・March 31, 2012春の嵐

bs14.jpg

3月最後の日。昨夜からとても雨風がつよい。
窓の外に取り付けている、すだれが何度も何度
も窓に当たる。3月は本当におかしな天気が多
かったが、最後にやってくれた。ベタな春の嵐。

午前中、これまでに届いた商品の値付けや、
雑貨のメーカーさんへ新規取引のお願いをする。
商材はまだまだこれから。早くしないと。

昼過ぎに、大阪へ。
アトリエ・ナルセの個展。
洋服を扱わせていただくので、実際に服を見に
行ったのだ。成瀬さんも洋服も素敵だった。
いつ、お話してもドキドキしてしまう。
息子をつれていったが、おとなしくしているはずもなく、
あいさつもそこそこに、子守りで近所をぶらぶらする。
その間に奥さんが色々と成瀬さんと話をした。

写真はBarnshelfオリジナルのシャツに付ける
アンティークのボタン。ブルガリア海軍のものと
アメリカの古いもの。サンプルがもう少ししたら
出来上がるが、とても楽しみ。


・March 30, 2012俊彦窯

bs13.jpg

立杭の俊彦窯へ器の買い付けに行く。
家からは車で20分ほど。数多くの窯元がならぶ山間の
村の中の、丁度真ん中あたりに俊彦窯は位置している。

俊彦さんと奥さまにご挨拶。
商談するなかで、窯元に近い場所で器を販売する事の
デメリットについての話になる。
俊彦さんの方でも色々と考えて下さっており、オリジナル
アイテムを作って頂けそう。難しいとおもっていたので、
とても嬉しかった。あまりの嬉しさに一瞬、ぼやっとして
しまった。どのような形のものが、俊彦さんの作風を損な
わずに作れるのか。良いものがオープンまでに形になる
よう、考えなければ。

2時間程かけてプレートやカップを中心に選ぶ。
どれも、とても良い形。シンプルさの中に、暖かさと
強さがあり、本当に良い器だと思う。選んでいる途中、
窯場にある素焼きのとっくりに目が行く。興味深げに
見ていると、ご厚意でいただけることに。
独特の線で描かれた絵画のような存在感。
器として生まれ変わる直前の、エネルギーのような
ものも感じる。お店に飾らせて頂こう。帰りの車内
は嬉しい興奮でいっぱい。
俊彦さん、奥さま、今日はありがとうございました!

夕方、昨日届いた、什器で使用する軍物のフォール
ディングテーブルを磨く。シンプルでカッコいいのだが、
勢いに乗り4つも買ってしまった。

明日は洋服ブランド・アトリエナルセの個展。
大阪ミナミまで。成瀬さん元気かなー?


・March 29, 2012良い天気。

bs11.jpg

今日は朝から、店の什器関係の件で色々と動き、
古いものを沢山見て来た。素敵なカウンターを設置
したくて、頭の中はそればかり。良い出会いがあった。

昼からは箕面、伊丹方面へ。
途中、伊丹空港のそばにある飛行機スポットに。
前職の上司に教えて頂いた所。飛行機の発着陸を
8機ほど子供と見る。息子は飛行機に興奮もして
いたが、巨大な望遠レンズで写真を撮っている人や、
顔にタオルを置いて昼寝しているカップルの方も気に
なっていた。それにしても広い景色と、水色のグラデ
ーションが気持ちよかった。

夜は売場のゾーニングや、商材の打ち合わせを奥さんと。
ぼくも奥さんも雑貨業界にいたので、商品だったり、
業界の流れなどの知識が少しはあるが、Barnshelfの
空間で、どのように編集してみせていくかを詰めていく。
が、2人とも昼間の疲れでゆるゆるとなる。あきません。

奥さんの女性目線のモノ選びがとても良いので、
その感覚を自分の男目線のモノ選びとうまく融合したい。
良いバランスになるんじゃないかなぁと思っている。

明日は、丹波立杭の窯元・俊彦窯へ。


・March 28, 2012菜の花

bs12.jpg

朝早くから息子の用事で神戸へ。
考えると、この2週間で5回も足を運んでいる。
神戸へは、六甲の有料道路を通って行っていて、
最近、捨て左折ポイントを発見。
早いのかどうかは微妙なところだが、そこで
曲がる方が、行きやすい気がする。

昼過ぎに終了。
まっすぐ三田へと帰る。途中、王将で昼ごはん。
シソチャーハンがびっくりの美味さ。具材が
少ないものに、シソふりかけが入っている感じ。

帰ってからは諸々の雑用。
鉄の回収業者が明日くるので、鉄を集めたり、
ビニールパイプを切断したり。これを捨てられると
牛小屋がかなりすっきりするはず。

画像は菜の花のおひたし。
菜の花は菜の花だが、白菜のもの。
収穫しきれなかった白菜を畑に放っておくと花が
咲く。少し苦味があって、春の味がして美味しい。
器は沖縄北窯のもの。ブルーがとてもきれい。
残念ながら当店では、扱う予定はないのだけれど。

民藝ものの器は1窯扱う予定。


・March 27, 2012じいちゃんと孫の図

bs10.jpg

今日は久々の快晴。風は少し冷たいが、陽射しは明らかに
春めいてきていて、心が晴れ晴れとしてくる。

午前中は古物商の申請書類を作成したり、商材の事を諸々。
古物商の申請は警察でするのだけれど、行き慣れていない
ので、ちょっと緊張。申請には費用も結構かかるのです。
いやはや。銭銭の世の中。

商品は、画家・畦地梅太郎さんのミュージアムグッズをお取り
扱いさせて頂くので、それの商品選び。どれも素敵過ぎて、
困ってしまった。あれもこれもと選びきれなかったが、なんとか
選ぶ。店に並ぶ姿を想像すると楽しい。畦地さんの本で、とても
好きなものがあるのだけれど、それはまた製作中の「My Book
100」で紹介したい。もちろん、商品も改めてこのブログで紹介
したい。

写真は息子とぼくの親父。
じいちゃんと孫の図である。牛小屋は全部を店舗にするわけでは
なくて、店舗以外の部分は農機具小屋として使用する。
コンバインやトラクターなど農家に無くてはならないものばかり。
今回のお店計画にあたり、空間を合理的に使用することになった。
それで、棚をDIY。息子はネジどうぞの係。家族全員を巻き込んで
のBarnshelfだ。

子供が居ながらのお店の準備というのは、なかなか大変で、
奥さんと変わりばんこに見たり、時にはおじいちゃん、おばあ
ちゃんにお願いしたり。こうなることは分かっていたので、出来る
時間に頑張るしかない。仕事できませんやんと言いつつも、
子供が可愛すぎて困る。親ばか。

夜は梅田へ出る。
お店を経営している神戸の先輩と会合。
松屋→縄寿司のいつものコース。美味しかった!
いろいろと為になる話が多かった。まだ、経験前のことなので、
わからないことも多い。経営に関して不安もでてきたけれど、
先輩たちと同じ世界に入れることが嬉しい。
お世話になってきたし、恩返しができるように頑張らねば。

明日は息子の用事で、再び神戸。


・March 25, 2012雪道チェーン規制

bs09.jpg

金沢行き、チェーン規制のため、福井県を越えられず、
断念。

ノーマルタイヤだったので、彦根で降りてチェーンを
探すも。。。昨日チェックした時は規制が無く、各地の
無人カメラの様子も雪道なんてなかったので、あまり
気にしていなかった。

金沢の先輩たちといろいろとお話したかった。
店舗の写真や平面図も持って行ってたのに。
4月に改めて。海の幸とおでんとお酒な金沢の夜が。
ああ。

彦根と長浜で少し寄り道をして、すぐに帰路に。
滋賀県も昨日の三田のように、ぐずぐずの天気。
降ったり止んだり、ちょっと晴れたり。
雄大な琵琶湖も眺めたかったけれど、風が強くて寒い。
写真は米原の世継という場所。一瞬晴れたので赤信号
のタイミングで撮影。

夜は昨日からのつづき。
写真集その名も「THE Barn」を眺めて納屋濃度を高める。
細かなディテールなどを刷り込む。
ひとつ、服をディスプレイする什器で良いアイディア
がポロリとでてきたので、メモ。


・March 24, 2012店の空間どうしましょ。

bs06.jpg

今日もぐずぐずの空模様。
スコールのように降ったり、晴れたり、あと、あられなんかも。
季節の変わり目だからかな?

午前中は明日、明後日と金沢へ行くので、諸々の準備。
懐をあたたかくして、ガソリン入れて、靴を磨いて・・・。
午後は牛小屋を少し片付け。広くなったスペースが気持ちいい。
夕方の打ち合わせに向けて、あれやこれやシュミレーションを
してみる。

夕方、大阪から内装デザインを担当するgrafの奥平さんが来られ、
内装の打ち合わせ。わざわざ足を運んで頂き恐縮です。
ほんとうにありがとうございます。

プラン3つのなかから1つ決める。
予算に一番近くなりそうで、自由度のあるプラン。
牛小屋にあるものもリサイクルします。
畑のほうにせり出している部分がどうなりますやら。

本棚はかなり大きくなる予定。前職の時に本棚を作る
(選書)仕事に携わっていたが、この規模は初。
自由自在な本棚になりそうなので、どこでアクセントを
つけようかと早くもあれこれ考えてしまった。

今日は店というものが一気に現実味を帯びて迫ってきた感じ。
好きな色や形、素材をどう表現しましょうか。
楽しくなってきました!


・March 23, 2012宇仁菅書店

bs05.jpg

雨降り金曜日。今日も神戸へ。

お店関係の大事な用事を2件済ませる。
開業させるためのいろいろは、はじめてのことばかりなので、
不慣れで疲れてしまうけれど、でも、ひとつひとつクリアしていく
のは楽しい作業。

午前中、用事を済ませる前に元町商店街のある喫茶店に入った
ら、そこで、偶然、大学時代の後輩とばったり。
そこで働いていました。時間もあまりなかったので、手短に近況
報告をして連絡先の交換。12年振りの出会いにびっくり。
まったく変わっていなくて良かった。

帰りは六甲の古本屋・宇仁菅書店さんへ。
先日、神戸新聞に3月末で閉店する旨が書かれていたので、
これは行かねば!と思っていたところ。
店主の好み、個性が色濃く反映された本の品揃えが大好き
だったので、本棚に並ぶ本1冊1冊を目に放り込む。

最後の記念にと購入したのは、中公文庫「本屋風情」岡茂雄と
インタナル出版社「旅人くん」永島慎二。宇仁菅さんで本を買うと、
包装紙で丁寧に本を包んでもらえて、さらにその上から筆で
「ありがとうございました」と書かれた和紙も貼り付けてくれる。
初めて買った時この細やかな心配りに、とてもとても感動した。

帰り際、帳場に立たれていた奥さんに、これまで本を買わせて頂い
たお礼と、自分がこれから三田で本を扱う店をオープンさせる事、
そして宇仁菅さんのように本を大切にして、お客さんに手渡して
いきたい旨を伝える。好きな本屋さんが無くなるのはさびしい。

今日は本の事について、改めて気持ちを確認。

あ、今日は牛小屋の店舗予定スペースに、どどんと鎮座していた、
乾燥機(もみ殻の)を移動させた。広い空間を見ていると、イメージ
がどんどん膨らんでくる。

明日は内装の打ち合わせ。本棚大きくしようかしらん。


・March 22, 2012おさかなさん

bs04.jpg

今日は息子の用事で神戸まで。

午前中でさささっと済んだので、須磨海浜水族園へ。

イルカのショーを見て、クエの大きさに感動して、サメに
触って、カツ飯食べて・・・。息子大興奮・親大満足。
「おさかなさん、おさかなさん」何回叫んだか。。。
本館3Fが一部工事中だったが、工事完了後は版画家
川西英さんの展示をするそう。ちょっと気になる。

帰りは来た道を戻るのもなんとなくおもしろくないので、
2号線を明石方面へ。海沿いの道が気持ち良い。
ここを走るとAORを聴きたい気分に。

明石からは北上、三木市を抜けて、途中、淡河町
の満月堂で、豊助饅頭をお土産に買って帰った。

夜は明日、お店の件で打ち合わせをするので、資料
の確認。実は明日も神戸へ行くのです。
お昼ごはんは、モトコーの淡水軒がいーなー。


・March 21, 2012はじめまして。

bs03.jpg


Barnshelf日記のはじめの一歩です。 


Barnshelfはバーンシェルフと読みます。
Barn=納屋、shelf=本棚、それらを合わせました。

現在、5月末のオープンを目指して店作りをしています。
好きなモノを集めて、形にしていきたいと思います。

このブログでは、店作りの様子や日々のことなどを
いろいろと綴っていきます。

全然関係ないのですが、本日は息子の2歳の誕生日です。
ブログスタートと偶然重なったのが、なんとなく嬉しいです。

それでは、これからどうぞ宜しくお願い致します!



archive

PAGE TOP