・March 31, 2014明日4月1日(火)は12時openです。

bs1099.jpg

以前におしらせを致し
ましたが、明日4月1日(火)
は12時開店とさせて
頂きます。

何卒恐れ入りますが、
宜しくお願い申し上げます。

写真は久方振りに登場の
無水鍋。広島から届いた。
やっぱり素敵、この佇まい。
野外で使いたくなってくる。


・March 30, 2014leek

bs1098.jpg

ネギって英語でleekと
いうらしい。格好つけて
英語のタイトルにしよう
と思って調べてみた。
そんでもって、「わけぎ」
がscallionで、「あさつき」
がchiveだった。馴染み
がまったく無い。

ネギはとてつもなく好きで、
豚汁や粕汁はネギ多めとい
うか、ネギ汁になる位、
どっさりと入れて食している。
正直、青臭い味に変わって
しまっているのだが、好き
だからしょうがない。
昔はネギを食べたら風邪
をひかないとよく言って
いたが、最近は聞かない。
ネギ風邪引かないムーブ
メント懐かしや。
以前にも書いたかもしれ
ないが、ディック・ブルーナ
のポストカードでネギ図案が
あって、それだけ仕入れ
たくてしょうがなかった
りする。写真はひいばあ
ちゃんのネギ。根元の白から
上部の緑へ流れるような
グラデーションが美しい。
おお、ネギ、ラブ。

お店の事(奥さんの値札
替えの作業の事)やその他
(陽ちゃん、マノちゃん)の
事を書こうと思ったが、
ネギ、ラブで終わっておこう。


・March 28, 2014きれいになれちゃうポーチ

bs1097.jpg

陽ちゃん、今日で一旦
保育園が終了。一時保育の
1年だったが、あっという間
だった。Y先生、O先生、あり
がとうございました。
来月からは一般クラスだ。
同じ年齢の子供達がたくさん
いるので、揉まれろ揉まれろだ。
ケンカも沢山するだろうな。
あと、寂しいけれど、マノ
ちゃんも入園。こちらは
しばらく心配、そして寂しい。
ああ、マノちゃん、可愛い
マノちゃん。

このみさんから作品が色々
届いた。昨年の展示の際にも
人気だった「きれいになれち
ゃうポーチ」が、久々にお店に。
可愛らしいポーチ。マノちゃん
が成人になった時、密かにこれ
をプレゼントしようと思っている。
あと、来月、このみさんのアト
リエに遊びに行く事になった。
お仕事の話もしますさかい。
関西から出るのが何気に嬉しい。
美味しい物も食べよう。

・きれいになれちゃうポーチ大
¥6000+TAX


・March 27, 2014foggy morning

bs1096.jpg

霧の町・三田。
今朝は霧が出ていて
幻想的だった。街灯の
光も滲んでいた。
この所、ウグイスが調子
を出しているのだが、霧
の朝でも嬉しそうに鳴い
ていた。梅の花のなんと
もいえない香りも漂って
きて、いやぁ春ですわ。

昼前頃に神戸へ。
服飾メーカーさんの展示会。
秋冬物の服飾いろいろを
チェック。とても良い風合
いのニットがあった。
洗練されたヘビーデュー
ティー感というのかな。
頑張って取ってみようかな。
女性が着たら素敵やろうな。
昼ご飯は元町商店街の
1本北の通りにある、
中華料理の春陽軒に行った。
唐揚げセットが美味しかった。
通ってかれこれ10年ほど
になるが、これしか食べて
いない。

14時頃に店に戻った。
消費税増税の為、値札の
張り替えをしなければい
けないが、思うように
進まず。面倒くさい
のでやる気が出ない。
ずるずる今日まで
きてしまった。あと、
数日で4月やで。
内田百閒先生が雑貨屋
をしていたら、なんて
言うかしらん。


・March 25, 2014Qomolangma NAOKI ISHIKAWA

bs1094.jpg

bs1095.jpg

今日も本のご紹介。
山の写真集がやってきた。
本の事が気になっていた所、
FOLKの吉村君から当店に
合いそうなので・・・と
タイミングよく発行元を
紹介して頂いた。ありが
とう吉村君。可愛らしい
元後輩やでぇ。

写真家・石川直樹さん
がチョモランマこと
エベレストの風景を
切り取ったもので
山の風景はもちろん、
チベットの町や人々
の写真もおさめられ
ている。壮大で力強
いエネルギーに溢れ
ていて、エベレスト
という特別な場の力
を感じる。5部作で
リリース予定になって
いて、本書はその2作
目にあたる。(1作目
のLhotseは只今注文中。)

チョモランマといえば
中学生の頃、ワンゲル部
で使っていたホエーブス
(調理用の石油ストーブ)
の外箱に、その名前が
マジックで書かれていた
ように記憶している。
マッターホルンと書かれ
たものもあった。何代も
上の先輩が書いたものだ。
山に行く時は、隊ごとに
ブスを持っていくのだが、
チョモランマをゲットで
きた時はちょっと嬉し
かった。中3の頃になると、
ブスが生産中止になり、
代わりにイワタニプリ
ムスのガスストーブが
主役になった。ガス
の方が簡単便利で重宝
したが、点火までに
色々な儀式があるブス
の方が、その儀式の面白さ、
上手に点いた時の達成感
があって好きだった。

少し前にチョモランマ
とは関係無しに、ホエー
ブスが狂おしい程に欲し
くなり探してみたが、
かなり高値で売買されていて、
オーマイガッドびっくりだった。
海外は安かったので輸入しよう
と思ったが、危険物扱いで難し
そうだったので泣く泣く諦めた。
抜け道もなさげ。なので、
今一番欲しいものはホエーブス。

写真集からブスが欲しいと
いうわけのわからない流れ
になってしまった。

・Qomolangma  NAOKI ISHIKAWA
¥2800+TAX


・March 24, 2014penetrant

bs1092.jpg

bs1093.jpg

・penetrant 「CREAM」
¥2800+TAX

撮影 馬場明子 大中啓 嶋本麻利沙
   加藤新作 石黒美幸

編集 上杉哲也

今日も本のご紹介。

「心が揺れ動く時に感じる色」
をコンセプトに、5人の写真家
それぞれの美しいものへの磨か
れた感性を写真と短い文章で
表現した写真集。

今回のテーマカラーは「CREAM」
5人それぞれが人や植物、料理、
風景などを切り取っている。
静閑で美しい写真の数々は、
日常にある繊細な感情を表現
していて、見る者の心に静かに
語りかけてくるよう。

1年に1色、1冊刊行予定。


・March 22, 2014Nakagawa wani / Jazzbook

bs1091.jpg

bs1090.jpg

・中川ワニ ジャズブック 
(発行所・あうん堂本舗)
¥2000+TAX

金沢の古本&カフェの
あうん堂さんからジャズ
ブックが到着。
何年か前の企画段階から
本の事をお聞きしていたので、
この度の出版、そして本を
お取り扱いさせて頂き本当
に嬉しい。

本の内容は、現代ジャズの
コレクターでもあるワニさん
のジャズにまつわる70編の
エッセイとジャズCD600枚
が紹介されている。
ぱらぱらっとしてみると、
ジャズ以外にも、アーチー・
ジェイムス・キャヴァナー
や一十三十一など、個人的
に大好きな作品も紹介され
ていて、ワニさんを身近に
感じてしまった。

また、イラストレーター・
タダジュンさんによる
表紙イラストも素晴らしい。
飾っても楽しめる。
1冊いかが?


・March 21, 2014Yotaro Birthday!

bs1089.jpg

陽ちゃん、今日で4歳。
おめでとう!

ケーキはなんと2つ。
叔母からはスパイダーマン、
ばあちゃんからはマシンガン
&バレットの図案。


・March 20, 2014Dullsville

bs1087.jpg

営業時間変更のおしらせ。
誠に勝手ながら私用により
4月1日(火)の開店時間
を1時間遅らせて頂きます。
何卒ご了承下さい。

昨日は神戸。
15年振り位にハーバー
ランドへ行った。海が
あって、海風があって、
ポートタワーが見えて、
クラゲを見つけて、
神座のラーメンを食べて、
ちょっと仕事をして、
色々と楽しかった。
天気も良かったし、
海を眺めながらビール
が呑めれば最高だなと
思った。良い景色が
あるとビールが呑み
たくなる。

明日で陽ちゃんは4歳だ。
誕生日プレゼントの事を
すっかり忘れていたので、
今日は昼から奥さんに店
番をしてもらい、マノち
ゃんを連れて買い物に行
ってきた。彼が欲しい物
は分かっているので、ピ
ンポイントでそのお店の
あの場所へ行き、無事に
ゲット。マノちゃんは終始
ご機嫌さんで助かった。
帰りの車内では、今、彼女
が出来る表現すべてを
出してくれて楽しかった。
いないいないばぁを
ハイテンションバージョン、
ローテンションバージョン、
可愛いバージョンと3パ
ターンしてくれたのが
良かった。可愛すぎて
気絶しそうになった。

写真の鳥の版画は
DAY STARTERさん
の作品。Dullsvilleと
いうタイトル。意味を
調べたら退屈だった。

・DAY STARTER 版画
「Dullsville」¥8400(額込)


・March 18, 2014rock climber

bs1086.jpg

雑誌掲載のお知らせ。
奥さまが沢山来られ
るかな?

今朝は気持ち悪い位
暖かかった。
ウールのライナーが
付いているLLビーンの
マウンパを着ていたが、
歩きはじめて15分程
で脱いでしまった。
脱いだら、気に入って
いる服でも邪魔で仕方が
なかった。今度から軍物
の荷紐を持って歩くこと
に決めた。ぐるぐる巻き
にして、肩からかける為。

ビーンといえばシグネチャー
シリーズで、おっ!と
いう鞄が復刻していた。
日本のあるメーカーも
この鞄を忠実に再現&
アップデートしたよう
な物をリリースしていて、
昨年思わず購入したのだが、
本家が正式に復刻した。
奥さんに40年代のカタ
ログに載っていたやつ
やねん云々熱く語って
いたら、変態ねと言わ
れてしまった。物が好き
な男は皆、変態やねん。
明日、神戸に行くので、
時間があれば見に行こう。
安いので中国製ビーンよ
ね。。。

写真はビーンとは関係
なし。WILDERNESS 
EXPERIENCEという
アメリカンアウトドア
ブランドの70年代の
広告。岩に人がはり付
いている絵が格好良し。
頑張れロッククライマー!
ちなみにこのブランド、
今は日本で古くから
リュックなどを作って
いるメーカーが復刻
している。日本の技術
とアメリカの魂が融合
ってやつ。


archive

PAGE TOP