは今後も
色々と届く予定。
そんでもって探して欲し
い物を思いついたので、
またお願いしよう。


archive

PAGE TOP