・November 30, 2013Duke Person

bs930.jpg

朝、スーパーへ行った帰りに
有馬富士公園の前を通ると、
今まで見た事の無い人だかり
ができていた。なんだろうと
調べると、マラソン大会だった。
昼前頃に奥さんと陽ちゃん、
マノちゃん、ひいばあちゃん
はマラソン見物に出かけた。
なんとなくPeaceな感じ。

RONDADEの佐久間さん
とメールのやりとりをして
いる。実はイベントの件。
前回のオンガクカイの時に
話が出ていたものだ。
音楽だけにとらわれない
レーベルの形を当店で
表現して頂く。来月中頃
からスタートする予定。
近々詳細が決まるので
お楽しみに。

Duke Personの「It Could 
Only Happen With You (70年)」
というCDを買った。
知らぬ間にリリースされて
いたパターン。なんと初CD可
らしい。このご時世に珍しい
こと。昔読んだムジカロコム
ンドというブラジル音楽ガイド
本のジャズの項目で、この作品
が紹介されていて、ずっと聴き
たいと思っていた。聴いて
みると、正しいジャズボサとい
う音で、なんとなく神戸あたり
でモーニングを食べながら
聴きたいと思ってしまった。
ピアソンのピアノは初めてだっ
たがどこまでも軽やかで、気持
ちが良かった。あと、フローラ・
プリムが歌で参加しているの
だが、僕が知っている歌声
じゃなくてびっくりした。
20代後半の彼女の歌声は、
幼気な感じで良かった。


・November 29, 2013iro no kodomo

bs929.jpg

絵が届いた。
以前、アトリエナルセの
洋服の展示会の時に、ギャラリー
に飾ってあったものを衝動買い
してしまった。包み紙を開けると、
植物が添えられ、薄紙で作品が
くるまれていた。作品の世界
そのまま、とても素敵なラッ
ピングに心が震えてしまった。

展示会は池田のギャラリーie
さんで行われたのだが、アト
リエナルセの展示会の前が、
この絵を描かれた西淑さんの
個展だった。普通なら撤収して
切り替わるのだが、西さんの
友人でもあるアトリエナルセ
の早川さんが絵を残すように
手配して下さったのだ。

愛らしくも深みのある世界。
買った絵は眺める度に幸せな
気持ちになってくる。そして
自分の子供たちを絵に重ね、
健やかに育ちますようにと
心の中で思ってしまう。
出会えて良かった。
西さん、早川さん、ありが
とうございました。


・November 28, 2013京都

bs928.jpg

昨日の店休日は京都へ。
能勢〜亀岡〜京都市内と
地道をのんびりドライブ
しながら行った。途中、
コンビニでソフトクリーム
を食べたが、少なく盛られ
ていて切なくなってしまった。
たかがソフト、されどクリーム。
しかし、車窓から見える山という
山は美しかった。紅葉の山火事。

京都ではお母さんと一緒に
四条の大丸へ行った。
京都の真ん真ん中で、都会
の賑わいは久々。
途中、陽ちゃんとコンビニ
へお菓子を買いに行こうと
四条通りを歩いていたら、
前職時代の後輩F君とばったり
出会った。彼は京都の老舗珈琲店
で働いている。白シャツに蝶ネク
タイ、黒いパンツに黒の革靴、
それから銀のトレイという、老舗
の珈琲屋らしい正しい姿だった。
「何してんねん?」「仕事
中ですよ」「ははは」「ほな」
というような、とても元先輩
後輩らしい乱暴な会話をして
別れた。

大丸の後は、マルイに
行って、そこのフタバ+で
働く清野くんを驚かせて
やろうと思ったのだが、
子供達のバッテリーが切れ
てしまい終了。仕方がないので
ミニドライブ。車で河原町
通りを北上して、北大路を
西に行き、それから堀川通り
を南下して大宮へ帰った。
とても短いドライブだったが
アンジェのクリスマスな
装飾に驚き、陽ちゃんが産
まれた病院を懐かしみ、
ハセガワのハンバーグや
ボルツ夫妻の事が頭をか
すめたり、あとは奥さん
の二条城にまつわるおも
しろ話も聞けた。

夜ご飯前には、こそっと
三条商店街をひとりで
散歩した。商店街に入って
3秒後、スピーカーからドナルド・
フェイゲンのニューフロン
ティアが流れてびっくりした。
聞きたかったやつだ。
三条会ありがとう。
ヒロ〜ケーキとあっくん
あたりまでを往復したが、
立ち呑み屋、ドーナツ屋、
ラーメン屋など新しいお店
が出来ていたようだった。
立ち呑み屋で揚げ物&ビール、
あみたつで魚と日本酒、
ラーメン屋で締めという
コースが速攻で頭に浮かんで
しまった。いつも呑んで
食べる事ばかりだ。
散歩の後、家で夜ご飯を食べ、
お風呂に入り、それで三田
へ帰った。

秋の京都らしい風情はな
かったが、いつもの如く、
京都の奥さん実家を中心にして、
ゆるゆると京都の町を流せて
楽しかった。やっぱり
一回住んでみたいな。
はんなり。


・November 26, 2013出陣飯

bs925.jpg

昨夜は変な夢を見た。
僕がサラリーマンという設定
なのだが、中部地方へ出張に
行き、そして夜にお酒を呑ん
だのだが、お店に居るお客さん
全員が締めのメニューとして、
「出陣飯」なる名前のものを
オーダーしていた。面白いな
と思い、近くに居た人にこれは
どういうものかと聞いた所、
これはニギリメシで、意味と
しては2軒目へ行くぞという
合図になっているものだった。
夢の中の僕は、これは良い食
の文化だと唸った。で、自分も
頼み、ニギリメシを食べ、
2軒目に出陣したわけだが、
2軒目のホルモン串焼きの屋台
はもの凄い行列で、おお困った
困った・・・という所で夢は終了。
面白かったので、朝イチに奥さん
に伝えたら、「おなか減ってたん
じゃない?」と笑いながら言われ
てしまった。

本日より、ホットジンジャー
がスタート。池島さん印の
シロップは本当に美味しい。
懐が深い味というのか。
今期から名前をホッツ
ジンジャーにしては?と急に
思いついたので、奥さんに伝
えたのだが、「オーダーする
時に恥ずかしいと思う」と
言われてしまった。あったか
そうで良いと思ったのだが。

ontarioの2号が入荷。
季節と反対の表紙。だけれど、
キューバに行ってみたくなる
のキューバ特集。素敵な写真
がたくさんある。中でもアイス
クリームスタンドの写真が
良かった。

・ホットジンジャー ¥400
・ontario 02 ¥1890

bs926.jpg

bs927.jpg


・November 25, 2013play with building bricks

bs922.jpg

イギリス・キャンプヒル共同体
のボットン村から素敵な積み木
が到着。

前回はバターナイフ、前々回は
魚釣り木製玩具を紹介したが、
ボットン村のアイテムは個人的
にもお気に入りのものが多い。
洗練されすぎていないというか。
あたたかみの中に、少し気が
効いた雰囲気があってとても
好きだ。季節や自然の流れ
に沿って暮らす、彼らの製品
ならではなのだと思う。
モノに無理を感じないのだ。

個人的にかすれた色、傷など
が良い風合いになったアン
ティークの積み木や、木製
ゲームの駒などが好きなのだが、
このボットン村の積み木を自分
の子供たちに与え、彼らが遊ん
だ何年後かに、アンティーク
オブジェとして棚に飾るのは
とても素敵な事だと思う。

という事で、サンタさんに
お願いしてマノちゃんに・・・
と考え中。陽ちゃんはアンパン
マンのパソコンらしい。
サンタさん大丈夫かしらん。

ボットン村の積み木 ¥6615

bs923.jpg

bs924.jpg

こちらも。
同じく、フロムボットン村。
貨物列車 ¥3638


・November 24, 2013ぺろんぺろん

bs920.jpg

日曜日。今日は朝の買い物など
は何も無いので気持ちがゆっくり。
がっちりマンデー〜仮面ライダー
鎧武といういつもの流れの後、
ご飯を食べた。

奥さんが家の用事をしている
1時間程は陽ちゃん&マノちゃんと、
部屋でふにゃふにゃしながら遊んだ。
せっかくだからと、テレビを消して
音楽を聴くためCDをコンポに入れた
が何回しても読み取ってくれず、
とほほ。何年か振りに目にとまった
ドナルド・フェイゲンのナイト
フライを聴きたかった。

パパ&子供達の時間は、正しい
日曜日の朝という図で、なんとも
いえない幸福感に包まれてしまった。
しばらくすると、いつものごとく、
ふいに便意がやってきたので、
陽ちゃんに「パパ、トイレに行く
から、マノちゃんみておいてね。」
と言うと、力強く「わかった」と
答えた。トイレにいると、マノちゃん
の泣き声が聞こえてきた。案の定だ。
あわてて部屋に戻ると、陽ちゃん
がマノちゃんの頭をぺろんぺろんして
いる所だった。可愛さ余ってか、
いじめているのか、分からないが、
コラコラッと指導しておいた。
で、ふとマックをみたら、パッド
の所にアンパンマンの顔が6個
ほど並んでいた。アンパンマック。
ハンコ押して、ぺろぺろして、おお
この短時間にと笑ってしまった。
確信犯。陽ちゃん最近、イタズラ
小僧になってきた。

昼過ぎに、いつものお客様。
前回は偶然、オンガクカイの日に
来られて、急遽ご参加下さった。
幼稚園に通うお子さんがいらっ
しゃるのだが、ライブの影響を
受けて楽器を習いはじめたそう。
ピアノとバイオリン。嬉しい
ご報告。ちなみに今朝はライブで
お世話になったRONDADEの
佐久間さんからメールを頂いた
ところだったので、おおおと
なった。写真は今朝に撮影した
家のCD棚だ。ドナルド・フェイ
ゲンは写っとりませんねん。


・November 22, 2013Irish Walking Sock

bs918.jpg

今期は頑張って、マウンテン
ブーツを履くと誓ったのだが、
まだ一度しか履けていない。
やっぱり紐が面倒臭い。いつ
だったか、不動産屋さんと
住居用の物件を見に行った時
があったのだが、マウンテン
ブーツで大変往生した。
(完全に自分のミスなり。)

個人的にはダナーのマウン
テンライトと、パラブーツの
AVORIAZの2足を所有して
いて、ダナーの軽さ、パラ
ブーツのソールの柔らかさ
など、どちらもとても気に
は入っているのだが、つい
つい足が楽なアローモカシン
(のボートモカシン)を選ん
でしまう。ちなみに、パラ
ブーツとアローモカシンは
奥さんが、ジョーカノ時代
に僕にプレゼントしてくれた
ものだ。

昨日入荷した靴下を見ている
と改めてマウンテンブーツを
履きたくなってくる。
名前も良いじゃあーりませんか。
そのままずばりだ。ウール
100%でネップも入っていて、
少しだけ愛らしさもある。
○足○円とか、消臭&発熱機能
の靴下などもいいのだけれど、
冬にはやっぱりこういう
ウールのものがしっくり
きて、とても良いと思う。
当店では、数ある色の中から
この3色に絞って展開。
サイズは男女両サイズあり。
ペアルックツシタでどうぞ。

・THE HILLWALKER
「Irish Walking Sock」
(MADE IN IRELAND)
価格¥1890


bs919.jpg


・November 21, 2013紅葉

bs917.jpg

昨日は陽ちゃんの歯医者、
部屋の片付け、花山乃湯
という一日。

父親の仕事感マックスの
ベビーベッド解体を行ったが、
もう使わないやろうと思うと、
なんとなく寂しい気持ちに
なった。ベビーベッドに寝る
時期はあっという間やさかいに。
あと、昨日はラジオで聴いた
マリリン・スコットの曲が
良かった。この人の歌い方は
癖があって、わっかりやすい。
調べたら83年の2ndアルバム
の曲だった。アルバムは品切れで
適正価格ではもう手に入らな
かった。うそーん。
それから、ミニストップで
プレミアムソフトクリームを
買って食べたのだが、濃厚で
びっくりする程美味しかった。
ついに個人的ナンバー1の名神
高速・桂川サービスエリアの
ソフトクリームを超えてしまった。
もう、事件です。

休み明けの今日は秋晴れ。
気が付くと店の横にある林の
木々も色づいてきていた。
店の方にも秋冬もののマフラー、
手袋、靴下などがわんさか入って
きている。昨年は雑貨屋的緊急
手配でモノを集めたので、あまり
バリエーションがなかったが、
今年は色々あって楽しい。
マウンテンブーツに合いそうな
ウールの靴下が今日届いたし、
明日にも新しいものが入荷する
予定。

姫路の池島さんから連絡あり。
特製のジンジャーシロップが
そろそろ出来上がるそうだ。
昨年、ホットジンジャーを
限定メニューで加えたのだが、
最近何回かお問い合わせを頂
いていたのだ。来週あたりから
スタートの予定。


・November 19, 2013おでん

bs916.jpg

昨夜は9時過ぎに寝てしまった。
夜ご飯がおでんだったのだが、
あまりに美味しかったので、
熱燗をぐいぐいぐいと呑んで
しまった。酔っぱらって、子供達
を抱きしめると、狂おしい位に
可愛くて泣きそうになった。
奥さんのおでんはとても美味しい。
安定感というか、おでんステージ
があがったというか、前々回あたり
から本当に旨くなった。彼女に
伝えたら、味つけに迷いがなくな
ったと言っていた。おでんといえば、
大阪ミナミのカウンターだけの
呑み屋で、水菜のおでんを食べた
事がある。オーダーしてから、
さっと煮て出してくれたのだが、
絶妙な食感、シャキシットリで
唸った。次回は水菜をリクエスト
しよう。畑にもあるしネ。

昼過ぎにいつものお客様が
ご来店。先日のこのみさんの
イベントで一番最初に人形を
オーダー頂いた方だ。ちなみに
この方は伊丹にお住まいなのだが、
伊丹から新三田まで輪行され、
自転車で当店までこられる。
そして帰りは自転車で伊丹の
ご自宅まで。とてもパワフル
な方だ。お客様は、ポール・
マッカートニーのコンサート
に行かれたそう。ポールは若々
しかったとのこと。

お店の反対側、倉庫で牛を
かこっていた丸太を捜索。
高い所に積み上げ保管していたが、
思ったほど数は無かった。
これは来年の楽しいに向けての
種まきというのか。何か面白い
ことに使えればいいのだけれど。
一昨日あたりから、次のイベント
に向けて、ゆっくり楽しくスタート。
ご縁を頂いた。来年でっせ。

newsをアップした。雑誌掲載の
お知らせ。今回からこちらに
分かりやすく載せることにした。
って、こういう風にしたら、
取材依頼がなくなったりして。
今の所は予定無し。


・November 18, 2013ヘビーデューティーの本

bs912.jpg

週明け月曜。良い天気。
いつもの朝の用事を気持ち
早めに済ませて店に。
イベントコーナーの撤収。
柱棚コーナーのエンドのテーブル
には、このみさんミニコーナーを
作った。イベントのメインコーナー
は以前、数日間だけ存在した
hatsutokiのストールコーナーを再度。
新しいストールも届いたので
良いタイミング。

夕方、岡山県から、帽子ブランド
DECHO、エプロンブランドNapron
を主催されている元田さんご家族
&ご友人ご家族の皆様がご来店。
突然でものすごいびっくり。
神戸のアンパンマンミュージアムへ
行っていたのだそう。子供の為の
動き。休みはやはりそうなるなる。
ファミリー親近感。陽ちゃんは
一度、叔母ちゃんにつれていって
もらっているが、ぼくがちと行き
たくなってきた。Napronの商品は
当店ではとても動きがよくて、
本当に助けて頂いている。昨日、
オーダーした所だった。元田さん
からは、今後の展開のことをちらり
とお聞きしたのだが、これは楽しみ
で仕方ない。ワン&オンリーのモノ
作り。他にも色々とお話した
かったが、陽ちゃんのお迎えの時間
が来てしまい時間切れとなってし
まった。残念。そういえば、昨日
も岡山からお客様にお越し頂いた。
嬉しいことだ。ありがとうございます。

画像はようやく展開のヤスヒコさん
のヘビーデューティの本。一度だけ
元版が5000円で売られているの
に出会った事があったが、稲造を
財布から出す事ができなかった。
この本は、気が合う人とお酒を呑み
ながらパラパラして、あれこれ
しゃべりたい。今度、宝塚のIさん
が来られたら、リアルタイムの時
のお話を聞いてみよう。あと、この
本にはアメリカのアウトドアメーカー
のリストが載っているが、これをしら
みつぶしにチェックしてやりたい。
ああ。変態。

それから、この本を出版した山と
渓谷社の近刊で、良い文庫が3点で
ていたのでこれも仕入れた。
山を愛する人たちの本。タイトルに
「山」という文字が全てはいる。
どれも持ち歩きたい、鞄に忍ばせ
ておきたい本達なり。

・ヘビーデューティーの本 小林安彦 ¥893
・山のパンセ 串田孫一 ¥1155
・山からの絵本 辻まこと ¥1050
・山の眼玉 畦地梅太郎 ¥998

bs913.jpg


archive

PAGE TOP